文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:コミックマーケット92於東京ビッグサイト 8月12日(土・2日目)東ペ-56a 

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
        紙版:自家通販     紙版:ショップ委託(通販あり)
         

         電子書籍配信          電子書籍配信
         

    アナクロニズムな日
     80年代アニメの主題歌を聴いて、奇想天外社の本を読んでたら一日が終わってしまいました。この出版社、文庫の発刊の辞がなかなかいかしてます。これも時代だなあ。

     学生は教室から逃げ出すことを自ら欲し、OLはところかまわず愛されることを自ら望む。かくてサラリーマンは上司をヨイショするために極めて狭い社屋に閉鎖されることになった。今や欲求不満の独占より心の安らぎを奪い返すことは、つねに躁鬱的なる民衆の切実なる要求である。奇想天外文庫はこの要求に応じ励まされて生まれた。それはセンスある不朽の笑いを多数の石頭より解放し、店頭にくまなく散乱せしめ、民衆を歓喜せしめるであろう。
     近時大量の便所の落書的笑いの流行を見る。その痴呆的狂態はしばらくおくも、読者をして憐憫脅迫的に笑いを強うるがごとき、はたして真の戯作的戯れなりや。我々は神様的お客様の声に和してこれを賞賛するに躊躇するものである。このときにあたって、奇想天外社の責務いよいよ重大なるを思い、すでに数十年以前より志してきた、否、たった今思いついた計画をこの際断然焼糞で実行する。真の笑いを愛しナンセンスのセンスを求むる志の自ら進んで書店に参上し、勿論立読み万引などせず、金銭を払って買い求められることは我々の熱望するところである。この涙ぐましき志を諒として、当社の業績向上達成、家内安全のため世の篤志とのうるわしき連帯を、切に切に期待する。

       昭和51年3月    奇想天外社

     こんなことしていたら、不意にダーティペア(旧)とエスパー魔美が見たくなってきました。来週、ビデオ屋に探しに行こう。
    別窓 | 雑文 | コメント:1 | トラックバック:0 |
    <<調布巡礼 | 文系宇宙工学研究所 | 入稿! 入稿!>>
    この記事のコメント
    どこまでマジなんだか計りかねる、喰えない奇天烈文章って、何だか7、80年代の匂いがする。
    妙な笑いのツボをプッシュされて、ニヤニヤします。
    2007-04-27 Fri 08:08 | URL | nisyi #.43Lztws[ 内容変更]
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析