文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※IE・Sleipnir・Firefox推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:ニコニコ超会議2017 4月29・30日(土祝・日)於幕張メッセ
             COMITIA120 5月6日(土) 於東京ビッグサイト

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
         自家通販        ショップ委託(通販あり)       電子書籍配信
             

    H-IIB F2/こうのとり2号機(HTV-2)見学記 1月21日後半 機体移動
     機体移動参考資料(作成:金木犀)
    名称未設定-3

      特に検問に引っかかったりもせず、大崎射点の脇に着いた。移動60分前。まずしないさんが、本当に浜で見学できるのか、偵察に行く。どうやら大丈夫のようだ。みな早々に浜に降りるとのことだが、私はしばらく車の中に留まり、ギリギリになってから行くことにした。
     移動開始予定時刻は、23時ちょうど。
     45分前、柵の向こう、一般人立入禁止エリア内にバスが来た。報道陣だ。ちょっと羨ましくもあるが、いい絵をめぐって場所取り戦争が繰り広げられるのであろうことを思うと、う~ん。
     30分前、車を出て「浜」こと大崎海岸に降りる。すでにけっこう人が集まっている。この浜は、半分ほどが立入禁止区域にかかる。警備員が立っていて「ここから先は行かないで」と制止する。中程に流れている川の辺りが境のようだ。
     他の人とかぶらないように三脚を立て、微調整。水準器がない状態で暗闇の中水平を出すのはけっこう大変な作業(結局傾いた写真を量産することになってしまい、この記事を書く際に修正で泣く羽目になってしまった)。お腹の調子はなんとか、まぁ。
     以下3枚はテストショット。
    IMG_2850.jpg IMG_2851.jpg IMG_2858.jpg

     23時ちょうど、移動開始を告げる放送が入る。周囲の人が一斉に自分のカメラに取り付く。私もファインダーをのぞき込む。望遠鏡と兼用しようとの算段だ。
    「お、出てきたぞ」
     22時2分、移動発射台が姿を現した。続いて機体が、組立棟(VAB)の大扉の上端すれすれをかすめて屋外に出てくる。
     今回の見所は、計3回の方向転換だ。ポイントに来ると、ゆったりと方向を変え、射点までしずしずと行進していく。ひたすらシャッターを切る。避雷針鉄塔の手前で、速度を落とす。ゆっくりゆっくり、慎重に場所を定めるようにじりじりと動き、やがて、静止した。23時31分、移動終了。予定通りだ。
     以下、移動中の姿をアップで。
    IMG_2862.jpg IMG_2876.jpg IMG_2880.jpg IMG_2892.jpg
    IMG_2918h.jpg IMG_2925h.jpg IMG_2946h.jpg
    IMG_2953h.jpg IMG_2968.jpg IMG_2975h.jpg IMG_2981h.jpg
    IMG_2985h.jpg IMG_3008h.jpg IMG_3016.jpg

     以下、移動中の姿を引きで。
    IMG_2858_20110218012628.jpg IMG_2896.jpg
    IMG_2899.jpg IMG_2940.jpg
    IMG_2996.jpg

     移動後、暗闇に沈む第一射点と一緒に。
    IMG_3011h.jpg

     PSTがなくなり、寂しくなってしまった第一射点。
    IMG_3007h.jpg 

     どっしり射点に構えた姿を思う存分撮って、撤収。宿に着いたのは0時半過ぎ。バックアップのためにデータをパソコンに吸い上げて、少しおしゃべりしてから布団に潜った。お腹は相変わらず痛いが、この日は1回起きただけだった。さぁ、打上げ時の体調はいかに?
     移動中に撮った写真の数、169枚。しかしながらぶれてしまったものや構図が決まらなかったもの、露出アンダーやオーバーも多い。夜間の移動は、見る分には美しいが、撮るには厳しい!

    (続く)

    別窓 | ロケット見学案内 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    <<メモ:JAXAi閉館あいさつ全文、テープ起こし | 文系宇宙工学研究所 | H-IIB F2/こうのとり2号機(HTV-2)見学記 1月21日前半 もうここに住む!>>
    この記事のコメント
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析