文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:コミックマーケット92於東京ビッグサイト 8月12日(土・2日目)東ペ-56a 

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
        紙版:自家通販     紙版:ショップ委託(通販あり)
         

         電子書籍配信          電子書籍配信
         

    JAXAのHP、リニューアル。そして中国宇宙開発が・・・
     JAXAホームページが全面リニューアルしてました。行ってみたらなんだか真っ白になっていて、一瞬「あれ? 間違えたかな」と思わせるくらいでした。
     コンテンツもすっきりと整理されて、ずいぶん使いやすくなったと思います。広報がやっと前面に出てきましたね。いいことです。

    中国の衛星破片、軌道にびっしり…人工衛星などに脅威(読売新聞)
     記事を一部転載します。

     中国の弾道ミサイルによる衛星破壊実験で発生した約10センチ以上の破片(デブリ)が地球の上空を大量に取り巻き、国際宇宙ステーション(ISS)や人工衛星が危険な状態にさらされていることが米民間分析機関によるコンピューター画像の分析で明らかになった。

     雲のような無数のデブリが北極から南極の上空を通る軌道をびっしりと埋めており、赤道に対して約50度傾いて地球を回るISSが、南半球の上空でデブリ帯を通過することがわかった。

     分析したのは世界の宇宙機関や軍事専門家らに衛星解析データを提供する「CSSI」のトーマス・ケルソ博士。北米航空宇宙防衛司令部が正確に把握した大きさ10センチ以上と見られる517個のデブリの軌道データなどをもとに、日本時間先月12日の破壊から14時間の動きを追跡した。

     破壊された衛星は高度約850キロにあったが、デブリの一部は破壊の衝撃で軌道を外れ、高度200~3500キロの範囲にまで散らばった。追跡できていない10センチより小さなデブリは、さらに数千個はあると見られている。


     なんというか・・・「プラネテス」(幸村誠・講談社)の世界が現実になってしまったんですね。ケスラー・シンドロームとか、考えるだに恐ろしい。

    破片のイメージ図

     破片のイメージ図。全球を覆っているのがよく分かります。
     作成元は、おそらく分析を担当したCSSIだと思います。
     そういえば、中国って宇宙条約批准してましたっけ?


    以下、全面転載。
     元記事は
    「きぼう」日本実験棟の打上げ時(STS-123 1J/A)にスペースシャトルに搭乗する宇宙飛行士の決定についてJAXA
    です。

    きぼう」日本実験棟の打上げ時(STS-123 1J/A)にスペースシャトルに搭乗する宇宙飛行士の決定について
    平成19年1月30日
    宇宙航空研究開発機構


     米国航空宇宙局(NASA)は、「きぼう」日本実験棟(JEM)を打ち上げる1便目(STS-123 1J/A)のスペースシャトルに搭乗する宇宙飛行士を、下記のとおり発表しましたのでお知らせいたします。
     国際宇宙ステーション(ISS)計画において、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発している「きぼう」は、スペースシャトルで3回に分けて打ち上げられることになっており、1便目では、船内保管室を打ち上げ、ISSに取り付けます。また、カナダ特殊目的ロボットアームの輸送及び取付けも行います。
     同便には、すでに土井宇宙飛行士が搭乗することが決定しており、山崎宇宙飛行士も、クルーサポートアストロノート(搭乗者支援宇宙飛行士)として地上から支援することになっています。

    搭乗員:
    コマンダー ドミニク・L・ゴーリ
    パイロット グレゴリー・H・ジョンソン
    MS リチャード・M・リネハン
    MS ロバート・L・ベンケン
    MS マイケル・J・フォアマン
    MS 土井 隆雄(どい たかお)


     以下は参考リンク。
    NASA Assigns Crew for Japanese Lab and Canadian Robotics MissionNASA・すべて英語)
    「きぼう」ミッション正式発表(sorae.jp)

     なお、STS-123は、今年末から来年頭(2007/12~2008/1)くらいに予定されています。
     そこのアナタ、MSは「ミッション・スペシャリスト」ですよ(笑

     本日、卒論面接。無事に終わってほっとしています。何とか卒業できそうです!
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:4 | トラックバック:0 |
    <<きく8号(ETS-VIII)、通信系のトラブル発生 | 文系宇宙工学研究所 | Freemail、サービス終了>>
    この記事のコメント
    []
    破壊した衛星の軌道は極軌道なんですよね。
    今回発生したデブリとISSの軌道の交差についてわかるページが
    ありました。
    http://celestrak.com/events/asat.asp
    下のほうに動画もありますので、みると。 迷惑さがわかります。

    デブリが一番多い領域は800kmから1000kmの当たりと言われており、800kmですと30年オーダーなんですかねぇ
    2007-02-02 Fri 00:42 | URL | きみ@ #-[ 内容変更]
    []
    卒論面接お疲れ様です。

    JAXAページ、リニューアルしてもM-Vが「運用中」ロケットとして載ってる・・・続けてくれるの?(ぉ
    2007-02-02 Fri 13:31 | URL | phoenix #mQop/nM.[ 内容変更]
    []
    >きみさん
    リンク先のサイトと動画見てみましたが・・・言葉もありません。
    熟慮した結果の行動だったんでしょうか? その辺、大いに疑問です。国益ゼロですからねえ。

    >phoenixさん
    本当だ。しかも「開発中」の項目の所に次期固体が入っていませんよ。
    どういうことでしょう(笑
    2007-02-02 Fri 23:30 | URL | 金木犀@管理人 #NrBA8kAs[ 内容変更]
    [---]
    このコメントは管理人により削除されました
    2007-02-19 Mon 02:28 | URL | 金木犀@管理人 #NrBA8kAs[ 内容変更]
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析