文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:コミックマーケット92於東京ビッグサイト 8月12日(土・2日目)東ペ-56a 

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
        紙版:自家通販     紙版:ショップ委託(通販あり)
         

         電子書籍配信          電子書籍配信
         

    OM-1Nがやってきた!
     先日ネットオークションにて購入したOM-1Nが到着しました。
     シルバーボディ、外装スレ、アクセサリシュー少キズ有りで、相場よりは安かったかなと。

    OM-1N本体   ファインダー
     セルフタイマーは問題なく作動、モルトは要張り替え。ファインダーとプリズムは腐食の形跡無く、驚くほど綺麗。(接眼部のホコリが映り込んでいますね^^;)
     シャッタースピードと露出はさすがに機材がないと調べられないので、かねてより点検に出したかったOM-10ともども、小川町のオリンパスSSに持ち込んでチェックしてもらいました。
     結果、シャッタースピードは全速とも問題なし、露出計は半段~1段低めとのこと。

     これ、もしかしたら当たり機じゃないか?

     テストとしてポジを一本撮ったので、明日現像してきます。さぁて、どの露出で決まってるかなあ。
     ちゃんと映っていればメイン機にする予定。


     一緒に持ち込んだOM-10は、1/500以上の高速シャッターが切れていないとのこと。どうやら基盤がヘタってきているらしいです。そろそろ発売30年になる電子制御の機体ですから、ある意味限界なのでしょう。とはいえ、晴天下に絞り解放でボケを活かして近接マクロ、などという撮り方をしなければ、まだまだ現役で通用します。
     そして、星を撮る分には何にも問題ありません。これからはサブ機として使おう。
    OLYMPUS OM-10

     これでOMが2台になりました。当分はクラシックカメラ道を歩むことになりそうです。
     早く晴れないかな。


     OM-10を発掘したのがこの2月。それ以来、ランニングコストが凄いことに。
     ネガ24枚撮りだとして、フィルム代+現像代+プリント代で1本\1,500ですよ。デジカメと比べると……ねえ?(苦笑
    別窓 | カメラ・写真 | コメント:0 | トラックバック:1 |
    <<JAXAクラブOPEN! | 文系宇宙工学研究所 | いまさらWindows Vistaの感想>>
    この記事のコメント
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    マンドレイク大佐殿(右下にいるネコ型のナマモノ)には少々黙って頂きました。大分放置してたけど、久しぶりにいぢめると面白いかも。発言が575になったのでタイトルに採用したけれど、著しく意味不明。こないだの徹夜カラオケの事なのか? 参加してないけどさ。 …
    2007-07-30 Mon 23:46 Wing Attack Command R !!
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析