文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:コミックマーケット92於東京ビッグサイト 8月12日(土・2日目)東ペ-56a 

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
        紙版:自家通販     紙版:ショップ委託(通販あり)
         

         電子書籍配信          電子書籍配信
         

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    別窓 | スポンサー広告 |
    H-IIB TF1見学記 その4 2009年9月11日未明
     下見は前回のエントリに追記しました。
    H-IIB TF1見学記
    >>その1(9月9日)
    >>その2(9月10日午前)
    >>その3(9月10日午後)

     携帯のアラームに起こされて、眠い目をこすりつつ準備。今回の撮影機材は以下の通り。
    メイン
    ボディ:Canon EOS 50D
    レンズ:ZUIKO 300mm F4.5 + KENKO MC2(x2テレコン) + OM-EOSマウントアダプタ
        (これで960mm相当。300mm×2倍×1.6)

    サブ
    ボディ:OLYMPUS OM-1N + ワインダー2
    レンズ:ZUIKO 28mm F2.8
    フィルム:フジ Venus400

    コンデジ(動画用)
    Canon PowerShot A2000 IS


     ご視察所に着くとすぐに機材の準備。暗いので、なかなかロケットをファインダー中央に持ってくることができません。ニジミのテストも兼ねて、何枚か撮影。今回使うレンズの場合は、やっぱり開放より2段くらい絞った方がいいようです。結局F22相当(レンズはF11ですが、2倍テレコンを噛ませたのでF値も2倍)で撮影することにしました。1000mm近いですが、ロケットは縦位置にした画面の下1/3くらいの大きさです。
    IMG_2444.jpg

     吹きさらしで寒いのを覚悟していましたが、ほぼ無風です。上空に雲がかかっているのは残念ですが、打ち上げには問題ない天候でしょう。カウントダウンも順調に進んでいます。
     打ち上げ3分前。天候変化なし。コンデジ、動画モードで録画開始。
     1分前。……なんだか、足が震えてきましたよ?
     10秒前。カウントダウンが口をついて出ます。手拍子が始まりました。
     3秒前。メインエンジン点火、ロケットのふもとが明るくなったのがはっきり分かります。
     ゼロ。SRB-A点火、上昇開始。
     ――あたりが、昼になります。
    IMG_2463.jpg
    IMG_2464.jpg
    IMG_2465.jpg
    IMG_2466.jpg
    IMG_2467.jpg
    IMG_2468.jpg
    IMG_2469.jpg
    IMG_2470.jpg
    IMG_2471.jpg
    IMG_2472.jpg
    IMG_2473.jpg
    IMG_2474.jpg
    IMG_2475.jpg
    IMG_2476.jpg
    IMG_2477.jpg
    IMG_2478.jpg
    IMG_2479.jpg
    IMG_2480.jpg
    IMG_2481.jpg
    IMG_2482.jpg
    IMG_2483.jpg
    IMG_2484.jpg
    IMG_2485.jpg
    IMG_2486.jpg
    IMG_2487.jpg
    IMG_2488.jpg
    IMG_2489.jpg
    IMG_2490.jpg
    IMG_2491.jpg
    (写真は全てクリックで拡大)

     息を呑みました。一瞬の静寂の後、割れんばかりの拍手と喝采、続いてそれらを全てかき消す轟音!
     スローモーションになった20秒間が流れ去り、ロケットは雲に突入。それを明るく染めて消えていきました。
     同時に、普通の暗闇に戻り、ふたたび通常の速度で時間が流れはじめます。
    「ふふふ・・・ははは」
     もう、アヤシゲな笑いしか出てきません。膝は発射前に倍してがくがく笑い、いまにもくずおれそうです。凄いなんてもんじゃないです。これ、ホントに人間が作ったんですか?
     
