文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※IE・Sleipnir・Firefox推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:東京とびもの学会2017 3月12日(日)於ハイライフプラザいたばし
             おもしろ同人誌バザール3 4月2日(日) 於JR大崎駅南改札前 大崎夢さん橋
             COMITIA120 5月6日(土) 於東京ビッグサイト

      自家通販            委託中(『ロケット紀行』他)通販あり
                 

    液酸/液水のC91新刊について
     最近すっかり同人告知用と化してしまっている当ブログですが、やっぱり今回も同人告知です。
     液酸/液水の1016年冬コミ、C91の新刊を入稿しました。

    『MABES 「じんだい」―日本初・相乗り衛星の軌跡―』予価1000円
    本文モノクロ44p/カラー口絵6p
    謎多き人工衛星「じんだい」、世界初の解説本
    「じんだい」本表紙   じんだい本1
    じんだい本2   じんだい本3

     ちょうど30年前、H-Iロケット1号機で打ち上げられた「じんだい」という人工衛星がありました。それまで衛星をやってこなかったNAL(航空宇宙技術研究所)が、新時代の姿勢制御法を切り開くべく、磁気軸受の宇宙実験を目的として製作したこの衛星は最終報告書が出ておらず、JAXAのホームページにも詳細がありません。講談社ブルーバックスの『完全図解・宇宙手帳』や、それの元となった『JAXAノート』のイラストも、不思議な線があったりして何だか怪しい。つまりは、「じんだい」の概要を知ることは困難を極めていました。ましてや、衛星の中身などどうしたものか。そう思っていました。

     2014年、私は、ひょんなことからこの衛星でプロジェクトマネージャを務められた、元JAXA(統合前のNAL)の中島厚教授の知遇を得ました。千載一遇の機会と「じんだい」の事について教えて欲しいとお願いしたところ、快く許していただけました。
     先生のお話は、初めて知ることだらけでした。しかもその時、地上テスト用の構体が現存しているとおっしゃったのです!
     先生は長野県の須坂市に私設博物館「宇宙と農業資料館」を開設されました。構体はそこに鎮座していました。初めて目にしたときの喜びは忘れることができません。失われたはずの情報が、現物が、そこにはありました。私たちの取材は、時折そこに行って先生の話を伺い、資料を縦覧して質問をする、ということになりました。
     爾来、取材に2年、執筆に半年、参考文献77本を読み込んで、満を持しての頒布開始となりました。

     謎多き衛星「じんだい」の中身が、実験概要が、開発目的が、打ち上げ30周年の年に、一次資料と関係者の証言をもとに明らかになりました。もう謎とは言わせません。

     液酸/液水が自信を持ってお届けする、世界初の「じんだい」解説本、どうかご覧下さい。

     C91お品書きはこちら(クリックで拡大)
    じんだい本告知


     年明けまで自家通販を停止します。また、『宇宙(そら)へ!第3版』紙書籍版は、手持ち分を売り切りました。以後COMIC ZIN様にてお求め下さい。

    別窓 | 同人 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析