文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:コミティア122 配置:K-56a 於東京ビッグサイト 11月23日(木・祝)
            :おもしろ同人誌バザール4 配置:57 於ベルサール神保町 10月28日(土)
            :コミックマーケット93 (当落待ち)

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
        紙版:自家通販     紙版:ショップ委託(通販あり)
         

         電子書籍配信          電子書籍配信
         

    ロケット見学案内記 今回の見所(H-IIA F14編)
    1.SSBの空中点火(発射10秒)
     おそらくSSB(細いロケットブースタ)を使うのは今回が最後。
     発車10秒後、発射台の2倍くらいの高さで、軽く噴射炎が波打ちます。それから一気に速度が上がり、ロケットは大空へ。
     参考をいくつか。
    対月面兵器かぐや(Youtube)
     1:47に点火の瞬間のアップがあります。
    H-IIA F9打上げ(撮影:金木犀)
     13秒くらいで噴射炎が軽く波打ちます。見学場所(恵美の湯)からだとこんな感じ。

    2.SRB/SSBの分離
     SRB(固体ロケットブースタ/太い方)はX+1分48秒(高度49km)、SSB(固体補助ブースタ/細い方)第1ペアの分離がX+1分49秒(50km)。空がよく晴れ、双眼鏡で追っていれば見えるかも知れません。
     SSB第2ペアはX+2分14秒(80km)なので、ちょっと厳しい。太陽の方向が良ければ、辛うじて高倍率の双眼鏡で確認できるくらいでしょうか。
     当日の日没は18時4分くらい。打上げは16時27~39分なので、日はわりと西に傾いているはず。ロケットは東=より早く暗くなる方向に飛んでいきますが、高度は上がる。理論的には日に照らされ、周りの空より明るくなるハズ。(日没1時間半前の空って、意外と明るいのですが。いっそ日没直前の方が見る側としては有り難いのですが(苦笑))

     両方とも注意しなければならないのは、高度が上がると大気圧が低くなり、噴射煙が広がるということ。色は薄くなりますし、風向き・見る方向によってはロケットを隠してしまうことも考えられます。
     更に、SRB/SSBが共に燃え尽きてしまうと、あとは水蒸気を噴射するメインエンジンだけになるので、視認追跡は難しくなります。

     SRB-A(改良型)が更なる改良を遂げ、A3(だったっけ?)になりました。推力が向上し、ちょっとだけペイロード積載量が上がったとか。
     同じく、2段目エンジンのLE-5Bも、LE-5B2になってます。振動を押さえたタイプで、衛星に優しくなりました。

     見学案内PDF、配布中。
    http://www5.atpages.jp/rocketmania/annai_tane.pdf

     コミティアに行って来ました。やる気が出ます。5月のティアには出たいところ。
     今朝も雪でした。この冬4回目か5回目。どうなってるんだろう・・・昔に戻ってるだけかなあ。だとしたらいいのだけれど。
     現在種子島用撮影機材選定中。OM-10、OM-1N、ZUIKO28mm/F2.8、TEFNON75-300mm/F5.6、SIGMA35-70mm/F3.5、KENKO Macro TELEPLUS MC7(X2テレコン)、フィルムはDNPセンチュリア200(打上げ撮影用)とフジVenus400(打上げ撮影/風景撮影用)、同800(機体移動撮影用)を予定。三脚を加えると、ああら大荷物。
     着替えを考えると、荷物、どうやって纏めようかなあ。

    別窓 | ロケット見学案内 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    <<H-IIA 14号機 打上延期 | 文系宇宙工学研究所 | ロケット見学案内記PDF 作ってみました>>
    この記事のコメント
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析