文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:コミティア122 配置:K-56a 於東京ビッグサイト 11月23日(木・祝)
            :おもしろ同人誌バザール4 配置:57 於ベルサール神保町 10月28日(土)
            :コミックマーケット93 (当落待ち)

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
        紙版:自家通販     紙版:ショップ委託(通販あり)
         

         電子書籍配信          電子書籍配信
         

    さよなら、陸域観測技術衛星「だいち」
     少し、昔の話をしようか。

     宇宙が好きで好きで、行ってみたくてたまらない青年がいた。けれど、お金も技能も資格もないので、今は行くことが出来ないのがはっきりしていた。青年は考えた。何か、代わりにできることはないのかと。
     そんなとき、JAXAが人工衛星の愛称を募集した。地球表面を撮影し、地図を作るのに役立てたり、災害時の緊急観測を行う衛星だという。青年は考えた。名付け親になれば、わが子が宇宙に行くのではないかと。そして、宇宙から見た地球の写真をたくさんたくさん送ってきてくれるのではないかと。
     1週間悩んだ。考え出した名前は「だいち」。安直すぎるかもしれないと思いつつも、とにかく送ってみた。

     忘れた頃になって、結果が届いた。

    厳正な審査の結果「ALOS」の愛称は、貴殿からご提案頂きました「だいち」に決定いたしましたので、お知らせいたします。

     躍り上がった。祝杯を挙げた。
     名付け親は487人。私もその中の一人。

     2006年1月24日(火)午前10時33分、私は丸ノ内のJAXAiにいた。種子島に行くことは叶わなかったが、せめて我が子の旅立ちをたくさんの人と見送りたかったのだ。カウントゼロ、噴き上がる白煙、轟々と唸るエンジン。「だいち」を載せたH-IIA F8は、意外とあっけなく冬の空へと消えていった。打上げは成功した。
     数日後、データ処理系の異常検知機能がはたらきびっくりする場面もあったが、1月28日、定常状態へと移行。

     ファーストライトは、2月15日に届いた。
    PRISM http://www.jaxa.jp/press/2006/02/20060215_daichi_j.html
    PALSAR http://www.jaxa.jp/press/2006/02/20060217_daichi_j.html
    AVNIR-2 http://www.jaxa.jp/press/2006/02/20060217_daichi-2_j.html

     命名者に送られる賞状が届いたのは、2006年3月11日の午後だった。
    daichi.jpg
    賞状と、一緒に送られてきたグッズ。

    diachi_c.jpg daichi_p.jpg
     左:ファスナーアクセサリ 右:ピンバッジ

     その後、ニュースやプレスリリースで「だいち」の名前を見るのが楽しみだった。今、どんな活躍をしているのだろう? そう思うと胸がわくわくした。スマトラ沖地震、四川大地震、ポーランド洪水……色々な自然災害の緊急観測を行い、世界に貢献した。地形図/地図の作成に必要な画像精度が出ないという問題も出たが、ソフトウェア改善で乗り切った。
     最後の大きな仕事は、2011年3月11日に発生した東日本大震災の緊急観測であった。400枚以上の写真を撮影し、被害の特定に役だった。

     そんな「だいち」に突然の異常が発生したのは、2011年4月22日(金)朝のことだった。電力異常……機能維持に必要な電力が発電できていないというのだ。ぞっとした。電力を糧に生きる人工衛星にとって、電力喪失は即喪失認定につながる重大問題。
     しかし、「だいち」は宇宙にある。祈ることしかできない。1日、1週間……そして、約3週間が経過した。

      参考:「だいち」(ALOS)の現状を聞いてきた:宇宙開発委員会傍聴
      http://bookworms.blog12.fc2.com/blog-entry-853.html

     2011年5月12日(木)、携帯電話に一通のプレスリリースが舞い込んだ。

    件名:「陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)の運用終了について」

     午前10時50分、停波コマンド送信。送信機とバッテリを停止するコマンド列が、高度700kmを飛ぶ「だいち」に向かって放たれた。それで、一巻の終わり。覚悟はしていたが、やっぱりこたえた。
     
     今宵は我が子にねぎらいの献杯を。お疲れ様、ありがとう。

    ・陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)の運用終了について http://www.jaxa.jp/press/2011/05/20110512_daichi_j.html(JAXAプレスリリース)
    ・「だいち」のラストライト http://www.eorc.jaxa.jp/ALOS/img_up/jalos_final_scene_2011422.htm(ALOS公式サイト)

    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    <<【訂正有】赤外線天文衛星「あかり」に電力異常発生 | 文系宇宙工学研究所 | 【プレスリリース転送】陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)の運用終了について>>
    この記事のコメント
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析