文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:COMITIA120 5月6日(土) 於東京ビッグサイト

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
         自家通販        ショップ委託(通販あり)       電子書籍配信
             

    「はやぶさ」カプセルから小惑星イトカワの微粒子発見:まとめ(随時追記中)
     本日午前、工学実験衛星「はやぶさ」の帰還カプセル内から、小惑星イトカワの微粒子(砂)が発見されたとのこと。
     人類は、月に次いで2番目の、他天体の直接斎主サンプルを手にしたことになります。(隕石だと月・火星由来のモノがあります)
     嬉しくて嬉しくて、半泣きでこのエントリ書いてます。まさかの完全成功。やった! でかした! 万歳!

     JAXA公式
    はやぶさカプセル内の微粒子の起源の判明について(JAXA)

     宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、はやぶさ搭載の帰還カプセルにより持ち帰られた、サンプル収納容器(※)からの微粒子の採集とカタログ化を進めています。
     サンプルキャッチャーA室から特殊形状のヘラで採集された微粒子をSEM(走査型電子顕微鏡)にて観察および分析の上、1,500個程度の微粒子を岩石質と同定いたしました。更に、その分析結果を検討したところ、そのほぼ全てが地球外物質であり、小惑星イトカワ由来であると判断するに至りました。
     採集された微粒子のほとんどは、サイズが10ミクロン以下の極微粒子であるため取扱技術について特別なスキルと技術が必要な状況です。JAXAは、初期分析(より詳細な分析)のために必要な取扱技術と関連装置の準備を進めています。
    ※ サンプル収納容器内部は、サンプルキャッチャーA室及びB室と呼ばれる2つの部屋に分かれています。

    (「文系宇宙工学研究所」管理人追記:元記事はこの下に根拠となるデータの画像資料などが掲示されています。リンク先でご覧下さい)





    「はやぶさ」見事、小惑星の粒子1500個(ヨミウリオンライン)

    6月に地球に帰還した小惑星探査機「はやぶさ」の試料容器から、小惑星イトカワ由来の粒子約1500個が見つかったと、宇宙航空研究開発機構が16日、発表した。
     粒子は大きさ0・001~0・01ミリ・メートルほどで、電子顕微鏡で調べたところ、そのほとんどがイトカワの岩石と同じような成分で出来ていることが分かった。
     月よりも遠い天体の表面から試料を持ち帰るのは、人類初の快挙となる。太陽系の成り立ちをひもとく重要な成果として世界中から注目されている。
     宇宙機構は、先月から電子顕微鏡で採取した1500個の粒子を分析していた。
     宇宙機構は今後、粒子をさらに詳しく分析。小惑星がどうやってできたのか、また初期の太陽系はどのような物質で出来ていたのかなどの謎に迫る。
    (2010年11月16日09時21分 読売新聞)



    小惑星イトカワの微粒子と確認 はやぶさカプセル (日経新聞)

     宇宙航空研究開発機構(JAXA)は16日、小惑星探査機「はやぶさ」のカプセルに、小惑星「イトカワ」の微粒子を多数確認したと発表した。大きさ10マイクロ(マイクロは100万分の1)メートル程度の微粒子約1500個を電子顕微鏡で観察したところ、地上の物質と明らかに異なっていた。月以外の天体に着陸して微粒子を持ち帰ることができたのは世界で初めて。

     はやぶさは地球から約3億キロメートル離れたイトカワに着陸。このときに舞い上がった微粒子を、カプセルに詰め込んだとみられている。地球に6月帰還し、カプセルをオーストラリアの砂漠に落下。JAXAが回収し、米航空宇宙局(NASA)や大学の協力も得て内部の微粒子を慎重に調べていた。



    はやぶさ:快挙 微粒子は小惑星「イトカワ」のものと確認(毎日新聞)

     今年6月、地球に帰還した小惑星探査機「はやぶさ」のカプセル内の微粒子の大半が、小惑星「イトカワ」のものであることが16日分かった。高木義明文部科学相が同日朝の閣議後会見で公表した。小惑星の物質を、直接入手したのは世界初。今後、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が詳しく分析。太陽系の成り立ちに関する科学的な手掛かりが得られると期待される。はやぶさが持ち帰った試料が小惑星の物質であることが確認されたことで、数々のトラブルを乗り越えて7年あまりの旅を終えた「はやぶさ」の使命は、これで完全に達成された。
     はやぶさの帰還後、JAXAはカプセル内の円筒状の試料容器からフッ素樹脂製のヘラで直径0.01ミリ以下の微粒子約1500個を回収。電子ビームを当てて成分の分析ができる走査型電子顕微鏡で全個数を調べた。
     その結果、大部分が、地球では玄武岩などに多く含まれる「カンラン石」で、一部は火成岩などに含まれる「輝石」と判明。いずれもマグネシウムと鉄の含有比率が地球上の岩石とは大きく異なり、鉄の比率が5倍以上多いことが分かった。
     こうした成分上の特徴が、イトカワの反射光の観測から推定された物質や「LLコンドライト」という種類の隕石(いんせき)と一致。「ほぼすべての微粒子が地球外物質で、イトカワ由来だ」と結論づけた。【山田大輔、八田浩輔】



