文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:コミックマーケット92於東京ビッグサイト 8月12日(土・2日目)東ペ-56a 

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
        紙版:自家通販     紙版:ショップ委託(通販あり)
         

         電子書籍配信          電子書籍配信
         

    神舟7号の宇宙遊泳に寄せて
     神舟7号、宇宙遊泳成功おめでとう。
     日本で有人が出来ないのが・・・ああ、もう!!
     やっぱり自分の国から宇宙に行けるってのは、大きな「夢」だと思うのですよ。中国は夢と戦略を持って、15年以上もそれを持ち続けることが出来て、5号で実現し、今回はもう一歩先に歩を進めたのです。
     日本は、自前で人間を宇宙に送る、という選択をしなかった。ただそれだけ。
     それだけ・・・なんですが・・・

     悔しい! 手をこまねいているしかないのも、画面の向こうの拍手と歓声も、悔しいっ!

     スペースシャトルは先行き不安、ソユーズは情勢如何で使えなくなる・・・。有人飛行技術は国家戦略になりうる、非常に重要な技術なのですよ。お金なり対価なりを払って乗るのはお客さん。客は行き先を決めたら、ハンドルは運転手に任せなければならないのは、自明の理。乗車拒否もあり得ます。
     米露中が宇宙船のハンドルを握っているということは、この3国のご機嫌を損ねたら、宇宙に手が届かなくなってしまいます。
     せっかく宇宙基本法が出来たのだし、ここらで一つ始めて欲しいです。
     とはいえ、中期計画が邪魔なんだなあ・・・。

     受付確認ハガキ、冬コミの分、9/29午後便にて到着。コード的に書類不備はない模様。
     ただ、ハガキ裏面に「今回、初めの5桁はジャンルコードと違ってるかもしれんよ(要約)」と書いてあったので、余りアテにするのも良くないかな。
     備忘のために。

     そうか、そろそろ準備を始めなくてはいけないのか。
     論文書いたら原稿書き始めます・・・。

     我が家の原付の、1万㎞走行達成プロジェクトを始めました。年内に達成したいです。
     あと534km。近場しか乗らないから、厳しいかなあ。週末に乗るとして、毎週45kmくらい・・・?

    別窓 | 宇宙開発 | コメント:1 | トラックバック:0 |
    <<京王電鉄事業用車 デワ600系 | 文系宇宙工学研究所 | 探査機「はやぶさ」がプラネタリウム番組に>>
    この記事のコメント
    []
    国道一号線の全長は565.4km
    明石市立天文科学館に行くだけで無事1万km達成ですね。(^^;)
    2008-10-01 Wed 20:18 | URL | 霧島 #-[ 内容変更]
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析