文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:COMITIA120 5月6日(土) 於東京ビッグサイト

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
         自家通販        ショップ委託(通販あり)       電子書籍配信
             

    さよなら、テレビ。地上波アナログ放送終了
     今日、2011年7月24日正午をもって、東北関東大震災で被災した一部地域を除き、地上波アナログ放送が終わった。この後12時間、テレビはアナログ放送終了のお知らせを流し続け、日付が変わると同時に停波、完全に電波が止まることになっている。地デジ完全移行である。
     1953年以来、58年間にわたる放送であった。

     2011年6月末現在、地デジ未対応世帯は29万世帯あるらしいが、わが家もそのうちの一軒だ。
     ただし私は、地上波デジタル放送完全移行と共に、テレビ放送のある生活に別れを告げることにしている。
     理由は三つある。
     まず第一に、なくても困らない。次に、B-CASシステムが大嫌い(公共の電波になんでスクランブルかける必要があるのか理解できない)。最後に、いまわが家のテレビが稼働するのは、DVDを見る時か、ゲームをするときでしかないという現状を鑑みた。

     わが家の14インチブラウン管テレビは、テレビ放送を二度と映すことなく、今後も活躍してくれるであろう。
     さよならテレビジョン放送。今までありがとう。

    別窓 | 雑文 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    <<巨匠は巨星に | 文系宇宙工学研究所 | 暗躍:東金こども科学館「はやぶさ」カプセル展示>>
    この記事のコメント
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析