    はやぶさの微粒子はイトカワの砂 1500個、成分一致(朝日新聞)

     宇宙航空研究開発機構は16日、探査機「はやぶさ」が持ち帰ったカプセル内の微粒子が、小惑星「イトカワ」の砂だったと発表した。すでに見つかっていた約1500個の微粒子を調べた結果、成分が地球のものと明らかに違い、イトカワを撮影して判明していた成分と一致したことがわかったという。はやぶさは60億キロを往復した技術成果だけでなく、科学的な結果も出し、任務を完全に達成した。
     宇宙機構によると、微粒子の大きさはいずれも0.01ミリ以下。電子顕微鏡で一粒ずつ調べたところ、1500個の多くはカンラン石で、輝石やそれ以外の鉱物もわずかに見つかった。
     これらは、地球にあるカンラン石や輝石などと鉄とマグネシウムの比率が異なり、イトカワと同じような小惑星だったと考えられる隕石(いんせき)の成分と一致。さらに、イトカワをはやぶさが撮影した赤外線写真や、地上の望遠鏡の観測で判明していたイトカワ表面の成分とも一致した。
     はやぶさは2005年にイトカワに着陸した際、砂を飛び散らせる弾丸が発射されなかったため、採取に成功したかどうかわかっていなかった。今回確認されたイトカワの砂は、はやぶさ本体が着陸した際の衝撃で巻き上げられたものと考えられる。
     はやぶさは燃料漏れなどの影響で通信が途絶し、一時行方不明になった。帰還が予定より3年遅れた。帰還の途中、エンジンが止まるトラブルなどに見舞われたが、その都度、技術者らの機転で乗り越え、今夏の帰還にこぎ着けていた。(東山正宜)



    小惑星由来の岩石と断定 はやぶさカプセルの微粒子(47NEWS)

     高木義明文部科学相は16日の閣議後の記者会見で、小惑星探査機「はやぶさ」のカプセルから見つかった微粒子1500個の大半が、小惑星「イトカワ」由来の岩石と断定されたと発表した。
     小惑星の物質が得られたのは世界で初めて。はやぶさは最大の任務を果たし、計画を完遂した。
     宇宙航空研究開発機構は今後、全国の研究者と協力して詳細な分析を進める。イトカワは46億年前に太陽系ができたころの姿をとどめているとされ、今後の詳細な分析によって太陽系の起源に迫る成果が期待される。
     宇宙機構によると、見つかった微粒子のほとんどは千分の1ミリ程度。主成分はカンラン石や輝石といった鉱物だった。これらの石は地球にもあるが、電子顕微鏡で調べると、はやぶさが近づいた時に観測したイトカワ表面の岩石と成分が一致。一方、地球の岩石とは金属の比率などが大きく異なっていた。
     これらから、国内外の研究者や宇宙機構の専門家が慎重に検討した結果、イトカワ由来の物質に間違いないと判断した。
    2010/11/16 09:41 【共同通信】



    ・【はやぶさ快挙】人類初めての入手 46億年前の太陽系誕生の解明に迫る(産経新聞)

    「はやぶさ」は小惑星「イトカワ」の物質を持ち帰っていた。数々のトラブルを乗り越えて地球への帰還を成し遂げた宇宙航空研究開発機構(JAXA)のはやぶさチームにとっても、最高の成果といえるだろう。人類が初めて直接入手した小惑星の物質からは、46億年前の太陽系誕生当時にまで迫ることができる。

    「微粒子は小惑星物質」 JAXAが正式発表
     イトカワの岩石は太陽系が誕生したころに形成され、浸食や地殻変動などの影響を受けずに、当時の状態をよく保っているとされる。太陽系の惑星は無数の小惑星がもとになっており、イトカワの試料を調べれば地球などを構成する物質の初期状態がわかる。
     イトカワ由来と判明した微粒子は、2回目の着陸時に使用した試料保管容器の一部に付着していた。残りの部分や1回目の着陸で使った保管容器は手つかずで、試料はさらに増える可能性が高い。詳細な分析が進めば、太陽系への理解は大きく深まるだろう。
     はやぶさチームは、高い理想を掲げて世界一の試料回収技術を実証した。その技術をさらに確実なものにする必要がある。JAXAは後継機「はやぶさ2(仮称)」で、生命の元になる有機物を多く含む小惑星を目指す。「生命の起源」への挑戦だ。速やかな実現が期待される。(小野晋史)



