文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:コミティア122 配置:K-56a 於東京ビッグサイト 11月23日(木・祝)
            :おもしろ同人誌バザール4 配置:57 於ベルサール神保町 10月28日(土)
            :コミックマーケット93 (当落待ち)

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
        紙版:自家通販     紙版:ショップ委託(通販あり)
         

         電子書籍配信          電子書籍配信
         

    GX計画縮小へ

     「かぐや」、定常運用に移行。一安心です。
    月周回衛星「かぐや(SELENE)」の定常運用への移行について(JAXA)
     XRS、CPSは早く解決法が見つかりますように。

    中型ロケット「GX」計画、文科省が見直し検討
     ヨミウリオンラインのニュースより。開発絶賛遅延中のGXロケットですが、どうやら計画縮小となりそうな予感です。以下、流れるのを予想して全文転載します。

     日本が初めての官民共同開発ロケットとして、2011年度打ち上げを予定している中型ロケット「GX」計画について、文部科学省が見直しに乗り出したことがわかった。

     民間が米国から購入するエンジンが、米国側の都合で製造中止となり、別のエンジンに変更、大幅な追加費用が生じることなどが判明したため。民間が費用を負担するのは難しいと見られることから、同省は国が開発主体となる新中型ロケット開発計画に変更することなどを検討しているが、計画がさらに遅れるのは必至で、日本の宇宙開発政策に大きな影響を与えそうだ。

     GXは2003年から計画が始まり、当初は05年の打ち上げ予定だったが、官が担当するエンジンの開発が、燃焼試験のトラブルなどで進まず、打ち上げが当初の予定より6年遅れていた。民間のエンジン変更でロケット全体の見直しなどが必要になり、さらに約450億円の追加費用がかかる見通し。来年度予算で同省はGXに約150億円を要求したが、56億円しか認められず、すでに現行計画のままでの続行は厳しい情勢になっている。

     国内には大型ロケット「H2A」がある。今後、国の衛星は中型衛星が多くなることや、世界の商用衛星打ち上げ需要に柔軟に対応するために、H2Aの半分程度の打ち上げ能力の中型ロケットの必要性が高まっている。GXがその役を担うと目されていた。

     民間側はエンジン購入などで既に約500億円を投じており、「官側の遅れを待っている間に費用負担がかさんだ」と官側の対応の遅れを批判。自民党は、情報収集衛星打ち上げ用ロケットとして期待しており、国の負担を追加しても、現行計画を続行するよう求めている。

     同省では国産技術を中心にした中型ロケットに計画を見直すことなどを視野に、同省宇宙開発委員会で、〈1〉中型ロケットの需要や開発意義〈2〉新ロケットに切り替える場合の費用や打ち上げ時期〈3〉現計画の費用節減策――などを検討するが、官民の綱引きで議論は紛糾しそうだ。

     GXは官民合わせて約450億円の計画として始まったが、これまでに官側は約290億円を投入。民間の分と合わせると予算は大幅に超過している。

    (2007年12月23日3時1分 読売新聞)

     ・・・ところで、「国産技術を中心にした中型ロケット」ってなんですか? まだ続行する気ですか? LNGが未来技術というのは理解していますが、足下固めるのが先決なのでは?
     ついでに、「エンジン購入」ってなんですか? あ、「国産技術を『中心にした」」ロケットだから技術導入はOKか。

    >>GXに約150億円を要求したが、56億円しか認められず
     JAXAは慢性的に予算が足りていない状態らしいので、重点配分したらこうなるでしょう。付いただけマシ、でしょうか。
     削った分を「はやぶさ2」に下さい。

    >>官民の綱引きで議論は紛糾しそうだ。
     予算超過甚だしいプロジェクト、民間なら普通中止ですよね。
     JAXAさん、17年度の独行法評価でFとなった時点でいろいろ気づいて下さい。LUNAR-Aの教訓を忘れる事なかれ。
     「官」のお金は税金です。

     同じくヨミウリオンラインより。
    全身傷だらけの小惑星探査機 がんばれ!!「はやぶさ」

     全身傷だらけ、気を失い迷子になりながらも、遠い星で拾った砂を届けるため、7年がかりで地球を目指す――。宇宙航空研究開発機構の小惑星探査機「はやぶさ」を、宇宙を冒険する少年に見立てたビデオ映像や絵本がインターネット上で人気を集めている。ファンが多くの応援サイトを作り、幾多の危機をくぐり抜け帰途に就くはやぶさへの共感を語る。掲示板には、帰還後に大気圏で燃え尽きる運命から「何とか救えないか」といった願いも多く寄せられている。
    (中略)
     最新技術を集めた探査機だが、七転八倒しながら地球を目指す“人間くささ”に、ネット上で応援の輪が広がった。宇宙機構はこの秋、少年に見立てたはやぶさの旅をジャズに乗せて淡々と映像化したビデオ「祈り」や、絵本「はやぶさ君の冒険日誌」をホームページ(http://www.jaxa.jp/)に掲載。これまでに4万件以上のアクセスがあり、「胸が熱くなった」など大きな反響が寄せられている。

     応援サイトも急増。「きっとたどり着ける。NASA(米航空宇宙局)もたどり着けなかったゴールに。がんばれ」など無事帰還を祈るメッセージや、「本体回収プロジェクトを立ち上げて」「スペースシャトルで回収してほしい」と宇宙機構へのお願いの声も。「帰って来てくれるだけでうれしい。カプセルに星くずなんて入ってなくてもいい。きっと夢が入っているから」との書き込みもあった。
    (後略)

     どこかで見たような聞いたような話です。おそらく「はやぶさまとめ」さんや【宇宙】地球帰還中の「はやぶさ」、3つ目のイオンエンジンが無事点火スレやこのへんがネタ元でしょうか。

     文系宇宙工学研究所と金木犀は、「はやぶさ」及び「はやぶさ2」「はやぶさMk2」を応援しています。
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:2 | トラックバック:0 |
    <<準備完了 | 文系宇宙工学研究所 | 月が綺麗です 金木犀の宇宙的雑文19>>
    この記事のコメント
    []
    こんばんは、うーぱーです。
    私も、よ~やくかよ、と思ってこのニュースを見た一人です。

    さて、「エンジン購入」の件ですが、GXはもともとロッキード・マーティンのアトラスIIIの1段目をほぼ丸ごと買って1段目にする予定でした。(ちなみにその第1段に使うエンジンはロシア設計のRD-180 ケロシン・液酸エンジンです) おそらくこのことを言ってるんでは。
     言葉足らずな記事ですが、まあ日刊紙は特集記事でもないかぎりそこまで調べて科学記事は書かないようですから……
    2007-12-26 Wed 23:55 | URL | うーぱー #XZ039GEA[ 内容変更]
    []
    >うーぱーさん
    毎度お世話になっております。
    情報ありがとうございます。なるほど、RD-180でしたか。さすがにロシアは売ってくれないでしょうねぇ。
    よく調べずに記事を書いてしまったので、補足して下さって助かりました。

    本当、ようやくですね。
    2007-12-28 Fri 01:11 | URL | 金木犀@管理人 #NrBA8kAs[ 内容変更]
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析