文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※IE・Sleipnir・Firefox推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:東京とびもの学会2017 3月12日(日)於ハイライフプラザいたばし
             おもしろ同人誌バザール3 4月2日(日) 於JR大崎駅南改札前 大崎夢さん橋
             COMITIA120 5月6日(土) 於東京ビッグサイト

      自家通販            委託中(『ロケット紀行』他)通販あり
                 

    赤外線天文衛星「あかり」(ASTRO-F)停波、運用終了
     以下の記事の続報です。
    赤外線天文衛星「あかり」科学観測終了、停波へ

     ・赤外線天文衛星「あかり」(ASTRO-F)の運用終了について
     本日、2011年11月24日(木)17時23分、赤外線天文衛星「あかり」の停波運用が実施されました。これで「あかり」運用はは完全に終了です。関係者の皆様、長いことお疲れ様でした。
     「あかり」の成果で目覚ましいものといえば、何と言っても「赤外線天体カタログ」を作成したことでしょう。IRAS衛星によって作られた最初のカタログを大幅に上回る、約130万の天体が収録されています。

     私個人としては、初めて見たM-Vが「あかり」打上げだったので、非常に思い出深いです。あの時は、H-IIA F9と打上げ見学のはしごをしたのでした。夜と朝の狭間の打上げだったのをよく覚えています。

     衛星としてはこれで終わりですが、後に残したものは多いのです。願わくばこれを種として、新しい芽が育ちますように。

    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    <<冬コミ本入稿完了 | 文系宇宙工学研究所 | 命名:「しずく」>>
    この記事のコメント
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析