文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:コミティア122 配置:K-56a 於東京ビッグサイト 11月23日(木・祝)
            :おもしろ同人誌バザール4 配置:57 於ベルサール神保町 10月28日(土)
            :コミックマーケット93 (当落待ち)

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
        紙版:自家通販     紙版:ショップ委託(通販あり)
         

         電子書籍配信          電子書籍配信
         

    表紙決定稿
     紆余曲折しましたが、表紙ができました。
     明日のバイト後に入稿してきます。
    表紙

     さ、後は本文だ。あと10日間、ギリギリまで粘りますよ。

     そういえば、竹宮惠子の「地球(テラ)へ・・・」が再アニメ化だそうですね。第1回を見ましたが、わりといい出来なんじゃないかな。
     この辺の時代のSF少女漫画ファンは、竹宮派と萩尾派に分かれるそうなのですが、私はどちらも好きです。竹宮惠子なら「私を月まで連れてって」、萩尾望都(これが本名だと知ったときにはびっくりしました)なら「銀の三角」が一番。
     しかして一番好きなSF少女漫画は、清水玲子「ジャック&エレナシリーズ」の中の「ミルキーウェイ」なのです。けれど、同シリーズの「竜の眠る星」も捨てがたいです。

     「ロケットガール」は、第7話にしてついに作画崩壊です。アップは綺麗ですが、引き絵がちょっと・・・。まだ見られるレベルですが、せっかくの山崎宇宙飛行士ゲスト出演がこれなのは残念。
    別窓 | 同人 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    <<表紙入稿しました | 文系宇宙工学研究所 | ロケット紀行vol.4 表紙暫定版>>
    この記事のコメント
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析