文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※IE・Sleipnir・Firefox推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:ニコニコ超会議2017 4月29・30日(土祝・日)於幕張メッセ
             COMITIA120 5月6日(土) 於東京ビッグサイト

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
         自家通販        ショップ委託(通販あり)       電子書籍配信
             

    「あかつき」ふたたび金星へ
     さあ、待ち焦がれた日がやってきます。金星探査機「あかつき」が、金星再投入に挑みます。5年越しの想いはきっと約束の星に届くと信じています。
     かつて書いた「今の私に思いつくのは、「あかつき」の打ち上げを見に行って同人誌にまとめ(そもそも打ち上げを見るのが好き、というところから宇宙趣味に入りました)、その後の情報を追いかけ、このブログで適宜流していくことです。」という約束を実現させるときは今です。

     かつて、初音ミクを金星にと言うプロジェクトがありました。
    匿名100名募集! ミク絵を金星探査機に貼りませんか? (SOMESAT)
    金星ミク特設署名ページ
     あなたのミクと想いを託した衛星が、うまくいけば明日の朝、金星に到着します。泣いても笑っても、コレが最後のチャンスです。

     2010年5月21日早朝、私は鹿児島県熊毛郡南種子町平山地先――種子島の南の海に面した道の脇に立って、カメラを構えていました。もちろん、H-IIA F17/あかつきの打上げを撮影するため。
     明け方の空に昇っていったロケットは、なかなかうまく撮影することができました。
    IMG_7726-2.jpg   IMG_7798-5.jpg
     その後さしたる情報もなく(つまり順調と言うことだった)、2010年12月7日の金星軌道投入(VOI-1)を迎えます。
     OME(軌道制御メインエンジン)の最長噴射でブレーキを掛け、金星周回軌道に入るはずだった――のですが、予定時間が過ぎても「あかつき」の電波が補足できませんでした。
     結果として、OMEの全損(ノズルが付け根からもげてしまった)という事故によって、軌道投入は失敗。即座に救援のための新軌道計画が策定され、6年後(後に再計算の結果5年と再設定)に再投入ということに決まったのでありました。
     この、通信途絶から復旧数日後までは、かつてこのブログで記事にしていたので、以下を参照して下さい。
    「あかつき」通信回復以降の流れ(随時追記)

     前回の投入失敗は12月7日。今回の再投入もまた、12月7日。
     ぴったり5年の月日を経て、「あかつき」はふたたび金星に戻ってきました。時間も前回とほぼ変わりません。
     この5年、「あかつき」スタッフは、自らが忘れ去られないよう、月例の「あかつき」トークライブ(相模原市立博物館)など広報にも取り組んできました。
     前回の軌道投入は、VOI-1と呼ばれていました。今回はVOI-R1です。"R"はRe~、Revengeなどを意識して付けたとのことです。再び軌道は巡ってきたのです。そしてこれは、砕けた足を引きずり、設計時の想定以上に太陽にあぶられてぼろぼろになってしまった「あかつき」にとって、恐らく最後の軌道投入のチャンスになります。
     さあ、行け! 「あかつき」よ水平線に勝利を刻め!  終着駅を目指せ!

     今回も応援用の方向幕を作ってみました。twitterヘッダに合わせたサイズですので、そのままお使いいただけます。
    twitterヘッダ_あかつき幕


    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    <<液酸/液水のC89対応について | 文系宇宙工学研究所 | はやぶさ2、いよいよ地球スイングバイ>>
    この記事のコメント
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析