文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:コミティア122 配置:K-56a 於東京ビッグサイト 11月23日(木・祝)
            :おもしろ同人誌バザール4 配置:57 於ベルサール神保町 10月28日(土)
            :コミックマーケット93 (当落待ち)

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
        紙版:自家通販     紙版:ショップ委託(通販あり)
         

         電子書籍配信          電子書籍配信
         

    アーサー・C・クラーク、宇宙に還る 金木犀の宇宙的雑文21
     アーサー・C・クラーク氏、死去。

     SF界の巨人が、星の海へと還っていきました。

    「2001年宇宙の旅」作者、スリランカで死去

     [コロンボ 19日 ロイター] 小説「2001年宇宙の旅」で知られる英国人サイエンスフィクション(SF)作家アーサー・C・クラークさんが、スリランカで死去した。90歳だった。クラークさんの秘書が19日明らかにした。
     秘書によると、死因は心肺機能の不全。1917年に英国で生まれたクラークさんは、70年近くにわたるキャリアの中で80冊以上の著作と多くの短編小説や記事を執筆。1940年代には、2000年までに人類が月に到達すると予想していた。
     クラークさんは昨年12月、90歳の誕生日に友人向けの別れのメッセージを録音。その中で、生きているうちに地球外生命体が存在する証拠を見たかったと述べていた。

    3月19日8時36分配信 ロイター

     いつまでも生きていそうな気がしていたのですが、やはり人間でしたか。90歳ならば大往生ですが、残念な気持ちに変わりはありません。
     『2001年宇宙の旅』が大きく取り上げられていますが、それだけで済まされるような人物ではないでしょう。『(地球)幼年期の終わり』を外せないのは勿論ですが、『スリランカから世界を眺めて』、『宇宙文明論』など、ノンフィクションや科学エッセイなどでも名を成した方でした。(過去形なのが残念)
     『惑星へ飛ぶ』に至っては、日本語訳が出たのが1963(昭和38)年ですから、アポロ11号以前のこと。

     これでSF界の3大作家が、すべて鬼籍に入ってしまったわけですね・・・。(他はアイザック・アシモフとロバート・A・ハインライン)

     謹んでご冥福をお祈りいたします。 

    別窓 | 「金木犀の宇宙的雑文」シリーズ | コメント:2 | トラックバック:0 |
    <<この時を待っていた | 文系宇宙工学研究所 | 「きぼう」について>>
    この記事のコメント
    アーサー・C・クラークと言うと、『2001年宇宙の旅』等のSF作品を思い出しますが
    私の記憶違いでなければ、この方は静止衛星の概念を最初に発表していたと思います。

    もし静止衛星が無かった、又は考案するのが遅れていたら
    通信や放送のネットワークを構築するのに手間がかかっていたのでしょうね。
    2008-03-19 Wed 22:46 | URL | せいじん #/02qLiNA[ 内容変更]
    []
    >>せいじんさん
    静止衛星は、そうだったようですね。
    また、ツィオルコフスキーが理論を発表した軌道エレベータを有名にした功績もありますね。(『楽園の泉』だったかと思います)

    亡くなって、改めてその大きさに気づかされる方です。
    2008-03-19 Wed 23:46 | URL | 金木犀@管理人 #-[ 内容変更]
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析