文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:コミティア122 配置:K-56a 於東京ビッグサイト 11月23日(木・祝)
            :おもしろ同人誌バザール4 配置:57 於ベルサール神保町 10月28日(土)
            :コミックマーケット93 (当落待ち)

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
        紙版:自家通販     紙版:ショップ委託(通販あり)
         

         電子書籍配信          電子書籍配信
         

    プラネタリウム
    突然ですが、ワタシはよく、プラネタリウムに行きます。
    元々「星空まで室内に持ちこんじまえ」と、ドイツで始まったプロジェクトだそうですが、あれはいいですね。
    何てったって、東京じゃもう見られなくなった、満天の星空を味わえるのですよ。しかも時間を問わずに、です。
    最近じゃメガスターという個人制作のプラネタリウムもあって、天文ファンとしては嬉しい限り。こいつ、12等星まで、350万個の星を映し出すそうですよ。
    ちなみに、今日行ったプラネタリウムは五藤光学製でした。
    ツァイスもいいなあ。確か、ツァイスⅡ型プラネタリウムは、大阪府でまだ現役じゃなかったかなあ?
    (注:違いました)


    そんなプラネタリウムですが、やっぱり天然物の星空には敵わないのです……。
    ひんやりと肌をなぜる夜風、稲穂がさらさら鳴る音、夜露にぬれた草のにおい。これらは、プラネタリウムじゃ再現できません。むろん、それが煩わしい人にとっては、いいんでしょうけれど。
    公害も光害もなくなって、東京に夜空が戻ってこないかなあ。
    別窓 | プラネタリウム | コメント:0 | トラックバック:0 |
    <<宇宙へ……Return to Flight | 文系宇宙工学研究所 | 日本の固体ロケットは世界一ィィィィィィ!>>
    この記事のコメント
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析