文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:コミティア122 配置:K-56a 於東京ビッグサイト 11月23日(木・祝)
            :おもしろ同人誌バザール4 配置:57 於ベルサール神保町 10月28日(土)
            :コミックマーケット93 (当落待ち)

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
        紙版:自家通販     紙版:ショップ委託(通販あり)
         

         電子書籍配信          電子書籍配信
         

    金木犀の宇宙的雑文7 重力って何よ
     ちょっと大仰なタイトルですが、最近ちょっと必要があって、人工天体の軌道制御と軌道設計をかじってます。表面をさらりとなぞるだけのつもりだったのですが、それが難しい。探査機が飛んでいる間にも惑星は公転しているわけで、惑星間航行をやらせるためにはこれを理解しなきゃならないんですね。
     軌道設計のプロはすごいと思います。話に聞くところによると、太陽系を4次元展開(XYZ軸+時間経過)できる方もいるそうですが・・・。
     元来典型的な文系の私としては(数学は、数列のΣ記号で投げ出しました)、理論に出てくる数式を示されてもそれは呪文にしか見えないのです。そりゃ、具体的な数字を代入して計算することはできますが、その裏側の理論に至っては、1割くらいしか理解していないように思います。E=mc^2がいい例ですね。考えるのは好きなんですが、どうしても卑近な具体例を求めてしまいます。

     結論。理系はすごいと思います。とはいえ、理系の方にお話を聞いたら真逆のことを言われてしまいそうですが。
    別窓 | 「金木犀の宇宙的雑文」シリーズ | コメント:0 | トラックバック:1 |
    <<宇宙へのメッセージ、募集中 | 文系宇宙工学研究所 | アリアン飛翔>>
    この記事のコメント
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    ハインライン賞アジアでの窓口を、弊社営業部で担当していますので、紹介させていただきます。 このコンテストは、日本を含むアジア地域の30歳以下の学生や企業人から論文形式でビジネスプランを出してもらい、競うコンテストです。 ぜひ、個人でも構いませんが、研究室や学 …
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析