文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:コミティア122 配置:K-56a 於東京ビッグサイト 11月23日(木・祝)
            :おもしろ同人誌バザール4 配置:57 於ベルサール神保町 10月28日(土)
            :コミックマーケット93 (当落待ち)

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
        紙版:自家通販     紙版:ショップ委託(通販あり)
         

         電子書籍配信          電子書籍配信
         

    M-V実機、保存へ!
     出がけに見たら、なんともいいニュースが。

    宇宙技術力未来に生かせ 究極ロケットM5保存へ(産経新聞)

    世界最大級の固体燃料ロケットとして科学衛星の打ち上げで活躍し、2年前に廃止されたM5ロケットの実物が保存されることが決まった。宇宙航空研究開発機構(JAXA)によると、日本の宇宙技術力を後世に伝え、一般向けの教材として生かすのが狙い。10月から開発拠点のJAXA宇宙科学研究本部(神奈川県相模原市)に展示、公開する。

     保存が決まったのは計8機製造されたM5のうち、唯一残っている2号機。当初は平成7年度に月探査機「ルナーA」を打ち上げる予定だったが、計画中止で使い道がなくなり、発射台がある内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県)やメーカーの工場に分散して放置されていた。

     技術者や相模原市などから保存を求める声が寄せられたことに加え、廃棄処分するとかえって手間がかかることもあり、同研究本部に集めて組み立てることにした。全長約30メートルの3段式で、衛星カバーなどを除きほとんどの部分を実物のまま保存・展示する。

     M5は東大生産技術研究所の故・糸川英夫博士が開発を指揮した固体燃料ロケットの集大成として、9年に登場。火星探査機「のぞみ」や小惑星探査機「はやぶさ」などを打ち上げたが、費用が割高なため18年に廃止された。

     JAXAの阪本成一教授は「究極の進化を遂げた固体燃料ロケットの姿を間近で見て、素晴らしさを肌で感じてもらえれば」と話している。

     10月から相模原とな。これはぜひ見に行かなければ! そういえば、LUNAR-A機体はまだ宇宙研にあるんだろうか。今日確認してこなければ(ペネトレータは、今年も展示されるようです)。
     個人的には、新型固体プロマネの森田先生あたりの談話を取ってきてくれたら面白かったのですが。

    SANY0111_20080808235545.jpg   SANY0193.jpg

    別窓 | 宇宙開発 | コメント:1 | トラックバック:0 |
    <<JAXA相模原キャンパス(宇宙科学研究所/ISAS)2008年度一般公開 | 文系宇宙工学研究所 | ポスター決定>>
    この記事のコメント
    []
    おー、相模原に見に行く物が増えました(笑)
    いつ行けるか分かりませんが(^^;
    2008-08-13 Wed 16:49 | URL | phoenix #mQop/nM.[ 内容変更]
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析