文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※IE・Sleipnir・Firefox推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:東京とびもの学会2017 3月12日(日)於ハイライフプラザいたばし
             おもしろ同人誌バザール3 4月2日(日) 於JR大崎駅南改札前 大崎夢さん橋
             COMITIA120 5月6日(土) 於東京ビッグサイト

      自家通販            委託中(『ロケット紀行』他)通販あり
                 

    コミックマーケット79受かりました
     配置は31日(金・3日目)東5ホール、ハ05-a「液酸/液水」です。
     今回は「宇宙(そら)へ! 宇宙開発見学総合ガイドブック」 改訂版を出せるように準備中です。
    旧版内容と見本>http://ekisanekisui.blog.shinobi.jp/Entry/5/
     お楽しみに!

     11月14日開催のコミティア94に出展します。
    日時:11月14日(日)11:00~16:00
    会場:東京ビッグサイト
    配置:西2ホール F16a 「液酸/液水」
     既刊3種と新刊「はみだしロケット紀行5 OT-75Sロケット考究」を持ち込む予定です。
     こちらもよろしくお願いします。

    別窓 | 同人 | コメント:1 | トラックバック:0 |
    <<コミティア本準備中です | 文系宇宙工学研究所 | 朝比奈大龍勢に行ってきました>>
    この記事のコメント
    パラダイムシフト

    世界が存在するという認識があるとき, 認識している主体として自分の存在を認識する。
    だから自我は客体認識の反射作用としてある。
    これは逆ではない。

    しかし人々はしばしばこれを逆に錯覚する。
    すなわち自分がまずあってそれが世界を認識しているのだと
    なおかつ自身が存在しているという認識についてそれを懐疑することはなく無条件に肯定する。

    これは神と人に共通する倒錯でもある。
    それゆえ彼らは永遠に惑う存在, 決して全知足りえぬ存在と呼ばれる。

    しかし実際には自分は世界の切り離し難い一部分としてある。
    だから本来これを別々のものとみなすことはありえない。
    いや, そもそも認識するべき主体としての自分と, 認識されるべき客体としての世界が区分されていないのに, 何者がいかなる世界を認識しうるだろう?

    言葉は名前をつけることで世界を便宜的に区分し, 分節することができる。
    あれは空, それは山, これは自分。

    しかして空というものはない。空と名付けられた特徴の類似した集合がある。
    山というものはない。山と名付けられた類似した特徴の集合がある。
    自分というものはない。
    自分と名付けられ, 名付けられたそれに自身が存在するという錯覚が生じるだけのことである。

    これらはすべて同じものが言葉によって切り離され分節されることで互いを別別のものとみなしうる認識の状態に置かれているだけのことである。

    例えて言えば, それは鏡に自らの姿を写した者が鏡に写った鏡像を世界という存在だと信じこむに等しい。
    それゆえ言葉は, 自我と世界の境界を仮初に立て分ける鏡に例えられる。

    そして鏡を通じて世界を認識している我々が, その世界が私たちの生命そのものの象であるという理解に至ることは難い。
    鏡を見つめる自身と鏡の中の象が別々のものではなく, 同じものなのだという認識に至ることはほとんど起きない。
    なぜなら私たちは鏡の存在に自覚なくただ目の前にある象を見つめる者だからである。

    そのように私たちは, 言葉の存在に無自覚なのである。
    言葉によって名付けられた何かに自身とは別の存在性を錯覚し続け, その錯覚に基づいて自我を盲信し続ける。

    だから言葉によって名前を付けられるものは全て存在しているはずだと考える。
    愛, 善, 白, 憎しみ, 悪, 黒。
    そんなものはどこにも存在していない。
    神, 霊, 悪魔, 人。
    そのような名称に対応する実在はない。

    それらはただ言葉としてだけあるもの, 言葉によって仮初に存在を錯覚しうるだけのもの。
    私たちの認識表象作用の上でのみ存在を語りうるものでしかない。

    私たちの認識は, 本来唯一不二の存在である世界に対しこうした言葉の上で無限の区別分割を行い, 逆に存在しないものに名称を与えることで存在しているとされるものとの境界を打ち壊し, よって完全に倒錯した世界観を創り上げる。

    これこそが神の世界創造の真実である。
    しかし真実は, 根源的無知に伴う妄想ゆえに生じている, 完全に誤てる認識であるに過ぎない。

    だから万物の創造者に対してはこう言ってやるだけで十分である。

    「お前が世界を創造したのなら, 何者がお前を創造した?」

    同様に同じ根源的無知を抱える人間, すなわち自分自身に向かってこのように問わねばならない。

    「お前が世界を認識出来るというなら, 何者がお前を認識しているのか?」


    神が誰によっても創られていないのなら, 世界もまた神に拠って創られたものではなく, 互いに創られたものでないなら, これは別のものではなく同じものであり, 各々の存在性は虚妄であるに違いない。

    あなたを認識している何者かの実在を証明できないなら, あなたが世界を認識しているという証明も出来ず, 互いに認識が正しいということを証明できないなら, 互いの区分は不毛であり虚妄であり, つまり別のものではなく同じものなのであり, であるならいかなる認識にも根源的真実はなく, ただ世界の一切が分かちがたく不二なのであろうという推論のみをなしうる。





    2010-11-07 Sun 23:21 | URL | アリストテレス #-[ 内容変更]
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析