    「動画撮れましたよ、見ます?」
     Pさんが言いますが、Sさんが押しとどめます。
    「ちょっと待って下さい、まだ早いです。目を閉じて、思い出しますから」
     賛成。私も目をつぶり、ほんの数分前の出来事を暗闇のスクリーンに脳内投影してみます。
     やっぱりすげえや。

     夢の中にいるような、ふわふわした、足が地に着かない気持ちです。ですが、5km先にそびえる、もう主役のいない発射台は、先ほどの光景が現実のものだったと語っていました。
     IMG_2510.jpg
     

     15分少々後、HTV、分離成功。やった!
    「いきますか?」
     隣のHさんに声をかけてみる。
    「せーの」
    『万歳、万歳、バンザーイ!』
     皆さん唱和してくれました。凄く気持ちいい! 何、なんなの、これ?
     
     高揚した気分のままお酒やツマミを買い込んで、宿で祝杯。各自の「成果」を見せ合ったり、今回の感想を言い合ったりしつつ5時頃まで飲んだくれて、半分酔いつぶれるように布団に潜り込みました。

    >>続く

     本日のおまけ、ロケット撮影用の私製露出表。一部の方には役立つんではないかと思います。
     マカロニアンモナイトの、
    「ISO100の感度で撮影するならば、F8、1/500ぐらいで撮影すれば、間違いはない。」(元記事
    というのを元に作成。結果から言えば、今回はこの記述を元に換算した、「ISO800、F22、1/500」で大丈夫でした。(連続撮影は全てこの設定です)
     とはいえ引き延ばしてプリントしてみると高感度ノイズが分かるので、六ッ切以上に引き延ばそうと思うなら、ISO400以下、できればISO200までにとどめた方が無難でしょう。

    ロケット撮影 露出設定表
    ※天候/時刻を問わない。全てこの表の通りでだいたい写る。
    ※絞り開放だとニジミが発生しやすいので注意。
    ※経験上、300mm(35mm換算)で1/125以下のシャッタースピードだとタワークリア付近で流れます。
    ※ご使用は自己責任でお願いします。

    ISO  F シャッター
    100  4    1000
        8     500
       11     250
       16     125
       22      60

    200  4    2000
        8    1000
       11     500
       16     250
       22     125

    400  4    4000
        8    2000
       11    1000
       16     500
       22     250

    800  4    8000
        8    4000
       11    2000
       16    1000
       22     500

    1600  4    16000
        8    8000
       11    4000
       16    2000
       22    1000

     長文におつきあい下さりありがとうございます。種子島編は今回で終了、次回からは屋久島編です。たぶんあと2回で完結。
     H-IIA F16は、11/28午前あたりの予定なのかなあ。

    別窓 | ロケット見学案内 | コメント:4 | トラックバック:0 |
    <<歳々年々 金木犀の宇宙的雑文28 | 文系宇宙工学研究所 | H-IIB TF1見学記 その3 2009年9月10日午後>>
    この記事のコメント
    夜の打ち上げすごいなー
    バーナーの明るさが写真でもものすごいわかる。
    数年前に一緒に見たときは、一瞬で雲の中だったから
    これは生で見てみたいな…
    2009-09-29 Tue 23:24 | URL | かわぬま #-[ 内容変更]
    []
    >>かわぬまさん
    うふふふ、また行きましょうよ~。
    次のH-IIBは来年ですよ。
    2009-09-30 Wed 23:19 | URL | 金木犀@管理人 #NrBA8kAs[ 内容変更]
    屋久島のフェリーでビールを飲みながら語り合った大分のおじさんです。ページ見ました。面白いです。
    屋久島のプログ楽しみにしています。
    2009-10-13 Tue 18:56 | URL | 大分 宮永 #-[ 内容変更]
    []
    >>大分の宮永さん
    その節はお世話になりました。楽しかったです。
    写真の整理がもうすぐ終わるので、そうしたら記事にまとめたいと思っています。
    2009-10-13 Tue 21:47 | URL | 金木犀@管理人 #NrBA8kAs[ 内容変更]
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。