文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:コミティア122 配置:K-56a 於東京ビッグサイト 11月23日(木・祝)
            :おもしろ同人誌バザール4 配置:57 於ベルサール神保町 10月28日(土)
            :コミックマーケット93 (当落待ち)

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
        紙版:自家通販     紙版:ショップ委託(通販あり)
         

         電子書籍配信          電子書籍配信
         

    昨日の補足
     ロケットまつりの内容について、さらりと。
     ゲストは3名、分野は違いますが皆さん理学系の方。誰がいたかはここをどうぞ。
     前半は、着陸時の運用チームの様子などが聞けて楽しかったのですが、後半、イトカワの特性や観測結果についての段になると、とたんに専門用語が飛び交う世界に。ちょっとついて行けません。それでも、搭載された観測機器の目的と観測方法および特性、イトカワの生成プロセスについては二つの説があるということと、イトカワの軌道進化には木星軌道との共鳴が重要であるということまでは理解しました。
     リアクションホイール2基の故障は、工学では「予測の範囲内です」ということだったが、理学では「いくつか観測できなくなった項目がありました」とのことで、高度な姿勢制御が要求される観測項目はオシャカになってしまったようです。

     H-IIA F12の打ち上げ日は、15日の12:00~15:00(日本標準時)です。12号機のペイロードは情報収集衛星(IGS)のレーダ2号機および光学3号機実証衛星です。
     中継はおそらくないでしょう。明日あたり、種子島ライブカメラを確認するとしましょう。ロケットまつりの際に伺ったところによれば、松浦さんは取材に行かれるそうです。
    宇宙作家クラブ掲示板(2/12の時点では、12号機に関する書き込みはありません)

     先日、「宇宙のコロンブス」という本を買いました。1956年に出版された、世界及び日本の宇宙開発の展望を述べた本です。読売新聞に連載された記事に加筆訂正してまとめたもののようです。試料として「観測ロケットと人工衛星」、「日本のロケット」がつき、これがIGS(国際地球観測年)をにらんでの出版だったことが見て取れます。
     興味深いのは、「日本のロケット」内には、幻となった「シグマ」ロケットについての記述と、「カッパ」ロケットはまだ開発中である旨の記述が見られることです。出版は1956年6月ですので・・・確かに、K-1型が打ち上がってるかどうかギリギリのところです。スプートニクもまだありません。その時期に、日本にこうした本があった事に、正直とても驚きました。
     太平洋を25分で横断するという「超音速ロケット旅客機計画」についての記述が見られるのはご愛敬。<この時点で察しのいい方はネタが分かるかも
    表紙
     人工衛星打ち上げから有人月探査と続き、最後は有人火星探査について述べて終わります。

    月ロケット
     船出する月ロケット船隊。当時の人が想像した月ロケットは、こんな形です。衛星軌道上で組み立てて月に向かうことになっていました。燃料タンクはナイロンの二重構造で、外殻と内殻の間には生ゴムを詰めるとあります。人が乗る船体部分は球形の二重構造、外側を金属、内側をプラスチックで作り、間にはゴムを詰める。本文では「魔法ビンの仕掛け」と記されています。片道4日と20時間と計算されていました。

     ちょっと、目次を載せてみましょう。

     目次

     序文
     とくに大人のためのまえがき

     宇宙旅行の空中ステーション──人の住める人工衛星ができ上がるまで
     とどろく万雷、炎の滝──想像されるロケット出航の光景
     秒速二千メートル──八割以上燃料、カラ捨てて飛ぶ
     ”人工衛星軌道”に達す──高度一七三〇キロ、秒速七〇七〇メートル
     二時間で地球一回り──南極と北極の線をぐるぐる
     太陽熱が動力源──春夏秋冬で異なる軌道
     虚空で”宇宙船”組立て──人間は逆立ち、横転、自由自在
     回転させて地上の感じ──人工衛星、不安定感へらす
     月へのロケット──四四〇〇トン、高さ五三メートル
     月世界へ出発──一秒間違えても失敗
     四日と二〇時間──目指す着陸点は”ニジの入江”
     乗員室は魔法ビン式──呼吸用酸素も食糧も二十四日分
     着陸前に宙返り──月との激突をさける
     月世界へあと四分──ふき出す炎のブレーキ
     ゆっくり垂直に着陸──ドリルで岩に穴、転覆を防ぐ
     月の世界へ第一歩──新聞も読める地球の光
     燃える地球のコロナ──ことしは5月24日に見える
     火星への遠征準備──往復と滞在に二年七ヶ月
     楕円軌道にのる──月よりもむずかしい計算
     火星に人工衛星──着陸まで偵察一ヵ月
     着陸は氷雲の北極へ──切離されるグライダー・ロケット
     ふたたび空気の世界へ──青空を滑る赤熱のグライダー
     武装して火星に着陸──赤道付近、砂アラシ吹くサバク
     まず基地作り──グライダーの翼をといて
     局地の秘密──戦車の調査隊出発
     火星と通信──モシモシとハイハイに二十六分
     ロケット、地球に帰る──出発の日から九六九日目
     地球が一番住みよい──この偉大で、愚かしき人間よ

     ロケット研究・世界の現状
     観測ロケットと人工衛星
     日本のロケット
     各国の宇宙旅行境界

     あとがき




     最後に、極めつき。
    クレジット
     はい、そういうことです。なお、序文は糸川教授が書いています。改めて、教授の先見の明に感服しました。
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    <<金木犀の宇宙的雑文10 ドームの星空 | 文系宇宙工学研究所 | ロケットまつりに行ってきました>>
    この記事のコメント
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析