    「はやぶさ」また快挙 微粒子は小惑星「イトカワ」の物質と確認 月以遠からの回収は世界初(産経新聞)

     今年6月に帰還した小惑星探査機「はやぶさ」が小惑星「イトカワ」から持ち帰ったカプセル内部で確認された微粒子について、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は16日、「ほぼ全部がイトカワ由来の物質と判断した」と発表した。地球から約3億キロ離れた小惑星「イトカワ」で地表物質を捕らえたことになり、人類が月より遠い天体から、地表物質の回収に成功したのは初めて。太陽系の起源解明につながる貴重な試料で、はやぶさ計画は最大の目的を達成した。
     はやぶさは平成17年11月、イトカワに2回着陸した。装置の不具合などで計画通りの試料採取は1度もできなかったが、着陸時の衝撃で舞い上がった砂ぼこりなどをカプセルに収めていたと考えられる。
     JAXAは回収したカプセルを開封し、約1500個の微粒子を確認していた。ほとんどが大きさが100分の1ミリ以下で、今月上旬からは電子顕微鏡を使って1粒ずつ組成分析を実施。その結果、微粒子の大半はカンラン石と輝石で、どの粒も鉄とマグネシウムの割合(組成比)が地球の物質とは大きく異なることが判明した。
     さらに、はやぶさによるイトカワ地表の分光観測データなどが、微粒子の分析結果とほぼ一致した。JAXAは、はやぶさチーム以外の専門家をまじえて検討を重ね、「微粒子のほぼすべてが地球外物質で、イトカワに由来する」と判断した。

     JAXAはこれまで、電子顕微鏡による組成分析では「イトカワ由来」と判断するのは難しいとして、より詳細な分析を経て結論を出す方針だった。上野宗孝・JAXAミッション機器系副グループ長は「1、2個だけでは、組成比から由来を断定できない。だが、大量の微粒子がそろって、イトカワ由来の傾向を示したので、科学的にも間違いない。簡易分析でこれほどはっきりした結果が出るとは、予想していなかった」と話した。
     今回の微粒子は、2回目の着陸で用いた試料保管容器で見つかった。JAXAは今後、1回目の着陸で用いた試料保管容器も開封し、来年1月以降にはより詳細な分析を行う。
     小惑星の岩石は、太陽系初期の状態が保存されていると考えられる。「イトカワの微粒子」により、太陽系の起源や惑星進化の解明に向けた研究の大きな進展が期待される。


    ↑のリンク先にある川口教授の笑顔がものすごくいい。

    はやぶさ ミッション達成を確認(NHK)

    ことし6月、地球に帰還した「はやぶさ」のカプセルに小惑星イトカワで採取した微粒子が入っていたことがわかりました。小惑星からサンプルを持ち帰るという世界で初めてのミッションが達成されたことになります。

    これは、16日朝の閣議のあとの記者会見で、高木義明文部科学大臣が明らかにしました。それによりますと、ことし6月、7年ぶりに地球に帰還したはやぶさのカプセルからは、これまでに1ミリの100分の1ほどの微粒子1500個が回収され、電子顕微鏡などを使って詳しい分析が続けられていました。その結果、微粒子の多くはかんらん石と呼ばれる鉱物で、鉄とマグネシウムの比率が過去に地球上に落下したいん石の成分とよく一致することがわかりました。この比率は、はやぶさが調べたイトカワの表面にある岩石のデータとも一致するということで、宇宙航空研究開発機構は「微粒子のほとんどがイトカワ由来だと判断した」としています。イトカワのサンプルの採取をめぐっては、着陸の際のトラブルの影響で回収装置がうまく働かず、回収できたかどうかはっきりしていませんでした。今回、イトカワの微粒子がカプセルに入っていたことがわかったことで、小惑星からサンプルを持ち帰るという、世界初のミッションが達成されたことになり、宇宙航空研究開発機構では、今後、国内外の研究者に微粒子を配り、より詳しい分析を行うことにしています。



     続報、詳しいエントリは帰ってからここに追記。
     今夜はたぶん眠れない。「はやぶさ」…君の「卵」は孵ったようだ。

    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    <<事業仕分け第3弾の感想(JAXA部分) | 文系宇宙工学研究所 | さあ、冬コミ本をはじめよう>>
    この記事のコメント
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析