文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:COMITIA120 5月6日(土) 於東京ビッグサイト

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
         自家通販        ショップ委託(通販あり)       電子書籍配信
             

    「はやぶさ2」構想応援中
     はやぶさ関連、最近色々ありますが、まずは分かりやすいところから。

    小惑星イトカワ、約2年ぶりに地上の望遠鏡での観測成功!(JAXA/ISAS)
    はやぶさプロジェクトサイト
     「はやぶさ」の無事な帰還を祈るばかりです。
     そしてその「はやぶさ」は、後継機(「はやぶさ-2」と仮称)開発の噂が流れて久しいのですが、この予算折衝がせっぱ詰まっているようです。

    「はやぶさ」の近況と「はやぶさ-2」にむけて(JAXA/ISAS はやぶさプロジェクトサイト)

     アメリカが猛烈な勢いで追い上げをかけているようです。予算は潤沢、「America is No.1」の精神で士気も高い、かなり強力なライバルです。
     長いですが、上記のサイトの後半部を引用します。

    ●はやぶさの成果もまた盗られてしまうのでしょうか。

    先手をとられたとは、打たれてはじめてわかるもの。すぐれた企画とは、先手をうつこと。

    はやぶさ-2 ができないと、せっかく日本が先手を打っていながら、先行される可能性。残念ながら、内示される来概算で通る可能性は高くないと言われている。なんとか、声をあげたいところ。応援もほしいです。

    ●アメリカの最近の動き

    OSIRISミッションの検討開始(Phase A)
    2011年打ち上げで、C型の小惑星1999RQ36へのサンプルリターンを行う構想です。
    2013年に小惑星到着で、地球帰還は2017年の予定です。
    「はやぶさ2」とほぼ同じことを目指すミッションです。
    「はやぶさ2」が2007年に開始できないと、OSIRIS が最終選抜された時点では、追いつけません。

    有人小惑星探査についての言及
    地球軌道に接近するタイプの小惑星に人類を送る構想が発表されました。
    人間が小惑星まで行くことは、無人探査機より多くの科学探査が行えるだけでなく、有人で火星やそれ以遠に行くための準備ともなるものです。

    ●アメリカとの関係

    日本がNASAのOSIRISに参加することは、日本が持つ有利性や独自性を放棄することを意味しており、日本にとって益がないばかりか、惑星探査において大きな損失につながるものです。
    逆に、日本が「はやぶさ2」を実施し、そこにNASAを参加させれば、日本の先進性を維持しながら、惑星探査分野における国益を維持することができます。

    アメリカが有人小惑星探査を提案してくると、サンプル採取については、無人探査機の比ではなくなりますが、事前の詳細な調査なしに有人探査が行えるとは思えないところです。人類が到達できそうな小惑星を日本が先行して探査をしておくことは、将来に有人小惑星探査が行われる場合においても、日本の優位性を確保しておくことにつながります。

    ●その他

    科学教育としての意義

    「はやぶさ」では、一般社会でも大きな関心を持たれ、教育やパブリック・アウトリーチなど様々な場でミッションやその成果の紹介が行われました。

    「はやぶさ2」で、これをさらに組織的に進めてることで、子供たちの科学への関心を高めたり、国民の科学的レベルを上げることにより積極的貢献できます。

    「はやぶさ2」によって得られた成果を世界に発信することで、日本という国の文化や教育レベルを世界に示すことができ、世界の科学教育でも指導的な立場に立つことができるようになるわけです。

    応援してください、「はやぶさ2」。「はやぶさ」の成果があぶない。


     一歩間違うと、せっかく盛り上がりかけた宇宙熱を消してしまうことにもなりかねません。引用文からは、ISAS関係者の悲鳴が聞こえてきます。

     もう黙っていられません。期限ギリギリではありますが、行動するなら今しかありません。
     では何が出来るか、と言うと、このプロジェクトに予算を付けること。
     予算と言えば、財務省。
    財務省 ご意見箱
     なんでも、100人ほど意見が集まると、それなりに存在感をアピールできるそうです。
     文面は、
    財務省のご意見箱に投稿する(松浦晋也のL/D)
    などが詳しいです。
     他にもあります。JAXAにメールすることは、内部で予算の使途について検討することにつながるでしょう。
     財務省以外の方法については、以下のページが詳しいです。
    「はやぶさ2」実現に向けて(松浦晋也のL/D)
    「やはぶさ2」とその応援方法について※「やはぶさ」は誤植ではありません。念のため。

     大きな科学的成果と宇宙開発の広告塔を同時に実現した「はやぶさ」を、このまま埋もれさせるのはあまりに大きな損失でしょう。
     いままで数々の外圧(そしてメンツという名の内圧)に翻弄されてきた日本の宇宙開発ですから、実現は大変困難なことでしょう。プロジェクトが始まる可能性は、五分五分よりもっと悪いと見ています。
     現状がこんなに悪いのですから、行動しなければ更にゼロに近づくだけ。「国民の税金を投入した」宇宙開発の強みを、「国民からの要望」という形で活かすときではないでしょうか。
     私ですか? 財務省とJAXAには投書しました。まだまだ送るべきところが残っているので、数日中にはかたをつけたいところです。

    イトカワに映る「はやぶさ」の影
     小惑星イトカワに、「はやぶさ」の影が落ちています。黒丸印の中で白く輝いているのは、88万人の夢の詰まった、ターゲットマーカ。「はやぶさ」は、間違いなく小惑星に行き、人類最初の足跡を記しました。
     こんな光景を、また見たいのです。

    12/4追記:大事なサイトをリンクし忘れていました。
    はやぶさまとめ
    12/5リライト
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:1 |
    <<ロケットのリストラ | 文系宇宙工学研究所 | 「セレーネ」キャンペーン ~月に願いを!~>>
    この記事のコメント
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    10 月末をとりあえずの区切りとしていたはやぶさ2応援メールですが,11 月以降もまだまだ有効とのことで,松浦さんが引き続き呼びかけておられます. 松浦晋也のL/D: はやぶさ2の現状とはやぶさ これから送ってみようかという方もおられるかも知れませんので,リンクはっ …
    2007-11-04 Sun 23:33 はやぶさまとめニュース
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析