文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※IE・Sleipnir・Firefox推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:東京とびもの学会2017 3月12日(日)於ハイライフプラザいたばし
             おもしろ同人誌バザール3 4月2日(日) 於JR大崎駅南改札前 大崎夢さん橋
             COMITIA120 5月6日(土) 於東京ビッグサイト

      自家通販            委託中(『ロケット紀行』他)通販あり
                 

    事業仕分けの感想(JAXA予算)
     2009年11月17日の事業仕分けの結果は以下の通り。
     2010年4月26日の第二回事業仕分けの感想はこちら(http://bookworms.blog12.fc2.com/blog-entry-720.html)

    ・GXロケット:廃止。これは当然でしょう。開発期間はずるずる延び、しかも予算超過してもなおもメドが立たない。既得権益やめようよ。ただし、この分の予算は削減ではなく、他分野に回して欲しい。あと、何にいくら使ったか公開を希望します。
    ・LNGエンジン:予算凍結。これも当然でしょう。当初予想が甘すぎです。LE-7で懲りなかったのでしょうか。
    ・HTV:1割減。がんばった。だけれども、今後のスケジュールを考えると1割限はきつくないか? これは海外注文を取ってきて補えと言うことか。
    ・平成24年度以降の衛星:1割減。ワリを食うのは・・・やっぱり宇宙科学なのかなあ。今回の仕分け全体を見ていると、「国民の目に見える還元」とやらをしなければならないようだし。

     全体としては、よく踏みとどまったと思います。ただ、決して満足な予算を得られているわけではない日本の宇宙開発を鑑みると、たとえ1割限でも厳しい。けれど、この経済状況ですから、科学・技術立国政策以前にお金を回さなければならないところがあるのは当然で、しかも日本の予算は借金まみれ。このツケを今こそ払おうとしているのではないでしょうか。
     痛いことに変わりはありませんが。あ、GXについては全く同情しません。その辺は2年くらい前に書きました。まあ、今回「GXを犠牲に他のを守った」(と私には見えた)ので、最後には役に立ったのかな?

     はやぶさ2について、触れられなかったからOK、という意見をwebで見かけましたが、私は相当厳しい局面、ぶっちゃけもう中止なのではないかと思い始めました。チャンスの神様は頭の後ろがはげている、という俗説がありますが、将にそんな印象。時期を逃してしまったのでしょう。楽観論は危険です。
     先日の仕分けでは、文科省が「科学技術に費用対効果の考えはなじまない」的な答弁をしていましたが、そういう説明を求められているのだから、説得するためには相手の土俵、相手の視点で答えねばならないのではないでしょうか。とりわけ持論に固執しがちなセンセイ達相手には。

     で、現実的な話。JAXAはもう少し儲ける方向に行ってもいいのではないかと思います。「金儲け=悪」ではありません。日本は資本主義国家です。
     例えば、現在の施設案内ツアーに、有料のオプショナルプランを設けるとか、幾許か払えばプレスセンターで打ち上げ見学できるとか、グッズを販売するとか。他にも、施設の有償貸し出しや、相乗り衛星を無償ではなく有償化したり、従来相乗りでしか打ち上げられなかった超小型衛星や大学等の実験衛星の為に専用の打ち上げをセッティングしてお金取ったり(打ち上げは、各衛星の負担金額を合計してロケット1機ぶんになったらにする)、手は考えられます。
     あ、さすがに現状の全事業を追いかけているわけではないので、上記の案にもうやっていることが含まれていましてもお許し下さい。

     個人的に、宇宙関係で予算を重点配分して欲しい分野。
    ・宇宙探査
    ・次世代の人材育成、若手研究助成
    ・広報
    ・リモセン・ロボット技術の開発
    ・有人宇宙飛行

