文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※IE・Sleipnir・Firefox推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:東京とびもの学会2017 3月12日(日)於ハイライフプラザいたばし
             おもしろ同人誌バザール3 4月2日(日) 於JR大崎駅南改札前 大崎夢さん橋
             COMITIA120 5月6日(土) 於東京ビッグサイト

      自家通販            委託中(『ロケット紀行』他)通販あり
                 

    H-IIA F26/はやぶさ2機体移動完了
    IMG_0269i.jpg  IMG_0412i.jpg

     2014年12月2日24時(3日0時)より機体移動が行われました。20分ほどかけ、ゆっくりと射点に移動します。
     順調にいけば、もうロケットも衛星も、VABや射点、この場所に戻ってくることはありません。そうなるように願っています。
     宿のあたりは大雨でしたが、山ひとつ越えて宇宙センターに入ると、道路が濡れてすらいませんでした。不思議な思いをしました。
     午前3時半ごろから、燃料注入が始まったようです。第二回GO/NOGO判断はGO。いよいよ準備も大詰めを迎えました。

     なお、機体移動撮影後に、我が愛機Canon EOS 50Dが、ボディの端子折れ(CF挿入部)によって故障しました。というか事実上の昇天です。長い間ありがとう。でもこのタイミングで壊れなくてもいいじゃないか。
     途方に暮れていたら、機材を貸して下さる方が現れました。NikonのD300sに70-300mmの長玉付きです。望むべくもないほどいい機材です。まさか一眼レフ貸していただけるとは。YOTOさん本当にありがとうございます。まずはいい画を撮ってお返しにしたいと思う次第です。

    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    <<2年の忘却 | 文系宇宙工学研究所 | それはまるで、旅立ちを祝福するかのような>>
    この記事のコメント
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析