文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:コミティア122 配置:K-56a 於東京ビッグサイト 11月23日(木・祝)
            :おもしろ同人誌バザール4 配置:57 於ベルサール神保町 10月28日(土)
            :コミックマーケット93 (当落待ち)

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
        紙版:自家通販     紙版:ショップ委託(通販あり)
         

         電子書籍配信          電子書籍配信
         

    筑波に行ってきました
    ※今日の記事には写真を多用しています。環境によっては表示に時間がかかることがあります※
     筑波宇宙センターの一般公開に行ってきました。
     予想通り、来場者の1/3は子供でした。それに混じって、大きなお友達もちらほら。
     私としては、ALOS「だいち」の地上試験モデル(未確認。実物大)と「ひまわり」(旧型のほう)の地上試験モデル(同)、それに「きぼう」の実物模型(フライトモデルはすでにアメリカに渡っている)と、海底から引き上げられたH-II F8のエンジンが見られたので大変満足しています。
     会場の展示で、ETS-VIIIが12月に打ち上げられる予定だと知りました。
     行きたいけれど、たぶん無理だなあ。
     以下の写真は全て、クリックで大きいのが見られます。

    門

    だいち  ひまわり(旧型)
    左:「だいち」(ALOS)   右:「ひまわり」(GMS、旧型)

    「きぼう」船内部  「きぼう」曝露部
    左:「きぼう」船内実験室   右:同じく曝露部のパーツ群と思われる物体

    LE-7エンジンパーツ群   LE-7エンジンパーツ群
     H-II F8に取り付けられていたLE-7エンジンの残骸群。現物は生々しい。故障の原因となったインデューサーは、写真が展示されていました。ノズルの前の白いプラ板がそれです。

    きくはちぞう   きく8号ミッションバッジ

    左:ETS-VIII「きく8号」のイメージキャラクターの「きくはちぞう」くんです。なんと言うか、うん、何も言うまい。
    右:同ミッションバッジ。


     そうそう、8月に筑波送りになったセントリフュージは、ひっそりと屋外展示されていましたよ。
    セントリフュージ   セントリフュージの説明板
    左:外観。シミ一つ無く真っ白なのがよけいに悲しい。
    右:説明板。これが打ち上げ中止になった実機(フライトモデル)であることを説明しています。種子島のH-II 8号機と同じ運命ですね。


    J-1
     今日のおまけ写真。H-IIとH-IIAの間に肩身狭そうに居座っていた、あのロケットです。分かる人は分かってください。
     ツッコミはナシでお願いします。
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    <<少女は宇宙を目指す | 文系宇宙工学研究所 | からだボロボロ>>
    この記事のコメント
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析