文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:コミックマーケット92於東京ビッグサイト 8月12日(土・2日目)東ペ-56a 

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
        紙版:自家通販     紙版:ショップ委託(通販あり)
         

         電子書籍配信          電子書籍配信
         

    「はやぶさ2」宇宙研出発お見送り記
     2014年9月20日、小惑星探査機「はやぶさ2」が相模原の宇宙研を出発、種子島に輸送されました。
     その出発の様子を見学してきたのでご報告です。写真は全てクリックで大きいサイズが表示されます。(車のナンバー、および運送会社名はJAXAからの要請により隠しています)
     午前9時半、宇宙研の向かいの相模原市立博物館に到着。知り合いが何名かいたので、挨拶して位置に付きます。
     宇宙研には……やあ、いましたいました。

    blog_出荷1
     奥に見える、銀色のシートに覆われたコンテナに「はやぶさ2」が入っています。車輪付き台車に乗っており、移動のため轍となるところに鉄板を敷いて養生していました。コンテナに付いている象牙色のボックスはエアコン制御盤です。
     
    blog_出荷2
     10分ほどで手前に移動開始。人力です。

    blog_出荷3 blog_出荷4
     所定の位置についたらすぐに玉掛けして、少し吊り上げます。トレーラー到着に備え、門を全開。

    blog_出荷5 blog_出荷6
     「こないかなー」「まだかなー」

    blog_出荷8 blog_出荷9_5
    blog_出荷9 blog_出荷10
     トレーラーキター! 到着に合わせ、さらに高く吊り上げます。やってきたトレーラーはバックでその真下に入りました。

    blog_出荷17 blog_出荷12
     この頃になると、見送る人たちもずいぶん増えてきました。手作りの「いってらっしゃい」横断幕も登場。

    blog_出荷11 blog_出荷15
    blog_出荷13 blog_出荷16
    blog_出荷18 blog_出荷18_5
     静かに荷台に降ろし、固縛します。さすがに手際が良い。このトレーラー、「だいち2号」も運んだようです。今回の出発前には「はやぶさ2」のステッカーを渡しているのが見られました。固縛が終わると発電機の接続と整備、最後に緑色の遮水シートをかけ、梱包終了となります。
     このトレーラー、どうやら荷台部分にサスペンションがないようですので、クッションはおそらくコンテナ内のアクティブサスペンションでやっていると思われます。荷台の前と後ろ、二箇所に発電機を積んでいます(バックで入るときの写真に写っている、赤い箱状のものがそれ)が、一台はエアコン用、もう一台がアクティブサスペンション用ではないかと。

    blog_出荷14
     作業を見守るJAXAの関係者。けっこう好きな一枚です。

     固縛も終わりそろそろ出発。その前にJAXAオフィシャルの取材と記念撮影が入ります。

    blog_出荷19 blog_出荷20
     コンテナの前で大漁旗を広げて。この旗は、ファン有志が「サンプル大漁になるように」との願いを込めて贈ったもの。まさかここで目にするとは思わず感無量。そして万歳三唱(撮影用)。
     贈ったのは友人のともにゃんさん(@TOMO_NYAN)、こいけさん(@lk_ss)のお二人でした。
    出荷21
     「総員見送り配置に付け!」こちらだと大漁旗の図案がよく見えますね。

    blog_出荷21_5 blog_出荷23
     いよいよ出発です。まずは誘導車が出ます。

    blog_出荷22 blog_出荷24
    blog_出荷25 blog_出荷26
     続いてご本尊。トレーラーがゆっくりと動き出すと同時に万歳三唱。その後拍手する人あり、手を振る人あり。
     関係者と取材とファンの声援に送られて、いざ種子島へ。ときに2014年9月20日、午前11時30分。

    blog_出荷27
     最後に最後尾車が出ました。誘導車・トレーラー・最後尾車の三台ひと組で車列を組みます。

    blog_出荷28
     「はやぶさ2」、宇宙研正門前通過です。

    blog_出荷29
     いってらっしゃい、良い旅を!

    別窓 | 宇宙開発 | コメント:2 | トラックバック:0 |
    <<島へ、島へ、島へ! | 文系宇宙工学研究所 | 自家通販について:続報>>
    この記事のコメント
    はじめまして。軍艦防波堤連絡会こと、抹茶と申します。
    素晴らしい写真集をありがとうございます。
    当方長年の宇宙ファンなのですが、仕事でネット中継すら見られずでした。
    スマホでこっそり読むと、現地種子島からのツイートが!!!大変ありがたかったです。

    運搬の様子、こんな大切なものを部外者までみんなで見守って、送り出してくれる。いい国だなあと感じます。手作りの横断幕、なんて温かい心の通った宇宙開発だなあと嬉しく思います。
    他国ではロケット≒軍事。妨害、諜報を用心するだろうから、、ちょっと考えられないのではないような気がします。

    いらぬお世話ながら、長旅の過程でもしっかり予算がつくように願っています。
    2014-12-03 Wed 21:03 | URL | 軍艦防波堤連絡会 #-[ 内容変更]
    ご訪問とお褒めの言葉ありがとうございます。
    「はやぶさ2」は、皆に祝福されて旅立った幸福な探査機だと思います。どうか旅の無事を、と私も祈らずにはおれません。

    6年の長旅ですが、ともに応援していきましょう。
    2014-12-07 Sun 20:55 | URL | 金木犀@管理人 #-[ 内容変更]
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析