文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:コミティア122 配置:K-56a 於東京ビッグサイト 11月23日(木・祝)
            :おもしろ同人誌バザール4 配置:57 於ベルサール神保町 10月28日(土)
            :コミックマーケット93 (当落待ち)

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
        紙版:自家通販     紙版:ショップ委託(通販あり)
         

         電子書籍配信          電子書籍配信
         

    時代が変わるとき
    YMコラム
    宇宙作家クラブ ニュース掲示板

     宇宙研を内之浦に建設するに当たり、職員用の宿舎も作る計画があったそうである。しかし、途中から「宿舎は作らない、地元に泊らせてもらう」という方針が決定し、おかげで打ち上げの度に宇宙研職員が内之浦町の宿に大挙して押しかけ、場合によってははみ出て仕方ないから一般民家に泊めてもらう、などという事態になったらしい。
     なんという卓見だろう。この判断によって、内之浦宇宙センターはよそ者が来てなんかやっている施設ではなく、地元の人といっしょに研究開発を進める場になったのである。
     毎回同じスタッフが来て同じ宿に泊れば顔馴染みにもなるし、仕出しも食事も村任せなので放っておいても交流は生れる。何度も来ていれば、よそ者が訳のわからないことをしているのではなく、宇宙研の何々さんがこれこれこういう仕事をしていると地元の人も理解してくれるのである。
    (宇宙作家クラブ掲示板より)

     なるほど、日本式の宇宙開発はここにあったのか。
     こういったことをきちんと取材してくる笹本さん、松浦さん、情報を公開してくださってありがとうございます。本当に頭が下がります。

    性能計算書表紙
     SAC掲示板より転載させて頂きました。M-V最後の性能計算書の表紙です。
     そのM-Vに載っかっていった衛星のページは以下の通り。
    「ひので」ホームページ
    HIT-SAT Project(今回のサブペイロード、HIT-SAT運用室のページ)
     ともに運用は順調のようです。
     SSSAT関連の情報は、まだ見あたりません。そのうちJAXAの片隅にひっそり載るんだろうか。

     10/20(金)午後6時半より、新宿ロフトプラスワンにて「はやぶさは飛翔した」というイベントがあるそうです。私はもちろん行きます。
    ロフトプラスワンのスケジュール

     去年、近所でけっこう大きなキンモクセイの木を見つけました。もう咲く頃だろうと、先週から探しているのですが、どうも見つかりません。もう散ってしまったのか、まだなのか。
     P.N.にしてしまうくらい好きな花なので、今年も対面したいのではありますが。
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    <<金木犀の宇宙的雑文5 ある時代の終焉 | 文系宇宙工学研究所 | H-IIA 11号機初リリース>>
    この記事のコメント
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析