文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:コミティア122 配置:K-56a 於東京ビッグサイト 11月23日(木・祝)
            :おもしろ同人誌バザール4 配置:57 於ベルサール神保町 10月28日(土)
            :コミックマーケット93 (当落待ち)

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
        紙版:自家通販     紙版:ショップ委託(通販あり)
         

         電子書籍配信          電子書籍配信
         

    「おおすみ」三回忌
    ふとJAXAのページを見ていて気が付きましたが、今日は衛星「おおすみ」の三回目の命日なんですね。
    大気圏に再突入して消滅したのが2003年の8月2日。場所はエジプトとリビアの国境付近だったかなあ。
    ちなみにこのブログの右上の写真がその実物大模型です。

    気になったので、「おおすみ」について調べてみました。

    おおすみは科学衛星打ち上げのための実験機。長さ約4メートル、質量は4段目(燃焼後質量)の14.9kgと計器部8.9kgを合わせた23.8kg。4t級の衛星を打ち上げている現在からしてみれば、とても小さい。
    1970年2月11日、東京大宇宙航空研究所(当時)が、鹿児島県内之浦町(当時)からL-4S-5で打ち上げ、地球を回る遠地点5151キロ、近地点337キロの楕円軌道に投入した。

    構成は、L-4Sロケットの最上段(4段目)である直径48cmの球形固体モーター(ロケットエンジン)に円錐台状の計器部を付けたもので、全長約1m、の小さいものである。計器部には軸方向の加速度計、温度計、テレメータ送信機(295.6MHz)、ビーコン送信機(136MHz帯)、パイロット信号送信機(296.7MHz)などを搭載、電力は容量5AHの酸化銀-亜鉛一次電池で設計寿命は電池容量から約30時間であった。

    ロケットモーターの断熱が十分でなく、機体が予想より高温となったため電池の消耗が激しく、14~15時間ほどで電力供給が途絶えた。そのため、衛星からの電波の発信は終了し、おおすみの運用は終了した。

    というところのようです。(参考資料:Wikipedia、『宇宙へのパスポート』)
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    <<今週のYMコラム | 文系宇宙工学研究所 | 夏コミ頒布物について>>
    この記事のコメント
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析