文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※IE・Sleipnir・Firefox推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:ニコニコ超会議2017 4月29・30日(土祝・日)於幕張メッセ
             COMITIA120 5月6日(土) 於東京ビッグサイト

    イベント以外での本の購入は以下のバナーをクリック↓
         自家通販        ショップ委託(通販あり)       電子書籍配信
             

    再延期
    H-IIA F26/はやぶさ2は再延期です。12月3日以降の打ち上げとなりました。
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    打上げ日時再設定
    H-IIA F26/はやぶさ2打上げ日は12月1日に再設定。
    ふむ、そうきたか。


     以下、プレスリリース抜粋。

     本日、臨時天候判断会議の結果、H-IIA・F26の打上げを平成26年12月1日(月)、打上げ時刻13時22分43秒(日本標準時)に行うこととしましたので、お知らせいたします。

     なお、今後の天候状況等によっては、再延期の可能性もあります。

    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    H-IIAF26/はやぶさ2延期
     H-IIA F26/はやぶさ2は、天候不順のため、12月1日以降の打上げに延期されました。燃料注入前なので、順延可能。安全第一で、うまく行ってほしいものです。



    以下、発表文を転載します。

    H-IIAロケット26号機による小惑星探査機「はやぶさ2」(Hayabusa2)の打上げ延期について
    http://www.jaxa.jp/press/2014/11/20141128_h2af26_j.html

     三菱重工業株式会社および宇宙航空研究開発機構は、種子島宇宙センターからの小惑星探査機「はやぶさ2」(Hayabusa2)/H-IIAロケット26号機(H-IIA・F26)の打上げを平成26年11月30日(日)に予定しておりましたが、打上げ時間帯にかけて射場近辺に規定以上の氷結層を含む雲(別紙参照)の発生が予想されることから、打上げを12月1日(月)以降に延期いたします。

    今後、天候状況等を踏まえ、打上げ日について判断していきます。新たな打上げ日については、決定し次第お知らせいたします。


    (別紙)打上げ天候制約(氷結層を含む雲)について
    http://www.jaxa.jp/press/2014/11/20141128_h2af26_j.html#at


    発表日:平成26年11月28日 発表:三菱重工業株式会社 宇宙航空研究開発機構


     毎度おなじみ氷結層が延期の原因なので、大人の皆様、氷結買って飲み干してしまおうぜ!
    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    島へ、島へ、島へ!
     H-IIA F26/はやぶさ2を見送りに、種子島に行ってきます。
     1年半ぶりの打上げ見学、楽しみです。

     また、この冬コミからサークル「液酸/液水」の活動を再開します。
     ただいま。

    別窓 | 宇宙開発 | コメント:2 | トラックバック:0 |
    「はやぶさ2」宇宙研出発お見送り記
     2014年9月20日、小惑星探査機「はやぶさ2」が相模原の宇宙研を出発、種子島に輸送されました。
     その出発の様子を見学してきたのでご報告です。写真は全てクリックで大きいサイズが表示されます。(車のナンバー、および運送会社名はJAXAからの要請により隠しています)
     午前9時半、宇宙研の向かいの相模原市立博物館に到着。知り合いが何名かいたので、挨拶して位置に付きます。
     宇宙研には……やあ、いましたいました。

    blog_出荷1
     奥に見える、銀色のシートに覆われたコンテナに「はやぶさ2」が入っています。車輪付き台車に乗っており、移動のため轍となるところに鉄板を敷いて養生していました。コンテナに付いている象牙色のボックスはエアコン制御盤です。
     
    blog_出荷2
     10分ほどで手前に移動開始。人力です。

    blog_出荷3 blog_出荷4
     所定の位置についたらすぐに玉掛けして、少し吊り上げます。トレーラー到着に備え、門を全開。

    blog_出荷5 blog_出荷6
     「こないかなー」「まだかなー」

    blog_出荷8 blog_出荷9_5
    blog_出荷9 blog_出荷10
     トレーラーキター! 到着に合わせ、さらに高く吊り上げます。やってきたトレーラーはバックでその真下に入りました。

    blog_出荷17 blog_出荷12
     この頃になると、見送る人たちもずいぶん増えてきました。手作りの「いってらっしゃい」横断幕も登場。

    blog_出荷11 blog_出荷15
    blog_出荷13 blog_出荷16
    blog_出荷18 blog_出荷18_5
     静かに荷台に降ろし、固縛します。さすがに手際が良い。このトレーラー、「だいち2号」も運んだようです。今回の出発前には「はやぶさ2」のステッカーを渡しているのが見られました。固縛が終わると発電機の接続と整備、最後に緑色の遮水シートをかけ、梱包終了となります。
     このトレーラー、どうやら荷台部分にサスペンションがないようですので、クッションはおそらくコンテナ内のアクティブサスペンションでやっていると思われます。荷台の前と後ろ、二箇所に発電機を積んでいます(バックで入るときの写真に写っている、赤い箱状のものがそれ)が、一台はエアコン用、もう一台がアクティブサスペンション用ではないかと。

    blog_出荷14
     作業を見守るJAXAの関係者。けっこう好きな一枚です。

     固縛も終わりそろそろ出発。その前にJAXAオフィシャルの取材と記念撮影が入ります。

    blog_出荷19 blog_出荷20
     コンテナの前で大漁旗を広げて。この旗は、ファン有志が「サンプル大漁になるように」との願いを込めて贈ったもの。まさかここで目にするとは思わず感無量。そして万歳三唱(撮影用)。
     贈ったのは友人のともにゃんさん(@TOMO_NYAN)、こいけさん(@lk_ss)のお二人でした。
    出荷21
     「総員見送り配置に付け!」こちらだと大漁旗の図案がよく見えますね。

    blog_出荷21_5 blog_出荷23
     いよいよ出発です。まずは誘導車が出ます。

    blog_出荷22 blog_出荷24
    blog_出荷25 blog_出荷26
     続いてご本尊。トレーラーがゆっくりと動き出すと同時に万歳三唱。その後拍手する人あり、手を振る人あり。
     関係者と取材とファンの声援に送られて、いざ種子島へ。ときに2014年9月20日、午前11時30分。

    blog_出荷27
     最後に最後尾車が出ました。誘導車・トレーラー・最後尾車の三台ひと組で車列を組みます。

    blog_出荷28
     「はやぶさ2」、宇宙研正門前通過です。

    blog_出荷29
     いってらっしゃい、良い旅を!

    別窓 | 宇宙開発 | コメント:2 | トラックバック:0 |
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析