文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:コミティア122 配置:K-56a 於東京ビッグサイト 11月23日(木・祝)
            :おもしろ同人誌バザール4 配置:57 於ベルサール神保町 10月28日(土)
            :コミックマーケット93 (当落待ち)

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
        紙版:自家通販     紙版:ショップ委託(通販あり)
         

         電子書籍配信          電子書籍配信
         

    清少納言の「白氏文集」
     読売オンラインのニュースより。

    宇宙でナイスショット!? 史上最長記録間違いなし

     【ワシントン=増満浩志】米航空宇宙局(NASA)は17日、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中のロシアの飛行士が22日夕(日本時間23日朝)、船外活動中にゴルフボールを宇宙空間へ打ち放つ計画を発表した。
     これは史上最長距離の打球となる見込みだ。
     ロシアがカナダのゴルフ用品メーカーから受注したコマーシャルの撮影で、ミハイル・チューリン飛行士が同社のクラブを片手で振って、特設の場所から1~3発のボールを打つ。
     ボールは、通常のゴルフボールと大きさは同じだが、重さは15分の1の約3グラム。NASAは、宇宙空間を漂い続けたボールが将来、ISSなどを傷つける恐れがないか検討してきたが、2~3日でISSの軌道から外れてしまうので問題ないと結論付けたという。
    (2006年11月18日13時34分 読売新聞)
     なるほど、周回軌道と同じ長さのショットならば、間違いなく最長でしょう。すぐに大気圏に突入するとしても、約42565km*周回数の長さになりますね。(地球は半径6378km、ISSは高度400kmの円軌道として概算)地上じゃ不可能な数字です。
     今日、卒論に使う専門書を買いました。「白氏文集」の研究書です。なので、それに関した話を、ちょっと。

     「白氏文集」(以下「文集」と称)は、中国・唐の時代の詩人、白居易(字は楽天)の詩文集です。今風に言えば「白居易全集」みたいなものですが、それが平安時代の初めに遣唐使船に乗って輸入されてきて、あっという間に京のミヤコの貴族たちに広まりました。
     白居易は晩年、ちょっと仏教にハマってしまった時期があるので、それが受け入れやすかったのと、変にしゃちほこばらず、ライトで読みやすい文章だったことが、当時の日本人の感性によっぽどマッチしたのでしょう。

     当時の知識人たちに「文集」が広く読まれていた証拠としては、「枕草子」がよく例に引かれます。(注:11/23記事を訂正。ご指摘に感謝します)

     ある冬の日、中宮・定子とそれに使える女房たちが雪の降り積もった庭を見ている。ふと定子が、
    「香炉峰の雪はいかにしてみるのかえ?」
    と問いかけた。女房連はまあ普通に答えるのだが、清少納言はついと進み出て、定子の前に垂らされた御簾をはね上げ、
    「こうして見るのでございます」
    と答え、たいそう褒められた。

     とまあ、こんなエピソード。
     この時の式部の行動は、「文集」16巻に収められている
    「香炉峰下新たに山居を卜し、草堂初めて成り、偶々(タマタマ)東壁に題す五首」
    という5つ組の詩のうち、4番目にある一節、
    「香炉峰雪撥簾看」(香炉峰の雪は簾(スダレ)を撥(カカ)げて看る)
    から出た行動です。彰子も周りの女房達も褒めたというので、これは共通理解があった証拠です。一般教養というレベルで、「文集」は浸透していたのです。
     他にも、紫式部と「源氏物語」が、「文集」をネタにしているのは有名な話。

     「香炉峰~」の詩は、幸いにしてその全文を知ることが出来ます。(後に掲載)
     しかし残念ながら、式部や他の平安人が読んだだろう「文集」がどんなものであったのか、その全貌を知ることは今では不可能になってしまいました。
    「そう言っても「白氏文集」全71巻、今でもちゃんと読めるではないか」
    そうおっしゃる向きもあるかもしれません。確かにそれはその通り、71巻の「文集」は現存しますし、図書館にでも行けばたぶん置いてあります。しかしその本文は、平安時代のものではないのです。

     唐の時代、重要な本のほとんどは、まだ写本でしか存在しませんでした。「文集」もこの例に漏れません。この時の作品の配列は白居易自身が決め、詩も文もごっちゃに混ざったものでした。
     時代は下って、宋代(正確には北宋)に、木版本が出来ました。この時は、どうやら白居易の書いたそのままの順番で翻刻したようです。(現物は未発見なのでこれは仮説)
     やがて宋は北半分の領土を奪われ、南に遷都します(南宋)。この時代になると、官吏登用試験の科挙が盛んになってきます。受験者は白氏文集を読むことも必須なのですが、分量が多い上に詩と文が入り交じっていたのでは、いかにも読みづらい。そこで、少しでも読みやすくしようと、前半は詩、後半は文、という順に並び替えてしまったのです。
     その後、中国では写本の配列を持つ「文集」は滅び、木版本にしても北宋時代のものは無くなってしまいました(南宋の時代のものは残っている)。
     日本には、前者は平安時代、後者は鎌倉~室町時代に伝えられました。
     紫式部が「文集」を読んだ時代、木版本はまだこの世に存在しない(王朝が宋になるのはまだ先のこと)ので、彼女が読んだのは当然ながら写本の系統を引く本文でした。
     けれど、中国から伝わったオリジナルは日本でも滅び、写本系の本文もまた、断片的にしか残っていません。
     辛うじてオリジナルの配列は分かっているのですが、本文は、半分ほどが闇の中。

