文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:コミティア122 配置:K-56a 於東京ビッグサイト 11月23日(木・祝)
            :おもしろ同人誌バザール4 配置:57 於ベルサール神保町 10月28日(土)
            :コミックマーケット93 (当落待ち)

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
        紙版:自家通販     紙版:ショップ委託(通販あり)
         

         電子書籍配信          電子書籍配信
         

    ロケットまつり20
     本日ロフトプラスワンで開催。
    SANY0034.jpg   SANY0033.jpg

     ロケットまつりの本「昭和のロケット屋さん」(エクスナレッジ 1980円)も無事発売です。先行販売分には主催3人と林さん・垣見さんのサイン入りです。
    SANY0041.jpg
     今回の登壇者は笹本さん(お久しぶり!)、松浦さん、あさりさん、林さん・垣見さん・永岡さん。メインとなった話は、宇宙研ロケットの燃料開発。永岡さんは燃料の専門家。話は脱線しつつもヒートアップ。ダブルベースからポリブタジエンに行くまでにはずいぶんの紆余曲折(技術開発)があったとのこと。

     内之浦の開所式で飛ばしたロケット「OT-75」は、実は公式な打上記録に残っていない謎の機体だったようです。それどころかこのロケット自体の出自もアヤシゲ。(ISASニュースNo.217糸川英夫追悼号(1999.4)には「OT-75」の名前が記載されています)
     OTとはOperation Testのことだろうか、と笹本さんが推測していました。どこからともなく出てきた資料によれば「内之浦で打上げるために必要な手順を確認する云々」という理由で打ち上げたらしいです。
     私の調べられる範囲では2号機が打上げられたという情報は見つかりませんでした。
     やはり景気づけの花火だったのでしょう。

     タイトルロゴ変えてみました。
     背景画像はハッブル宇宙望遠鏡の観測画像です。
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:1 | トラックバック:0 |
    <<「かぐや」打上見学記 見本 | 文系宇宙工学研究所 | 頑張れ僕らのはやぶさ2>>
    この記事のコメント
    私は、肝付町教育委員会生涯学習課に勤務している内之浦出身のものです。
     USCの1番機OT-75-1のことを知りたいのですが、よくわからないですねー

    2009-04-10 Fri 11:49 | URL | 渡會 実 #-[ 内容変更]
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析