文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※IE・Sleipnir・Firefox推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:ニコニコ超会議2017 4月29・30日(土祝・日)於幕張メッセ
             COMITIA120 5月6日(土) 於東京ビッグサイト

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
         自家通販        ショップ委託(通販あり)       電子書籍配信
             

    「はやぶさ」お出迎え臼田弾丸ツアー
     午前8時過ぎに都内出発。今回は3人連れとなった。途中昼食休憩をはさみつつ、12時半頃、佐久ICを降りる。
    IMG_3275.jpg

     まず、佐久市子ども未来館へ。マーキュリーカプセルの現物など見る。
    IMG_3280.jpg IMG_3281.jpg
    IMG_3284.jpg IMG_3286.jpg IMG_3294.jpg

     14時30分頃、臼田宇宙空間観測所到着。着いたらすでにパラボラが天高くを指して首を振っている。
     3人でばしばし写真を撮っていると、守衛のおばちゃんが運用スケジュールを教えてくれた。
    「3時までがはやぶさ、3時45分からがIKAROSなのよ。時間あったら見ていったら?」
    「ありがとうございます」
     15時、「はやぶさ」運用終了。これが臼田とはやぶさの間に交わされる最後の交信だ。長い間お疲れ様。
     こっそりとアンテナに向かって一礼。
    IMG_7988(1).jpg IMG_8009(1).jpg IMG_8033.jpg

     交信中を示す赤いパトライトが消灯すると、アンテナはすぐに首を振って、イカロスの昇ってくる方角に指向した。
     IMG_8018.jpg IMG_8041.jpg

     交信開始を見届け、写真を撮っていると閉門時刻になって追い出される。一旦市街地まで戻って、野辺山の電波望遠鏡を目指す。
    IMG_8074.jpg IMG_8076.jpg

     着いたときには17時15分。見学時刻は17時までなので、すぐ近くの展望台から所内遠景写真だけ撮って、すぐ近くにあるJR最高点へ。そこにあったレストハウスで夕食。
    IMG_8082.jpg IMG_8096.jpg

     19時半ごろ店を出て、20時45分頃、霧の道を上ってふたたび臼田宇宙空間観測所へ。私たち3人以外誰もいない。
     霧の中ライトアップされたアンテナは、神々しささえ漂わすほど神秘的だった。
    IMG_8128.jpg IMG_8149_20100614030938.jpg

     ニコ生の中継に協力する予定だったのだが、どうも電話が通じなかったらしい。同行者に連絡があって、私に何度も電話したというのだが、こちらには着信履歴が全くない。
     それどころか、日中に来たときには通じていた電波がほとんど入感しない。ガケ沿いにすこし歩くとかろうじて感度がある。そこまでノートPCを持ち出して生中継など見ようとするのだが、どうもうまくいかなくて、最終的にネットに繋いで色々することは断念した。

     22時45分、IKAROSとの交信終了。アンテナは真上を向いて静止。すごい速度で動く。このままの姿勢で再突入の時を迎えた。  
    IMG_8157_20100614030937.jpg

     22時51分、再突入予定時刻にリポビタンDで乾杯して、「はやぶさ」への手向けとした。結局最後まで私たち以外の人は現れなかった。開けたのはとうぜん「あの」バージョン。
    IMG_3307.jpg

     23時過ぎに臼田を出発、麓まで霧にまかれ、その後夜の高速道路をひた走って帰宅したのが、日付が変わって6月14日の2時頃だった。

     火球の撮影成功、カプセル早くも発見など、怒濤の如く押し寄せる情報にまみれてこの記事を書いている。
    topics_20100614.jpg 115045449.jpg
    画像:左右ともにJAXA

     はやぶさ、お帰りなさい。7年間君を追いかけてきて、とても楽しかったよ。
     あかつき、IKAROS、はやぶさ2・・・君に続く弟たちも、きっと応援するから。

     だから、さよならは言わない。だって、私たちには君が残したカプセルがあるのだから。
     たとえ小惑星の塵が入っていなくとも、そこには波瀾万丈の君の生涯や夢、そういったものが詰まっていると、私は信じたい。

    別窓 | 宇宙開発 | コメント:4 | トラックバック:0 |
    <<未来へ続くために――「はやぶさ2」計画 | 文系宇宙工学研究所 | 「はやぶさ」再突入の頃の臼田>>
    この記事のコメント
    元々深宇宙の衛星からやってくる電波を受信するのが目的で
    地上の電波の影響が少ない場所に建設されてますから
    携帯の電波が入りにくいのは仕方がないですね。

    昔は屋外でも完全に圏外でしたから、
    以前よりは携帯の電波が入るようになってきました。
    2010-06-15 Tue 01:27 | URL | せいじん #/02qLiNA[ 内容変更]
    []
    >>せいじんさん
    確かにその通りなんですよね。電波が邪魔にならないような場所=携帯の電波も通じづらい場所。建設当時にこんなにも携帯電話が普及するなどとは想像の外だったでしょうから、不安定なのは当然、通じるだけまし、なのかもしれません。
    観測に配慮して基地局の出力を絞っている可能性もありそうですね。
    2010-06-16 Wed 13:36 | URL | 金木犀@管理人 #-[ 内容変更]
    初めまして。いつも、サイト見させていただいています。
    同じ日程で、ほぼ同じ時間に、同じ場所にいたことを知って驚いて、つい書き込みさせていただきました。
    私も、ちいさい子ども連れで、先週末は臼田参りをして、佐久子ども未来館へも行き、2時半前後までうすださんの足もとにいました。
    昼頃に着き、おばちゃんに、「これからはやぶさ最後の通信よ」と言われて、徐々に上を向いていくパラボラを、感慨深く眺めました。
    もしかしたら同じ場所にいた、または、ニアミス、だったのですね。

    ほんとうは再突入時も臼田で迎えるつもりだったのですが、子どもが宇宙研に行きたいというので、断念、夕方から高速を突っ走って帰りました。

    次のコミティアでは(コミケは行けないので……)、総集編が見られるのかと、楽しみにしています。がんばってください、応援しています!
    2010-06-18 Fri 22:23 | URL | れいな #5dBIMe8Y[ 内容変更]
    >>れいなさん
    その時間帯、私もいました。
    通信が終わってアンテナがよそを向いたとき、なんとも言えぬさみしさを感じました。

    宇宙研に行かれたのですね。それも素晴らしいことだと思います。お子さんをぜひ立派な「宇宙好き」に!(笑

    応援ありがとうございます。全力で制作中ですので、お楽しみに。
    2010-06-21 Mon 17:42 | URL | 金木犀@管理人 #NrBA8kAs[ 内容変更]
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析