文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:コミックマーケット92於東京ビッグサイト 8月12日(土・2日目)東ペ-56a 

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
        紙版:自家通販     紙版:ショップ委託(通販あり)
         

         電子書籍配信          電子書籍配信
         

    H-II つくばで復元展示へ
     久々に宇宙ニュースの更新です。
    H2ロケット復元へ 宇宙開発“実物”でアピール(Sankei WEB)
     種子島にて長期保管中のH-II実機が筑波に移され、復元展示されるようです。パーツは全国各地から実物をかき集める予定。残念ながら予算の都合で上屋はなく、屋外展示だそうです。
    種子島にて保管中の機体
     写真は昨年12月に対面したときの、保管中の機体です。7号機と試験機があるのですが、今回移されるのは一番奥に見える、試験機の1段目です。

     やった! ついに引取り先が!
     種子島で対面したとき、機体のこの後について尋ねたら「ちゃんとした引取先に引き取って貰いたいですね」と返ってきたのが印象に残っています。
     このまま引き取り手がないと、新型機体の開発が始まった暁には処分されてしまうかも、との噂もあっただけに、一安心です。貴重な遺産が消え去ることにならなくてよかった。
     しかし、野ざらしは心配です。一回こっきりで使い捨てるものなのでそれほど頑丈に作っていない(折り曲げには極端に弱い)ですし、断熱材なんて、引っ掻けば崩れそうなシロモノです。 やっぱり補強するのかな。
     残るは7号機ですが、物好きなお金持ちが引き取って展示してくれないですかねえ。もちろん上屋付きで(笑

     ニュースに拘わる写真を少し公開。クリックで大きいサイズが見られます。
    断熱材
     これが断熱材です。発泡スチロールのような軽くてかさかさした、もろい素材です。とても屋外の環境変化に堪えられるものではないのですが、どうするんでしょうか。

    銘板
     銘板です。

    扉には・・・
     扉にはこんな張り紙が・・・。ちなみに半開きでした。


     一昨年から使っている、面白いソフトを紹介します。
    Orbitron(英語)
     Orbitronという、ポーランド製の衛星追跡ソフトです。もちろんフリー。ネットから軌道情報を自動的に落としてきて、随時更新してくれます。自分で編集すれば、好きな衛星の軌道情報だけ見ることも出来ます。スクリーンセーバーにも設定可能です。
    起動画面

     画面はこんな雰囲気。表示しているのは日本の衛星です。
     作者のページは英語ですが、日本語の解説ページもあります。
    Orbitronの使い方
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:2 | トラックバック:0 |
    <<Happy birthday, Korolyov | 文系宇宙工学研究所 | ロケットまつりに行ってきました>>
    この記事のコメント
    ついに復元展示とは!!

    いい情報ありがとうございます。

    キツツキに穴をあけられなければいいのですが。
    2007-01-08 Mon 10:35 | URL | PRA #-[ 内容変更]
    []
    キツツキは、フクロウの置物で対策ですよ。NASAもやっていますから、たぶん大丈夫なはず(笑

    復元が終わった暁には、見に行きたいですね。
    2007-01-10 Wed 03:07 | URL | 金木犀@管理人 #-[ 内容変更]
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析