文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:コミックマーケット92於東京ビッグサイト 8月12日(土・2日目)東ペ-56a 

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
        紙版:自家通販     紙版:ショップ委託(通販あり)
         

         電子書籍配信          電子書籍配信
         

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    別窓 | スポンサー広告 |
    皆既日食見学記1:7月21日 島へ
     2009年7月21日(火)
     「予報は良くないが、最後まで信じよう。」心に誓って、11時25分の鹿児島行きSNA75便に搭乗した。 鹿児島空港は雨だったが、鹿児島市は曇りだった。
     鹿児島港の高速船乗り場で仲間と集合し、島へ。
    IMG_0494.jpg   IMG_0501.jpg

     今回はツアーなので、西之表からバスが仕立てられている。ガイドの案内を聞きながら南種子に向かうのは、通い慣れた道ながら新鮮だ。
     平山バス停あたりでバスを降りる。宿はいつもの南海荘。ご主人(我々はおじさんと呼んでいるので、以後はこう呼ばせて頂く)が出迎えに来ていた。同宿は2組の家族連れと、ここ最近ロケット打ち上げで宿が一緒の男性一人、他にもう一人いた。

     夕食の後、しばらくして千坐の岩屋(平山海岸)に出る。満天の星空、天の川まではっきり見える。夏の大三角がほぼ天頂で、南天のやや低いところでひときわ明るく輝いているのは、もうすぐ環の消える土星。
     明日の快晴を願って、床に就いた。

    別窓 | 鉄道・旅行 | コメント:1 | トラックバック:0 |
    <<ロケット紀行vol.8完成 | 文系宇宙工学研究所 | 現在地:淵野辺駅>>
    この記事のコメント
    []
    あしたは、晴れると良いね。
    2009-07-29 Wed 19:22 | URL | あざらし #-[ 内容変更]
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。