文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※IE・Sleipnir・Firefox推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:東京とびもの学会2017 3月12日(日)於ハイライフプラザいたばし
             おもしろ同人誌バザール3 4月2日(日) 於JR大崎駅南改札前 大崎夢さん橋
             COMITIA120 5月6日(土) 於東京ビッグサイト

      自家通販            委託中(『ロケット紀行』他)通販あり
                 

    GXロケット、計画中止
     本日付の宇宙開発戦略本部事務局リリースにて、計画中止が妥当との判断。
    http://ow.ly/MzC2
     やっと中止です。いいことです。いや~、長かった! 個人的には、以下に引用する一文が痛快です。

    国内には十分な需要があるとは言い難く、加えて、米国企業などが主張する商業的な需要や米国政府需要の確保についても、価格面も含めた競争力に鑑みれば、十分な確実性を持って、受注できる見通しがあると判断することは困難である。

     要は国際競争できないし、受注も見込めないでしょ、ということ。他の箇所では、ロシアなどでは、より実績があり低価格のロケットがあり、米国ではより低価格のベンチャーが計画されているので、国際市場で充分な優位性を確保するのは難しい、と言っています。本質を突く話です。
     しかも、LNG推進系は

    LNG推進系に係る技術を完成させることは、これまでと異なる系統の推進系に係る技術を有することとなる。将来的には、これらの推進系に係る技術を用いることにより、バックアップ機能を含め、ロケットの選択の幅を広げていくことに役立つものである。

    ということで予算が付きそうです。完全に国産の技術を持っていると強いですから、これはぜひ完成させて欲しいです。

     あとは、次期固体ロケットの開発が正式に始まれば、ロケットファンとしては一安心です。

    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    <<金星探査機「あかつき」キャンペーン | 文系宇宙工学研究所 | いろいろオワタ\(^o^)/ので>>
    この記事のコメント
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析