文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:コミックマーケット92於東京ビッグサイト 8月12日(土・2日目)東ペ-56a 

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
        紙版:自家通販     紙版:ショップ委託(通販あり)
         

         電子書籍配信          電子書籍配信
         

    H-IIA F15、相乗り衛星の名称
     メモも兼ね、相乗り衛星の名称と公式サイトURLをまとめてみました。
     いずれも、無事にミッションが達成されるよう応援しています。
    photo_sat_3_01L_20090130014456.jpg
     JAXAから、素晴らしい画像が公開されました。分かりやすくするため、各衛星の名称を入れてあります。

    1.打ち上げ後に名称が変わった衛星(開発名→愛称)

    SOHLA-1→まいど1ごう
    (東大阪宇宙開発協同組合:http://www.sohla.com/
     「まいど1ごう」となったのは、正式には打ち上げ成功後。これは、東大阪宇宙開発協同組合が「SOHLA-1」、「SOHLA-2」を並行開発していて、最初に打ち上げに成功した方を「まいど1号」と命名する、としていたため。(公式サイト「プロジェクト」内に記述あり)
     各ニュースや、同組合のこれまでの記述だと「まいど1号」とされてきましたが、打ち上げ後のプレスリリースでは「まいど1ごう」となっています。2回出てきて、共に「ごう」となっているので、こちらが正式なのでしょう。
     コールサイン:JL3YUS

    STARS→KUKAI(空海)
    (香川大学工学部能見研究室:http://stars1.eng.kagawa-u.ac.jp/
     名称の由来:「KUKAI」は香川出身といわれる空海に由来した名称です。空海が世界(唐の国まで)に出かけて偉業を成し遂げたことに因み、STARSも世界的に成果を出して活躍してくれることを願いました。KU-KAIと離して書くと、2台の衛星がひもでつながれている状態を表すことが出来ますし、親機と子機をそれぞれ、「KU」と「KAI」というふう呼ぶことも出来ます。「KU」(空)は全てを含む抽象的概念であり、「KAI」(海)は色(しき)を意味し、人工衛星名称の場合には、地球又は本学部を表します。また、「KUKAI」のアルファベットは、Kagawa University Kinetic Aero-Intelligence の頭文字であるとも言えます。(香川大学)
     最終候補に残った名称は、他に「オリーブ」、「げんない」。

    航空高専衛星(KKS-1)→輝汐(きせき)
    (航空高専衛星プロジェクト:http://www.kouku-k.ac.jp/~kks-1/
     名前は「きせき」と読むようです。ちょっとわかりづらいなあ。潮汐とか、海洋系の調査をするのかと思ったら違います。「奇跡」との掛詞なのは分かるのですが、なぜこの表記?
     KKS-2はUNITEC搭載目指して開発中。宇宙環境生き残りコンペティションとは、面白そう。

    スプライト観測衛星(SPRITE-SAT)→雷神(らいじん/RISING)
    (東北大学大学院理学/工学研究科:http://www.astro.mech.tohoku.ac.jp/SPRITE-SAT/index.html
     名称の由来:英字表記の"RISING"は「らいじん」の発音に「上昇」の意を掛けたものです。(公式サイトより)
     「スプライト」とは、落雷に伴う高層大気発光現象のこと。それを観測するので「雷神」。そのまんまのネーミングですが、分かりやすくっていいと思います。

    PRISM→ひとみ
    (東京大学中須賀研究室:http://www.space.t.u-tokyo.ac.jp/prism/main.html
     (1/30追記)名称の由来:「ひとみ」の由来は、 観測機能を有するPRISMに『我々の”ひとみ”となって地球を見守ってほしい』 という願いを込められている名前だそうです。
    我々のコンセプトを伝えるのに最適な名前だ、 ということでこの名前を採用させていただきました。(公式サイト内、「過去のニュース」1/10の記事より)
     コールサイン:JQ1YCW

    2.名称が変わらなかった衛星

    かがやき
    (ソラン株式会社:http://www.sorun.co.jp/kagayaki/top.html
     もとから愛称のようなものでしょうし、日本語名称ですし。(2/1追記:ロストか?)

    小型実証衛星1型(SDS-1)
    (JAXA:http://www.jaxa.jp/pr/brochure/pdf/04/sat26.pdf注:PDF)
     シリーズ化の予定があるようなので、いちいち愛称を付けていたのでは間に合わなくなるでしょう。(宇宙開発好きとしては、そんな時代にしなければいけないわけですが)


    別窓 | 宇宙開発 | コメント:3 | トラックバック:0 |
    <<google先生ご乱心 | 文系宇宙工学研究所 | 謹告:完売御礼申し上げます>>
    この記事のコメント
    []
    PRISUMは「ひとみ」になりましたよー
    2009-01-29 Thu 23:30 | URL | きみ@ #-[ 内容変更]
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2009-01-29 Thu 23:35 | | #[ 内容変更]
    []
    >>きみさん
    補足ありがとうございます。載せました。
    2009-01-30 Fri 02:50 | URL | 金木犀 #-[ 内容変更]
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析