文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:コミックマーケット92於東京ビッグサイト 8月12日(土・2日目)東ペ-56a 

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
        紙版:自家通販     紙版:ショップ委託(通販あり)
         

         電子書籍配信          電子書籍配信
         

    不死身の探査機「はやぶさ」またまたまた復活!
     「はやぶさ」復活! しかし、なんという奥の手。というか、こんなことできたんですね。
     國中先生も「この配線はイオンエンジンの不具合に備えてのものか」という質問に「その通り」と答えていましたし。ここまできめ細やかな冗長設計がなされていたということに、「のぞみ」の遺産を感じます。ちなみに状況によっては帰還が2013年にずれるかも、とのこと。(参考:http://togetter.com/li/955
    小惑星探査機「はやぶさ」の帰還運用の再開について(JAXA)

     宇宙航空研究開発機構(以下:JAXA)は、平成21年11月9日にご報告いたしました、小惑星探査機「はやぶさ」のイオンエンジンの異常について、その対応策を検討してきました。その結果、今後の運用に対する見通しが得られましたので、イオンエンジンの状況を注視しつつ帰還運用を再開することとしました。

     JAXAでは、4つのイオンエンジンについて、中和器の起動確認や流量調整等を実施してきました。その確認作業において、スラスタAの中和器とスラスタBのイオン源を組み合せることにより、2台合わせて1台のエンジン相当の推進力を得ることが確認できました。

     引き続き慎重な運用を行う必要はあるものの、この状況を維持できれば、はやぶさの平成22年6月の地球帰還計画を維持できる見通しです。

     今後もはやぶさの地球帰還に向けて、注意深く運用を続けてまいります。運用状況については,適時報告いたします。


     手法:スラスタAのイオン源と、スラスタBの中和器を直結して使う。要は二つのイオンエンジンのまだまともな部分を組み合わせると言うこと。もっと俗な言い方をすれば、ニコイチ。

     なにはともあれ、おめでとう、ありがとう。
     本当に不死身だわ、この探査機。


     とりあえず来週末に帰還祈念の臼田詣でに行ってきます。
     あと、来年のウーメラ行きの件について、悩んでいます。
     今年の宇宙研一般公開で、実際に回収に行くことになっているというスタッフの方に伺った話では、
    1.現地に迷惑がかかるといけない
    2.自分たち(ISAS関係者)で責任が持てない
    3.その他もろもろの事情
    により、なるべくなら日本で見守って欲しい、とのこと。また、具体的な帰還日時は、直前か、あるいは全て終わった事後に発表する予定、と言っていました。(あくまで一般公開時点での話ですが)

     追記を重ねているうちに11月20日になりました。
     今日は、4年前、「はやぶさ」が、88万人の署名いりターゲットマーカを「イトカワ」表面に投下した日です。私は初めての「ロケット紀行」の原稿を書きながら徹夜でPCに張りつき、時々刻々移り変わる状況にドキドキしていました。
     「はやぶさ」の頑張りも、私のサークル「液酸/液水」も、全てはこの後始まりました。思い出深い日です。

    別窓 | 宇宙開発 | コメント:5 | トラックバック:0 |
    <<読者の皆様へのお伺いと、「はやぶさ」お出迎えツアー自粛 | 文系宇宙工学研究所 | 事業仕分けの感想(JAXA予算)>>
    この記事のコメント
    []
    不死身すぎますな(笑)

    そうか、もう4年たったんですね。私はその日、寝付けなかったのでついカッとなって臼田詣でに行きました(w
    2009-11-20 Fri 13:39 | URL | phoenix #mQop/nM.[ 内容変更]
    金木犀さん、こんばんは。
    今回も、凄まじい復活劇でしたね。
    以前に自分で書いた「我らが驚愕し仰天し遂には呆れ果てるような復活劇」の言葉通り、本当に遂には呆れ果てそうです。

    ところでウーメラ行きですが、僕は以前に天燈茶房に書いたプラン通りにウーメラの町までは行きたいと考えていますが…今後、状況を見ながら判断しなければなりませんね。
    周りに迷惑を掛ける訳にはいきませんから。

    臼田さん詣で、楽しんできて下さい。
    2009-11-20 Fri 22:57 | URL | mitsuto1976 #-[ 内容変更]
    []
    >>phoenixさん
    ちょっと落ち着いたところで考えてみると、本当に今回の復活劇のすごさを思い知ります。考え抜かれた冗長系、電力発生量の計算、どれも開発・運用スタッフの優秀さを物語っているのではないでしょうか。
    アメリカはどうですか? お帰りになったら、ぜひお話を伺いたいです。

    >>mitsuto1976さん
    私は既に、笑いしか出てきません。本当に凄いスタッフと探査機です。
    ウーメラについては私も同感です。本末転倒はぜひとも避けなければいけませんね。

    臼田さん、雪の具合が気になります。ひどく積もっているようなら、命が惜しいので中止です。
    2009-11-21 Sat 00:52 | URL | 金木犀@管理人 #NrBA8kAs[ 内容変更]
    []
    > 本当に不死身だわ、この探査機。
    今度ばかりは覚悟を決めていたので「帰還続行」の文字を見た時は手足が震えて立てなくなりました。
    過去のミッションによる教訓を本当に1つも漏らすまいという設計思想の賜物ですね。

    今回の記者会見で川口先生が「(帰還予定日は)旅行する人が大変になったりするので言えない」という主旨の発言をされた由。
    以前ウーメラ行きに乗らせてほしいとお願いしておいて大変申し訳ないのですが、私は川口先生の発言を受けてウーメラ行きを自粛sたいと思います。
    (個人的に「来ない方が望ましい」の意に受け取ったため)
    2009-11-25 Wed 23:13 | URL | すばる #KoPTJAY6[ 内容変更]
    []
    >>すばるさん
    私もあれは自粛要請だと思います。
    一般公開の際、お話を伺った様子を見るに、軍関係、政府関係にはとりわけ神経を使っている様子でした。
    スタッフの方々に余計な気遣いをさせてしまうのは、一番やってはいけないことだと思います。
    2009-11-25 Wed 23:49 | URL | 金木犀@管理人 #NrBA8kAs[ 内容変更]
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析