     そんなわけで、平安知識人が読んだ「文集」はどんな文章だったのか、というのは充分研究する余地があるわけです。答えが出ない問題でもありますが・・・。

     本文が滅んだのに、どうやって「オリジナルに近い」ものが分かるのか、というと、他の作品に引用されている文章を探してくるのです。宋の木版ができる前に「文集」を引用した作品は、当然唐の本文を引用してくるしかないので、その時代に書かれた文章を集めて、引用箇所を探すわけです。

     こうして少しずつ積み重ねていけば、いつかオリジナルに近いモノができるのかなあ、と「白氏文集」の研究者は夢見ているのです。

    香炉峰下新卜山居草堂初成偶題東壁 五首(その4)
    (香炉峰下新たに山居を卜し、草堂初めて成り、偶々東壁に題す 五首 (その4))

      日高睡足猶慵起  日高く睡り足りて猶ほ起くるに慵(モノウ)し
      小閣重衾不怕寒  小閣に衾(フスマ)を重ねて寒を怕(オソ)れず
      遺愛寺鐘欹枕聴  遺愛寺の鐘は枕を欹(ソバダ)てて聴き
      香炉峰雪撥簾看  香炉峰の雪は簾(スダレ)を撥(カカ)げて看る
      匡盧便是逃名地  匡盧(キョウロ)は便(スナハ)ち是れ名を逃るるの地
      司馬仍為送老官  司馬は仍(スナハ)ち老を送るの官たり
      心泰身寧是帰処  心泰く身寧(ヤス)きは是れ帰する処(トコロ)
      故郷何独在長安  故郷何ぞ独り長安のみに在らんや

     現代語訳
    香炉峰の下に新たに小さな隠居所を造って、小さな家ができ、その東の壁に思いつくまま書き付けた五首 その4

     日は天高く昇り、もう十分に眠ったというのに、まだ起きるのがけだるい
     小さな家の中、布団を重ねて掛けているので寒さの心配はない
     遺愛寺から聞こえる鐘の音は枕を立てて(頭を少し高く持ち上げて)聴き
     香炉峰(に積もった)の雪は部屋のすだれを跳ね上げて見る
     ここ匡盧は世間の名声から逃れてくる土地であり
     司馬は老後を送るものに贈られる官職である(注:司馬はいわゆる「名誉ある閑職」である)
     心が安泰で我が身が落ち着くところこそ安住の地であり
     故郷はなんで長安だけになろうか

     その4、というからには1~5まであるのですが、それはそのうちに。

    別窓 | 未分類 | コメント:5 | トラックバック:0 |
    <<To go or not to go, this is a ploblem. | 文系宇宙工学研究所 | 読書の秋>>
    この記事のコメント
    []
    ISSの軌道から外れてもデブリには違いないのでは・・・と思ってしまいました(笑)
    2006-11-20 Mon 12:52 | URL | phoenix #-[ 内容変更]
    []
    はじめまして。mixiからきました。

    宇宙と古典文学、めちゃ共感できます(^^)
    僕はもっぱら星を見るほうで、宇宙工学には全然詳しくないのですが。

    ところで、香炉峰の雪の話は「紫式部日記」ではなく「枕草子」では?
    2006-11-23 Thu 11:20 | URL | So'1 #-[ 内容変更]
    >ところで、香炉峰の雪の話は「紫式部日記」ではなく「枕草子」では?

    見事に勘違いしていました。
    式部のエピソード=彼女の日記に書いてある! と思いこんでいました。
    汗顔赤面、お恥ずかしい限りです。
    早速訂正いたします。
    2006-11-23 Thu 11:30 | URL | 金木犀@管理人 #-[ 内容変更]
    []
    ちょっと気になって再訪しました。

    訂正部分、見ました。訂正ついでに、香炉峰のエピソードは「枕草子」では、清少納言と定子のエピソードとなっていますよ。

    つまらない揚げ足をとってしまい恐縮です。

    宇宙と古典の話、とても面白いですね。またちょくちょくお邪魔させてもらうかもしれません(^^)
    2006-11-23 Thu 12:32 | URL | So'1 #-[ 内容変更]
    そうだったんですか・・・思いこみは恐いです。
    訂正しました。

    古典、もっと勉強しなければいけませんね。
    2006-11-23 Thu 21:32 | URL | 金木犀@管理人 #SFo5/nok[ 内容変更]
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析