文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:コミックマーケット92於東京ビッグサイト 8月12日(土・2日目)東ペ-56a 

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
        紙版:自家通販     紙版:ショップ委託(通販あり)
         

         電子書籍配信          電子書籍配信
         

    改めて、遠征自粛
     昨日の記事について、ちょっと詳しく書くことにします。

     来年6月のウーメラへの「はやぶさ」お出迎えですが、自粛することにしました。
     先日の記者会見で川口先生と記者の間で

    毎日 帰還日は決まっているのか。
    川口 今のところ言わないことになっている。勘弁してください。旅行する人が大変になったりするので…

    (松浦晋也のL/D:はやぶさリンク:はやぶさ、帰還に向けてイオンエンジン再起動

    というやりとりがあったということです。
     この言葉について、ネットで遠征を考えていると書いていた「天燈茶房」のmitsuto1976さんや、「人生ご縁となりゆきで」のすばるさんと意見を交わす機会がありました。内容は「人生ご縁となりゆきで」のこの辺や、「天燈茶房」のこの辺、当ブログのこの辺のコメント欄にあります。

     私たちの出した結論は、「自粛した方が良いのではないだろうか」でした。
     理由はいくつかあります。
    1.現地に行ってただでさえ大変なスタッフの方々に余計な気遣いをさせてしまうのは、「はやぶさ」ファンである以前に、日本人として本末転倒でしょう。
    2.ウーメラ近辺は交通の便も悪く、また町の宿やインフラも限られている。私が行くと、バスの座席や宿の部屋を一つ塞ぐことになるわけで、望ましいことではないでしょう。
    3.現地軍や政府に対して、宇宙研はかなり気遣いしているようです。
    4.私は、スタッフの方から直接、「できれば日本で応援して欲しい」旨を聞きました。

     むろん、ずっと応援してきた宇宙機を現地で出迎えられないのはすごく寂しいです。できることなら「はやぶさ」の凱旋飛行、最期の輝きをこの目に焼き付けたかったのですが、致し方ありません。
     帰還予定日には、臼田か、あるいは内之浦のM台地で、静かに、しかし大いに祝杯ならぬ祝リポビタンDなんぞを挙げられればと思うのです。

     「はやぶさ」は帰ってくると信じています。とりあえず今週末には、臼田詣でしてきます。(改修中なので交信していませんが)

     帰還再開騒ぎも落ち着いて、じっくり考えてみると、改めて「はやぶさ」開発・運用スタッフの方々の考えの深さや技術力の高さに敬服します。この生存力の高さには、「のぞみ」が遺した教訓が最大限に生かされていると思います。
     惑星探査機の後継機は、ぜひとも打ち上げて欲しいところです。こんなことを書くと感傷的だと叱られそうですが、技術云々もさることながら、やはり「まだ見たことのない場所、見たことのないものを見る」というのは、とてもわくわくします。それが、前人未踏ならなおさらです。
     末席ながら文学研究をしている私は、技術と同時に、それを産み出した背景や人物にも大いに興味を抱くのです。何をしているのか分からなくても、楽しい雰囲気は感じられますから。

    別窓 | 宇宙開発 | コメント:2 | トラックバック:0 |
    <<現在地:臼田宇宙空間観測所 | 文系宇宙工学研究所 | 読者の皆様へのお伺いと、「はやぶさ」お出迎えツアー自粛>>
    この記事のコメント
    はじめまして。
    天燈茶房さんのところから流れてきました。

    JAXAのこの方針に反論はしませんが、もう一歩突き抜けて欲しいなあと切に願っています。

    現地入りが無理ならば、例えばパブリックビューを各地の「HAYABUSA back to the future」を上映中のプラネタリウムで開催するとか。

    JAXA本体が難しくても、広告代理店等との提携で出来ると思うんですよね。

    そうしたイベントへの動員数が増えれば、世間の「はやぶさ」ひいてはJAXAへの認知度も向上してくれると思っているのですが…。
    2009-11-28 Sat 09:13 | URL | MOLTA #0iyVDi8M[ 内容変更]
    []
    >>MOLTAさん
    初めまして。

    広報との兼ね合いは、すごく絶妙な舵取りを要求されることだと思います。現地政府や軍との協定も必要でしょうし、何より誰かが現地に行ってしまって、何か起こってからでは遅いのです。そう考えたからこそ、私は自粛を選びました。 また、「これはやらないでほしい」と示してくれたことはありがたいです。
    広報と、研究と、情報公開と。この問題は試行錯誤していくしかないだろうと思います。考えをJAXAイベントのアンケートに書くというのも意外と有効かも知れません。

    一般の認知度という点も含め、JAXAはもう少し広報に力を入れるべきだとは思います。動員数もそうですが、「何をやっている組織なのか」を伝えた方がいいのではないかと思います。未だにNASDAとISASとNALが合併したのを知らない人もいるわけですし。
    ですが、ロケット打ち上げの追っかけを始めた5年前よりはかなりマシになったと思います。
    2009-11-30 Mon 22:33 | URL | 金木犀@管理人 #NrBA8kAs[ 内容変更]
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析