文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:コミックマーケット92於東京ビッグサイト 8月12日(土・2日目)東ペ-56a 

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
        紙版:自家通販     紙版:ショップ委託(通販あり)
         

         電子書籍配信          電子書籍配信
         

    H‐IIA F13延期
     速報。8/16に予定されていましたH-IIA 13号機による月周回探査衛星「かぐや」打ち上げが延期になりました。

    かぐや(SELENE)の打上げ延期について(JAXA)

     いつになるかは未定ですが、一部報道(確認した限りでは朝日新聞)では9月中になる見通しとも言っています。

    (理由)
     他衛星(超高速インターネット衛星WINDS)の地上試験を進めている中で、コンデンサの極性が逆に取り付けられていることが発見された。
     このため、「かぐや」(SELENE)において同様の問題がないか調査を行ったところ、子衛星に使用しているコンデンサの2個で同様の問題があることが判明したため、当該部品の交換を行うこととした。

     専門外ですから断定できませんが、これって初歩の初歩じゃないのかなあ。
     子衛星でまだマシだったかな。
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:6 | トラックバック:0 |
    <<相模原キャンパス一般公開 | 文系宇宙工学研究所 | ロケット紀行vol.5紹介>>
    この記事のコメント
    ぼくも回路設計したり基板作ったりしますが、コンデンサの逆接なんて、ふつうあり得ない!とおもうんですよ.
    耐圧以下であれば、壊れたりすることはないでしょうけれど、コンデンサ入れている意味無し、になっちゃうし.
    ぼくみたいな、アマチュアに毛が生えた程度のハード屋でもしないミスをしちゃうなんて、いったいどうなっているの?と、宇宙機開発の将来に不安を覚えましたね.
    2007-07-22 Sun 02:46 | URL | いわさきおさむ #-[ 内容変更]
    []
    >いわさきおさむさん
    パートタイマーが半田付けしているという話も聞きます。
    職人芸の時代は過去になってしまったんでしょうか。
    2007-07-22 Sun 10:46 | URL | 金木犀@管理人 #NrBA8kAs[ 内容変更]
    []
    たしか、以前は、ハンダ付けの技能試験があって、それをパスした人しか、FMのハンダ付けは出来なかったはずです.
    変わっちゃったんですかねえ.
    2007-07-22 Sun 11:29 | URL | いわさきおさむ #-[ 内容変更]
    んー、私としては、コンデンサの逆付けが行われた事実よりも、それが初期段階で発見されなかった、確認体制のほうが問題だと思いますね。

    地上試験が行われるまで気が付かなかったということは、半田付けをした後に、基盤もしくは要素部品単位での実装確認のダブル(あるいはトリプル)チェックをしていなかったと言うことですよね。

    逆付けは小さなチップコンデンサならやりそうな気がします。それはもはや技術の問題ではないので、そういう障害は「発生するのが前提」で通常は作成した人と違う人が確認をする訳なんですけど、それが行われていないか、そこでも見落としたかということです。

    衛生の半田付けとかってある程度熟練した人が行うことが多いのでしょうから、あまり実装時のミスは発生しないのかもしれませんが、ミスが無いのを前提に端折って良いかどうかは別問題なわけです。

    作業結果の確認ってのは見た目は一番デッドコストにみえますけど、だからといってケチって良い部分でない「というのが現場の常識」なんですが、コストダウンを叫ぶ部署からは「最初にケチる部分」の候補の一つに見えるようなんですよね・・
    2007-08-01 Wed 00:25 | URL | 鳥坂 #-[ 内容変更]
    >鳥坂さん
    そう言う視点は考えていませんでした。そうですね、チェック体制があるor正常に機能していれば、組み込む前に発見できますね。
    ヒューマンエラーはあるものとしてシステム組むのは、開発系ではあってしかるべきですね。
    「現場と上層部の意識のズレ」どこかで聞いたことのある、なんだか泣けてくる話です。
    2007-08-01 Wed 21:59 | URL | 金木犀@管理人 #NrBA8kAs[ 内容変更]
    宇宙作家クラブのBBS、14日付の投稿で、

    ------
    製造時のチェックは、…中略… 製造後に人間の取り付け間違いがないか図面と照合するチェックを必ず行っていたそうである。しかし旧NASDAではそういった確認は無く、仕様書通りに作られたものは正しいという事でそのまま通って …以下略
    ------

    はからずも予想が当たってしまった訳ですが… これって、NASDAでは、企業外注が中心なのと大規模だったので、NASDA自身は確認をしていない。って意味だと思うんですよね。

    これ自体はまあ、構わないんですが、納入前のチェックで引っかからなかった=製造側にチェックを行わさせていない。(あるいはその予算がだされていない?)という点がどうもなぁ。って感じですね。
    2007-09-26 Wed 04:30 | URL | 鳥坂 #-[ 内容変更]
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析