文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※IE・Sleipnir・Firefox推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:東京とびもの学会2017 3月12日(日)於ハイライフプラザいたばし
             おもしろ同人誌バザール3 4月2日(日) 於JR大崎駅南改札前 大崎夢さん橋
             COMITIA120 5月6日(土) 於東京ビッグサイト

      自家通販            委託中(『ロケット紀行』他)通販あり
                 

    え、IKAROS見つかったのか!?
     タイトルはニュースを見た時の私の第一声です。なにせ、一昨日の公式ブログで
    今日の IKAROS(9/6)(公式ブログ)

    「見つからない可能性は低くはありません.
    しかし,見つかる可能性もまたゼロではありません.
    そこに何かを賭けることができるメンバーが,今のIKAROSを支えています.」

    などと書かれてしまうくらいなのですから。
     2012年年明けに冬眠モード移行が確認された時、これでイカロスとはお別れなんだろうなと思っていました。Deep Space領域で、一度交信を絶った宇宙機との再交信は容易なことではありません。と書くと「はやぶさ」の例があるじゃないかと言われそうです。あれは、正規ミッションゆえの膨大な人的努力の上に成り立ったもの。IKAROSの場合はかけられるコストも時間も人員も違います。

    イカロスチャンネル(公式ポータル)
     でもなぁ、あんな悲壮感ただよう記事から4日で再発見確定ですかい……。あおるにも程があるわい(笑)
     ただし、twitterのIKAROS公式アカウントは、リリースでIKAROSと確定されたとなっている8日の時点でたった一言

    (..ふにゃ?)

    とつぶやいています。この思わせぶりな一言を「公式で」発するために、一体どれだけの内部ハードルを乗り越えたのやら。脱帽です。

     IKAROSのLGAの出力がどのぐらいかは知りませんが、仮に「はやぶさ」や「ヴォイジャー」と同じ20Wだとすれば、その捜索作業は測定器(おそらくスペクトルアナライザ)に向かって膨大な背景ノイズの中から特徴ある波形を探し出すというものになります。見つかるか見つからないか分からない上に延々と画面を見つめ続けるという、まことに精神によろしくない仕事です。「はやぶさ」の時はビデオに録画して早回しで見ていたという話もあるくらいです。

     発見にこぎ着けたスタッフの皆さんにお祝いを申し上げます。データ解析が進み、イカロスがどんな風に飛行したのか分かるのを楽しみにしています。

    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    <<京王線連続立体交差(地下化)切替工事レポ(2) | 文系宇宙工学研究所 | The eagle has passed.(鷲は飛び立った)>>
    この記事のコメント
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析