文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:コミックマーケット92於東京ビッグサイト 8月12日(土・2日目)東ペ-56a 

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
        紙版:自家通販     紙版:ショップ委託(通販あり)
         

         電子書籍配信          電子書籍配信
         

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    別窓 | スポンサー広告 |
    LUNAR-A、ついに開発中止か?
     公式コメントはまだ出ていませんが、LUNAR-Aの中止が決まりそうです。

    LUNAR-Aミッションホームページ(公式サイト)

    時事通信の記事
    毎日新聞の記事

     15日、宇宙開発委員会の推進部会に中止の方針を伝えたとのこと。ペネトレータは別の衛星に載せる方向で、衛星バスは新型ロケットの試験機のペイロードなど、別途活用を図る方向で検討される模様。

     そうか、ついにきたか。
     LUNAR-Aが飛ぶ予定だった10年前ならいざ知らず、アメリカが「再び月へ」と言い始めてしまったから、今更打ち上げても相当厳しい戦い。じゃあSELENEはとなるわけですが・・・その辺突っ込むとキリが無くなるんでここまで。
     一つだけ言っておきましょう。計画どおり打ち上がってたら、アメリカにずいぶん恩を売れたはず。

     探査法が違うとはいえ、SELENEの打ち上げも決まり、M-Vはもうない。改修に手間もお金もかかるけれど、衛星バスは時代遅れ・・・。ISASがどうかはいざ知らず、JAXA的には切りたかったプロジェクトなんだろうなあ。はっきり言えば不良債権
     M-Vの6号機で2号機(ルナが載るはずだった機体)を流用してしまった時点で、こりゃ開発中止かなと思っていたら、意外に粘りましたね。ペネトレータだけは何としてでも、と言うことだったんでしょう。さもなければこのタイミングで中止する理由が思いつかない。

     由野台のコンテナの中で眠ってるルナちゃん、「さあ、宇宙に行っておいで」と起こされてみたら、載るはずだったM-Vも、持っていくはずの装備も、おまけにISASはJAXAに変わっていて、代わりに海のものとも山のものともつかぬロケットがそびえてるわけで、さぞかしびっくりすることでしょうね(笑
     2/8注記:「ISASはJAXAに変わっていて」の部分を、当初「ISASもなくなって」と書きましたが、ISASは略称もそのままで、現在はJAXA宇宙科学研究本部に改組されています。冨田様、ご指摘ありがとうございました。
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:2 | トラックバック:0 |
    <<祝! S-310-37号機打ち上げ成功! | 文系宇宙工学研究所 | Happy birthday, Korolyov>>
    この記事のコメント
    ISASもなくなってと書いてありますが、今でもISASです.東大宇宙航空研究所、文部省宇宙科学研究所、宇宙科学研究本部と変わりましたが、ISASのままです。しかし、かつて、(35年以上前)、ISASの名前は、一般的でなく、所内でも、知らない人がいたくらいです?その当時と比べると、はるかに知名度が向上したものだと思っています。
    2007-02-07 Wed 23:07 | URL | 冨田 秀穂 #-[ 内容変更]
    []
     ご指摘ありがとうございます。ISASの略称を用いたのは不用意でした。この記述については、誤りと採られても仕方ありません。お詫びの上訂正いたします。また、記事には誤解のないよう注意書きを付けます。

     言い訳になってしまいますが、ご指摘のような形でISASが存続しているのは、存じております。ペンシルの伝統を継ぐ組織として、今後も宇宙科学の発展に尽力されることを願っております。
    2007-02-08 Thu 01:30 | URL | 金木犀@管理人 #NrBA8kAs[ 内容変更]
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。