文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※Flash環境推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:コミックマーケット92於東京ビッグサイト 8月12日(土・2日目)東ペ-56a 

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
        紙版:自家通販     紙版:ショップ委託(通販あり)
         

         電子書籍配信          電子書籍配信
         

    イプシロン2号機/「あらせ」(ERG):久々に打ち上げを見た
     2014年12月3日、H-IIA F26/はやぶさ2が打ち上げられました。幸先の良さを感じさせる、青空にまっすぐ伸びる気持ちのいいロケット雲が印象的でした。

     それから丸2年、打ち上げに振られ続ける日々が続きました。
     2015年8月のH-IIB F5/「こうのとり」5号機は延期に泣き(この機会だからとフェリー「はいびすかす」に乗って帰るあたり、転んでもただでは起きないのです)、16年2月のH-IIA F30/「ひとみ」もまた、延期に泣きました。(帰りに初めて呉と江田島に行けました! やっぱりただでは起きません)あ、でも、F30は都庁の展望台から飛行中と第一周回後の残存燃料放出の姿を見ましたよ! その後ペイロードの「ひとみ」は残念なことになりましたが。

     3度目の正直なるか、と挑んだのが16年12月20日予定のイプシロン2号機/ERG(ジオスペース探査衛星)です。一発勝負で挑んだ見学でしたが、見事成功! 2年と2週間ぶりに打ち上げを眺めることができたのでした。
     固体ロケットの夜打ちを見るのは初めてのこと、いったいどのように撮ったものやら。
     設定に悩みながら現地に行ってみると、前日までの雨で地面がものすごく湿気ていて、そのせいで湿度が高い。望遠レンズ越しにロケットを見てみると水蒸気のせいでゆらぎ、もやけ、ピントが合わせづらいことこの上ありません。しかもレンズは数分で完全に結露してしまい、どうしようもありません。
     こんな条件での撮影は初めてです。事前に考えた設定は全く吹っ飛んでしまい、現状合わせで少しずつ設定を追い込んでいくことになりました。

    CIMG4489.jpg
    いつも成功の願掛けに買っている万カツサンド越しに射点を見る。「何やってんだ」と突っ込まれました。

    CIMG4518.jpg
    鮮やかな夕焼け。雲はありません。この時はまだ湿度との戦いになろうとは思ってもいませんでした。

      IMG_3786.jpg 
    打ち上げを待つイプシロン2号機。
    明るさが残るうちに何とかピントを追い込んでいく過程での1枚。

     IMG_3851のコピー

    発射! 10秒前までレンズの露を拭っていました。

    PC201486.jpg
    夜なので、長時間露光で軌跡を撮ろうと画策しましたが、夜露にやられて果たせず。
    リベンジしたいです。

    IMG_4002.jpg IMG_4014.jpg
    打ち上げ翌日、成功祝賀の横断幕。

    IMG_4111.jpg
    ランチャは予想より焦げていませんでした。煙道の効果でしょうか。

    IMG_4254.jpg
    ジオスペース探査衛星ERGの愛称は「あらせ」になりました。命名の由来となったのは肝付町を流れるこの川です。

     イプシロン2号機では、射点が見える唯一の見学場所である宮原台地に行くためには、二重の選別を経なければなりませんでした。ひとつめは前回同様の事前抽選に当選すること、二つ目は、5500円のバス代を払うこと。前回の道路混雑を受けて警察から指導が入ったと言うことで、指定場所に車を留めた上で街が手配した(近畿日本ツーリストに委託)シャトルバスに乗っていくことが必須でした。宮原台地以外は特に制限はなく、自家用車やレンタカーで行くことが出来ました。
     この5500円のバス代をどう見るか、です。
     私は宮原から写真を撮りたかったので支払いましたが、高額だと感じました。鹿屋から宮原まで往復するだけ、他は何にもありません。夜でしたから、せめてお弁当と飲み物くらいは欲しいところです。撮影者としては、打ち上げ後余裕をもって機材撤収をしたいところでしたが、これも叶わず。泡を食ってとりあえず詰め込んでバスに戻るという慌ただしいことになりました。
     先述の通り、宮原は射点が見える唯一の一般見学所です。ということは、しっかり撮影したいマニアはお金を払ってもここにやってきます。実際、そうでした。持ち込む機材も多いので、撤収にも時間がかかるわけですから、せめてあと15分出発までの余裕が欲しかったです……。

     いつもなら、射点を眺めながらネット中継を見て衛星分離まで見届ける、としているところです。さすがにこれは長いとしても、打ち上げ後30分は短すぎます。急かされていたので余韻に浸ることもあまりできませんでした。
     今回は平日の打ち上げだったこともあり、事前抽選とは言っていましたが予定数を下回り、3次募集まで行われていました。もう少し宣伝を上手くやっていれば、もっと人が集められたのではないかなあと思います(撮影者としては増えすぎると困ってしまうのですが、町としてはその分お金が落ちますからね)。
     というわけで、バス運用の趣旨には賛成なのですが、運用と告知には色々と改善点があるのではないかと思うのでした。
     夜打ちは美しかったぞ!

    CIMG4504.jpg CIMG4506.jpg
    今回の撮影機材。OLYMPUS E-P1+LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH./ POWER O.I.S.
    Canon EOS 50D+ZUIKO 300mm F4.5
    OLYMPUS OM-1+ZUIKO 28mm F2.8
     E-P1はたぶん今回限りで退役です……。

     打ち上げ見学記をここで書くのは何年ぶりでしょうか。久々すぎてちっとも文章のカンが戻ってきません。SS-520-4/TRICOM-1も見ているのですが、それはまたそのうちに。


    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    <<科学ライブショー「ユニバース」にお招き頂きました | 文系宇宙工学研究所 | 液酸/液水のC91新刊について>>
    この記事のコメント
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析