文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:コミックマーケット92於東京ビッグサイト 8月12日(土・2日目)東ペ-56a 

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
        紙版:自家通販     紙版:ショップ委託(通販あり)
         

         電子書籍配信          電子書籍配信
         

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    別窓 | スポンサー広告 |
    H-IIB TF1見学記 その1 2009年9月9日
     朝、スーツケースとリュックサックを抱えて職場へ。ラッシュ時だったので周りの乗客から冷たい視線。ごめんなさいごめんなさい。
     適宜JAXAのページを確認してみますが、延期情報は出ません。予約を入れた飛行機に間に合うギリギリまで待って、退勤、羽田に向かいます。トラブルもなく、午後7時半過ぎには鹿児島空港に到着。今回は同行者6名。もちろん現地(というか種子島の宿)集合、現地解散が基本です。
     空港のインターネットブースで100円払って関連情報をチェックしていると、「明日のジェットフォイルは流木のため欠航」とのこと。 なんだって!
     不思議と驚きはないです。今まで何も起こらない打ち上げ見学の方が少なかったのですから、トラブルには自然に慣れてしまいました。

     まずは鹿児島市行きのバスに乗ります。元々飛び込みで市内一泊の予定でいて、宿も食事も鹿児島市に行かなければならないのです。リカバリの方法は道中で考えてみました。

    ・鹿児島~種子島の飛行機→既に満席。キャンセル待ちは06:50から空港窓口でのみ受付ですが、取れなかったときは島に渡れないというリスクがあり、却下
    ・今日の高速船、またはフェリー→既に全便出発済み
    ・明日のフェリー→(「プリンセスわかさ」)07:00発券開始、08:40出航

     現実的に考えれば、フェリーしかありません。しかし、悩みがあります。機体移動が見られないのです。
     今回の機体移動は11:00。それに対してフェリーが西之表に到着するのは12:10ごろ。移動自体は長くて30分ほどで終わりますから、どう頑張っても無理でしょう。今回は珍しく昼間の機体移動だったのに、残念です・・・。
     ふと思いついて、某巨大掲示板の打ち上げスレッドを見ると、悲鳴が上がっています。明日の朝一番の飛行機で来て、ジェットフォイルで島入りしようと考えていた場合、現時点でアウトなのです。(朝イチの飛行機で鹿児島空港についてもフェリーに間に合わないため、島に渡る交通手段がないのです)

     移動中、知り合いの皆さんから欠航情報が次々とやってきます。こういう時は情報に飢えていますから、本当に助けになります。メールや電話を下さった皆様、ありがとうございました。
     ぼんやりしていて「鹿児島中央駅前」を乗り過ごし、「交通局前」で下車。市電に飛び乗って中央駅に戻ります。どこまで乗っても160円の定額運賃。途中で乗り継ぎがあるのですが、運転手にその旨伝えて160円払うと乗り継ぎ乗車票が発行されました。これを提示して、乗り継ぎ先の降車時に運賃箱に投入。

     宿を探す前に、ものすごくお腹が減っていたので、駅前の「お食事処児玉」へ。鹿児島に来るとほぼ毎回寄るお店です。ついでに焼酎お湯割りも付けてほろ酔い加減。
    IMG_1357.jpg

     ちょうど食べ終わる頃に、同宿する友人(男性、Pさんとします)が鹿児島空港に着いたとの連絡がありました。
    「宿ですけど、値段優先で良いんですよね」
    「ええ」
    「目の前にあるんですが、最安だとダブルベッドですよ」
    「構いませんよ」
    「じゃ、入ります。中央駅に着いたら連絡下さい」
     平日だからなのか、一軒目にして入ることができました。看板には「ビジネスホテル」とありますが、明らかにその手のホテルを改装した形跡が見て取れます。
    IMG_1358.jpg
     年代もののエレベーターには「部屋からのテレクラへの電話、および後からの女性の連れ込みはお断りします」の張り紙。部屋に入るとカミソリが一本しかありません。更に「燃料費高騰のため」シャワーのお湯が出る時間帯が決まっています。

     委細承知で選んでいるので、この辺は全く気にしません。屋根と壁と(できれば布団も)があればそれで良いのです。


     しばらくしてPさんを迎えに出て、その後、鹿児島在住で、明日から行程を共にする友人(女性、Aさんとします)と駅前の路上で善後策を話し合って、部屋へ。明日は6時半を目安に港に行って、「プリンセスわかさ」のチケット購入列に並ぶことにしました。
     シャワーを浴びて、ブログの更新と情報チェックをしたら、おやすみなさい・・・。意外と疲れていたようで、すぐに意識が落ちました。

    >>続く

    別窓 | ロケット見学案内 | コメント:1 | トラックバック:0 |
    <<H-IIB TF1見学記 その2 2009年9月10日午前 | 文系宇宙工学研究所 | 現在地:羽田空港>>
    この記事のコメント
    []
    9月11日の最初の便で種子島に向かったのですが、予約時の座席指定で2席空いたままで、空席待ちには一人も来ず、結局2席空いたままで種子島に向かいました。
    まぁ、結果論ですが・・・

    2009-09-18 Fri 15:29 | URL | みーや★ #tR0Y9Tco[ 内容変更]
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。