文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:COMITIA120 5月6日(土) 於東京ビッグサイト

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
         自家通販        ショップ委託(通販あり)       電子書籍配信
             

    ダイスを転がせ!
     最近2週に1回ほどのペースでTRPGをしています。
     TRPGという語になじみのない方もいると思いますので軽く説明。
     「テーブルトーク・ロール・プレイング・ゲーム」というのが正式名称で、要はドラクエやらFF、サガといったRPGを、ゲーム機なしでやろうというもの。一人が一人、ゲームの登場人物を演じて、シナリオをクリアしていくゲームです。必要なのはルールブックと紙とペンとサイコロ、それにプレイヤーが数名という、いたってお手軽に始められるゲームです。
     テーブルトークRPG(wikipedia)←詳しくはここで。

     まあそんなわけで、今日やったのは「クトゥルフの呼び声」というシステムです。
     琉球弧の絶海の孤島(not無人島)で奇妙な神話的事件に巻き込まれ、それを解決するというシナリオでした。
     私の役どころは若手の男性作家。CONが8、SIZが16という、とってももやしっ子なキャラクターです。それでも邪神様の出現と津波に耐え、なんとかエンディングまで生き延びました。
     他のシステムならいざ知らず、このシステムでは、戦闘は基本的には避けるものです。こっちは弱っちい人間、邪神様どころか眷属にすら勝てません。それどころか、姿を見ただけで気が狂ってアッチの世界に旅立ってしまいます。このバランスが意外と難しい。シナリオによっては、ぽんぽん自キャラが死んでいって、父母姉妹に兄弟祖父母、叔父叔母いとこ等々、一族みんな出した挙げ句すべて討ち死になどということもあるみたいです。
     今回は、情報収集と推理が基本だったので、「作家」と宣言して取った技能はわりと役立ちます。書庫で事件について調べものをする、なんていう技能は職業柄必須のハズでしょう。
     パーティープレイなので、器用貧乏よりも何かに特化した方が役に立つ、これは鉄則だとあらためて思った次第。

    まとまりそうもないので今日はこの辺で筆を置きます。ああ尻切れトンボ。
    別窓 | 雑文 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    <<噂のアイツがやってきた | 文系宇宙工学研究所 | 追悼 米澤嘉博氏>>
    この記事のコメント
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析