文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:コミックマーケット92於東京ビッグサイト 8月12日(土・2日目)東ペ-56a 

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
        紙版:自家通販     紙版:ショップ委託(通販あり)
         

         電子書籍配信          電子書籍配信
         

    地球観測センター一般公開 2008春
     去る5月17日の、地球観測センター(EOC)一般公開の様子です。一眼レフが不調で、露出不足気味。あんまりいい写真が撮れませんでした。
     当日は天候に恵まれたかに見えましたが、午後3時頃からにわか雨。昨年5月と全く同じ展開です。何かの呪いでしょうか。
     EOCは今年で開設30周年だそうで、記念グッズの配布などもありました。個人的にはクイズラリーの参加賞だった、ロゴ入りマグカップがお気に入りです。(JAXAのロゴと、30周年記念ロゴが印刷されています)

    30900009.jpg   

    30900006.jpg   30900025.jpg
    左:観測センター本部、右:「だいち」からのリアルタイム画像受信&見学者

    30900018.jpg   SANY4632.jpg
    屋外イベント(左:モデルロケット製作と打ち上げ、右:高度計測)
     右側写真のような手作り計測器で、高さを測っていました。職員さんの談では「2箇所で観測して、平均を取って精度を上げているんですよ」とのこと。

    30900024.jpg   30900023.jpg
    左:展示室外観、右:内部

    SANY4672.jpg   SANY4674.jpg
     当日のクイズラリーの参加賞、ロゴ入りマグカップ。

     おまけ。さて、何の木でしょうか。

    金木犀の木


     5/23、久々にJAXAiに行ってみたら、「JAXA NOTE 2008」が発売されていました。
     装幀的に3000円はちょっと高いですが、JAXAに関する情報はもとより、施設・人工衛星・ロケットの公式情報として、これ以上読みやすいハンドブックはありません。
     800部限定らしいので、欲しい方はお早めにどうぞ。(そんなに需要ないかも知れませんが)
    JAXA NOTE 2008通販ページ(BCC)
    作成者(日本宇宙フォーラム)からのコメント&通販

     気になった点ですが、ロケットのスペック表示の不統一(特にISAS系ロケット! M-VだけNASDA式表示になっていて比較しにくいったら)です。こういう本だからこそ、統一して欲しいものです。
     あと、H-IIAの打ち上げミッションのうち、情報収集衛星(IGS)関連の記述は一切ありません。打ち上げたことすら書いていないのです。衛星の情報はいりません。ですが、せめて打上げた事実は書きましょうよ。あの時期は、H-IIAはまだJAXAのものだったのですから。

     個人的ぼやき。今度出そうと思っていたロケット紀行vol.5(JAXA施設見学記)の増補改訂版、やめちゃおうかなあ。事業所情報はこれ見れば書いてあるし、どう頑張ってもこの本以上の情報出せないし、そこまで宇宙趣味に突っ込んでいく人はたぶんこの本買うだろうし・・・。


    別窓 | 宇宙開発 | コメント:4 | トラックバック:0 |
    <<鶴は翼を休め・・・ | 文系宇宙工学研究所 | アポロは月に行ったのです。>>
    この記事のコメント
    []
    どもども。
    JAXAノート2008 なんてのが出たんですね。
    jaxai行って買ってこよう。

    施設紹介はどうすかね。 ノートの内容観てないけど
    素人(失礼)でほとんどの施設に行った人もかなーりレアなので(私もそうか?)素人視点の意義はあるんじゃないかと思います。 だいたい、辺鄙なところにあるので一般でもいけるという事実はでかいかなと思うんですよ。
    2008-05-31 Sat 02:12 | URL | きみ@ #-[ 内容変更]
    []
    地球観測センター行かれたんですねv

    あそこでモデルロケット打ち上げたのが、自分のロケット好きのはじまりなので、個人的にはそのシーンの写真が一番気になりました(笑) 

    ところで、施設見学記は、自分も増補改訂版は出された方がよろしいかと思います。
    どんな公式ガイドブックよりも、宇宙FANのコメント及び視点で書かれた本の方が、どれほど現実で役に立つか。
    それに加えて、金木犀さんの本は、初心者にもとっても分かり易いので、行った事のない友達にも好評なんですよ。


    2008-05-31 Sat 18:30 | URL | 陣乃あや #-[ 内容変更]
    陣乃さんの意見に賛成.
    金木犀さんの本は、視点が我々に近い感じがするので、とてもなじめます.
    プレスの人では書けないと思いますよ.

    ロゴ入りマグカップがうらやましい..
    2008-05-31 Sat 18:58 | URL | 岩崎修 #-[ 内容変更]
    []
    皆さんコメントありがとうございます。

    きみさん
    >>素人(失礼)でほとんどの施設に行った人もかなーりレア

    これは自覚あります(笑
    先日JAXAに問い合わせたところ、小笠原通信所は一般見学不可(公開日もナシ)ということでした。
    ということは、三陸大気球観測所が閉所した今となっては、一般人が見に行けるJAXA研究施設には全て行ったことになりました。

    >>だいたい、辺鄙なところにあるので一般でもいけるという事実はでかいかなと思うんですよ。

    その通りですね。どんな山奥であっても絶対行ける、というところはアピールしなければいけないと思います。

    陣野あやさん
    >>どんな公式ガイドブックよりも、宇宙FANのコメント及び視点で書かれた本の方が、どれほど現実で役に立つか。
    それに加えて、金木犀さんの本は、初心者にもとっても分かり易いので、行った事のない友達にも好評なんですよ。

    岩崎修さん
    >>視点が我々に近い感じがするので、とてもなじめます.
    プレスの人では書けないと思いますよ.

    ご意見ありがとうございます。
    作り手としては、この辺は自分で自覚できないところです。

    実は、この2月にブログに連載した「ロケット見学案内記」を加筆訂正して、冬に出そうかと思っているのです。
    施設見学案内単体ではちょっと内容が薄いので、これと合わせて「宇宙施設見学案内記」として出そうと思いたった矢先に「JAXAノート」に出会い、意気消沈してしまった次第です。
    「一般人視点」という、私の本の一番重要なところを忘れていました。
    「ロケット紀行」は、そもそもが、「ロケットを見に行きたいけれど、一般人が参考にできる本がない!」という私の体験から始まったシリーズです。
    原点に立ち返って、頑張ってみたいと思います。

    2008-05-31 Sat 23:04 | URL | 金木犀@管理人 #-[ 内容変更]
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析