    以下はJAXA外。
    ・気象衛星の冗長化

     以上、印象と感想。

     Twitterやってます。アカウントは:ついったー/金木犀
     2010年4月26日の第二回事業仕分けの感想はこちら(http://bookworms.blog12.fc2.com/blog-entry-720.html)

    別窓 | 宇宙開発 | コメント:5 | トラックバック:1 |
    <<不死身の探査機「はやぶさ」またまたまた復活! | 文系宇宙工学研究所 | コミティア90頒布物>>
    この記事のコメント
    []
    NASAは打ち上げを敷地内で見ようとすると入場+アイマックスシアターなど込みのチケット$38,さらに比較的近くで見るためには$17~38(だったかな)を払う必要があります。

    入場券は7日以内の再入場可能、あと+$12だかで年間入場券を買えます。

    施設見学も発射台近くまでいくバスツアーは+$22.まぁ、これだけとってもバスやツアーガイドのコストを考えるとどうなんだろうというところですが。商業打ち上げで稼ぐのは厳しいし、なかなか難しいところですね。

    なお、今回のシャトル打ち上げでは8000人が訪れたと小耳に挟みました。どこまで含んだ人数か分かりませんが。
    2009-11-21 Sat 16:00 | URL | phoenix #-[ 内容変更]
    []
    はじめまして。
    事業仕分けの感想、私も同意見でした。もっと削られるかと予想していたので、思ってたより悪くなかったです。それぞれの意義を科学の分からない人にきちんと説明できてない省庁関係者の方が、むしろ問題に見えました(笑)

    有料化の件は、防衛省の施設でも取り上げられてましたね。お金とられても、見に行くものは見に行きますし、無料である必要は確かにないです。ガイドや案内は、研究スケジュールに配慮しながら研究員全員に交代で担当させればいいかと思いました。忙しいと言われても、みんなそうですし、義務化して担当回せば文句もないかと。こうした広報予算の一部を見学料などで稼ぐくらいいいですよね(^^) 税金で成り立っている施設といえど、広報活動や外部サービスは本来業務外の仕事ですし。
    2009-11-27 Fri 17:51 | URL | aquarii #-[ 内容変更]
    []
    >>phoenixさん
    レスありがとうございます。
    来年は行くぞ!

    >>aquariiさん
    はじめまして。
    やはりあの説明は問題だと思います。「求められている説明をする」ことに慣れていないというように見受けられました。

    防衛省施設でそんな話が出ていましたか。
    「お金取られても見に行くものは見に行く」は賛成です。逆に言えば、チャンスがお金で買えるならそうしたいものもありますから。(大型ロケット射場や燃焼試験設備など)
    2009-11-30 Mon 22:56 | URL | 金木犀@管理人 #NrBA8kAs[ 内容変更]
    []
    Jaxaって日本でも素晴らしい機関だと思う。この時代に子供にも夢を与え、世界の中でもトップクラスで宇宙に夢を抱いてる。こういう機関には私はお金をつぎ込んでも良いと思います。もっと削る事業は他にいっぱいあるのでわ…。
    2010-06-29 Tue 16:53 | URL | みほ #-[ 内容変更]
    []
    >>みほ さん
    コメントありがとうございます。

    個人的には、JAXAにお金をつぎ込むのと、つぎ込んだお金をJAXA内部で適切に分け合うしくみをしっかりさせること。
    この二つが車の両輪のようにうまく回ってこそ、よりよい宇宙開発ができるのではないかと思っています。

    他に削るべき事業は・・・ありますねぇ。アレやらコレやら。
    JAXAには頑張って欲しいです。
    2010-06-29 Tue 21:02 | URL | 金木犀@管理人 #NrBA8kAs[ 内容変更]
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    このブログでは、政治ネタはもう取り上げないと決めていたのだが、あまりにヒドい情報操作に恐怖に近いものを感じたので、敢えて取り上げる。ネットの世界では、「はやぶさ2の予算... …
    2010-06-24 Thu 01:05 トドのつまりは・・・
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析