文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:コミティア122 配置:K-56a 於東京ビッグサイト 11月23日(木・祝)
            :おもしろ同人誌バザール4 配置:57 於ベルサール神保町 10月28日(土)
            :コミックマーケット93 (当落待ち)

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
        紙版:自家通販     紙版:ショップ委託(通販あり)
         

         電子書籍配信          電子書籍配信
         

    金木犀の宇宙的雑文10 ドームの星空
     久々にプラネタリウムに行ってきました。いつもの世田谷区立図書館付属のところです。相変わらずの生解説がとてもいい雰囲気。
     前半にその月の星空解説、後半が番組投影というのがお決まりの投影プログラムです。その星空解説内ではっとさせられる場面がありました。東京の市街地の夜空で冬の大三角が見えるかというのをプラネタリウムでシミュレートしたのですが、街の灯りと空気の汚れを加味すると、見る間に視認できる星の数が減っていき、空が明るくなります。最終的には、私の目で2等星が視認できるかギリギリでした。
     実際の夜空では、条件の悪い日だとオリオンの三つ星が見えないことがあります。ただでさえ光害がひどいところに、空気の汚れが重なると光がメチャクチャに乱反射して、夜中なのに空が光って見えることすらあるのです。

     なんにもなくて不便だけれど、こういうときは実家が恋しくなってきます。
     浜辺に出て東京の方を眺めると、光のドームがかかったように見えます。

     ああ、早く帰省して、好きなだけ星を眺めたいなあ。

     2/11は、「おおすみ」の打ち上げ日でした。

     文系宇宙工学研究所は、
    はやぶさ2を実現させよう勝手にキャンペーン
    セレーネ「月に願いを」キャンペーン
    を応援しています!
    別窓 | 「金木犀の宇宙的雑文」シリーズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
    <<衛星破壊、中国側のコメント | 文系宇宙工学研究所 | 昨日の補足>>
    この記事のコメント
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析