文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:コミックマーケット92於東京ビッグサイト 8月12日(土・2日目)東ペ-56a 

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
        紙版:自家通販     紙版:ショップ委託(通販あり)
         

         電子書籍配信          電子書籍配信
         

    今日のお天気は?
     とは言いましても、地上の事ではありません。
    宇宙天気情報センター(NICT)
     太陽活動の現況と、地球周辺の磁場や太陽風の状況を観測・予報しています。ESAとNASAが共同で運用している、SOHO衛星によるデータを使っているようです。
     ここの「リアルタイム宇宙天気シミュレータ」内の動画データが面白い。太陽風に吹かれて刻一刻と変化していく地球磁気圏の様子が、一日ごとに見られます。
     凄いです。うねうね動いています。太陽系は生きてるんですね。フレアの届いた日とそれ以外の日を比較してみると、磁場が乱されているのがよくわかります。電波が飛ばないわけが視覚的に分かって大納得でした。

    世界に無神経さを示した中国の衛星破壊
     先日の一件を、松浦晋也さんが記事にしました。繰り返しになりますが、これほど大規模なケスラー・シンドローム(軌道上構造物の連鎖的な破壊)もどきをこの目で見る日が、まさかやってこようとは。おそらく予想していなかった国際社会からの非難を受け、あの国の上層部は火消しに必死なんでしょうね。
     他の衛星もそうですが、ISSにぶつかってしまったりしたら、本物のケスラー・シンドロームが発生するのは必至。それこそ宇宙への道が閉ざされかねませんよ。

     文系宇宙工学研究所は、
    はやぶさ2を実現させよう勝手にキャンペーン
    セレーネ「月に願いを」キャンペーン
    を応援しています!
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    <<夏コミ申し込みました | 文系宇宙工学研究所 | きく8号(ETS-VIII)、通信系のトラブル発生>>
    この記事のコメント
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析