文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:コミックマーケット92於東京ビッグサイト 8月12日(土・2日目)東ペ-56a 

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
        紙版:自家通販     紙版:ショップ委託(通販あり)
         

         電子書籍配信          電子書籍配信
         

    冥王星の動向が気になります
    「惑星」の定義の原案、公開へ(国立天文台アストロ・トピックスNo.230)
    国際天文連合(IAU)の総会真っ盛りですが、今回の目玉は何と言っても「惑星の定義」でしょう。
    「水金地火木土天海冥」と言いますが、カイパーベルト天体の一つであるとの見方が強まっている「冥」は果たして惑星にとどまれるのでしょうか?

    以下の惑星定義の原案は上記リンク先からそのまま転載させてもらいます。

    原案によれば、「惑星」の定義は、

    (1) 惑星とは、
     (a)十分な質量を持つために自己重力が固体としての力よりも勝る結果、重力平衡(ほとんど球状)の形を持ち、
     (b)恒星の周りを回る天体で、恒星でも、また衛星でもないものとする。
    (2) 黄道面上で、ほぼ円軌道を持つ、1900年以前に発見された8つの Classical Planets(古典的惑星)と、それ以外の太陽系の天体を区別する。後者は、すべて水星より小さい。また、セレスは(1)の定義から惑星であるが、歴史的理由により、他の Classical Planets と区別するため、 Dwarf Planet(小惑星)と呼ぶことを推奨する。
    (3) 冥王星や、最近発見されたひとつまたは複数のトランス・ネプチュニアン天体は、(1)の定義から、惑星である。Classical Planets と対比して、これらは典型的に大きく傾いた軌道傾斜と歪んだ楕円軌道を持ち、軌道周期は200年を超えている。われわれは、冥王星が典型例となる、これらの天体群を、新らしいカテゴリーとして、Plutons(冥王族)と呼ぶ。
    (4) 太陽をまわる他のすべての天体は、まとめて Small Solar System Bodies(太陽系小天体)と呼ぶこととする。

    となっています。

    訳語が定まっていない部分は、個人的に補足しました。Classical Planets(古典的惑星)、Dwarf Planet(小惑星)、Plutons(冥王族)、Small Solar System Bodies(太陽系小天体)がそれです。

    これがそのまま承認されたとすれば、
    ・アステロイドベルトのセレス
    ・冥王星の衛星カロン
    ・2003UB313
    の3つが惑星になります。
    カロンがなぜ惑星になるのか、当初はちょっと悩んでしまいましたが、リンク先にて、衛星は「惑星の周りを回る天体で、その共通重心が母惑星の中にあるもの」という定義を見て納得しました。カロンと冥王星の共通重心は冥王星外ですから。
    まあしかし、私たちの子孫は、いったいいくつの惑星を覚えることになるんでしょうか? 「水金地火セレス木土天海冥王族(2003UB313)」なんて、覚えにくいったら。
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    <<着々と | 文系宇宙工学研究所 | 夏コミ本、誤脱訂正>>
    この記事のコメント
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析