文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※IE・Sleipnir・Firefox推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:コミックマーケット91 2日目(12月30日・金曜)東7ホール h-25b

      自家通販、停止中です。       委託中(『ロケット紀行』他)通販あり
                 

    COMITIA X-3 合同出展&新刊発行のお知らせ
     1月が怒濤の勢いで流れ去っていき、2月こそ少し余裕があったらいいなと思っている金木犀です。

     さて、2/5開催のCOMITIA99 & X-3(ビッグサイト)にて、航空宇宙系サークルの合同出展をします。

    配置:X025
    出展名:東京とびもの学会COMITIA分科会(http://tokyo.tobimono.org/index-comitia.html

     参加サークル

    ・液酸/液水 金木犀(幹事)
     http://bookworms.blog12.fc2.com/
    ・Ad Astra しないつぐみ
     http://www.adastra.jp/ 
    ・TERTRE ROUGE 霧島
     http://www2.tokai.or.jp/kirishima/ 
    ・Macchina Rosso 両刃剣
    ・鳥システムズ(http://www.tori-s.com/) 
     & 東京とびもの学会(http://tokyo.tobimono.org/)(協賛) 鳥坂


     いつもの同人誌即売に加えて、写真展示、映像展示など、色々企んでおります。お祭りらしく、華やかな出展にしたいと思います。がんばるよ!
     また、本ブースにて3/11開催の「東京とびもの学会2011」の飛び込み最終受付も行うとのことです。
     どうぞお立ち寄り下さいませ。

     この出展に関しては、東京とびもの学会様の協賛を頂きました。ありがとうございます。

     また、「液酸/液水」は、このイベント合わせで新刊を出します。
    LAUNCH表1
    LAUNCH! 種子島&H-IIA/B打ち上げ写真集
    予価800円/A4/表紙込20p/オールフルカラー
    ・「見学旅行」をテーマに、種子島に渡って観光をして、打上げを見て帰るまでの旅程がわかるように構成しました。種子島に行くこと13回、総撮影枚数1万5000枚超の中から厳選した写真です。イベント後は通販も予定しています。

    以下、本文見本。
    LAUNCH表2-p1k LAUNCHp4-5k.jpg
    LAUNCHp10-11k.jpg

     よろしくお願いします!

    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    「はやぶさ」漬けの一日(3:止)
    前記事:
    「はやぶさ」漬けの一日(1)
    「はやぶさ」漬けの一日(2)
     今回のツアーは、東映「はやぶさ 遥かなる帰還」とJAXAのタイアップによるものです。


     続いて、はやぶさの持ち帰ったカプセルを開封し、試料を回収して分析を行うめの施設である総合研究棟(キュレーション棟)へ。ここのキュレーション設備に入れる人は、世界でも指折り数えられるくらいなのだそうです。分析が続くイトカワの微粒子、結果が出てくるのが楽しみでなりません。
    IMG_1395.jpg IMG_1386.jpg IMG_1403.jpg

     二階の渡り廊下をつたって、隣の研究・管理棟へ。旧川口部屋(現国中部屋)の扉を見て、ついに管制室と運用室です。
    IMG_1414.jpg

     ここは衛星ファンにとっては聖地。残念ながら管制室・運用室内の写真はありませんが……。
    IMG_1428.jpg
     この扉の向こうがプロジェクトチームの部屋と管制室・運用室のエリア。

    (以下、適宜クリックして拡大して下さい)
    IMG_1416.jpg IMG_1419_20120123213526.jpg IMG_1426.jpg
    左:「ひので」チーム部屋。ファーストライト時の「祝 初ひので」の垂れ幕入りくすだまが扉を飾る。
    中:「あかつき」部屋。金星再会合と投入、頑張って下さい。
    右:現役最長寿観測衛星(注)「あけぼの」部屋。貫禄。
    (注:厳密に言えば「あじさい」が最長老衛星ですが、観測・通信機能をもたないために除外しました)

     そしていよいよ……。
    IMG_1425.jpg IMG_1423.jpg
     廊下はあの日のままです。

     管制室では、GEOTAILの運用作業中でした。ガラス窓に貼られたヤマトのステッカーや、廊下の壁一面に貼られた手紙などは、未だ健在。運用室のホワイトボードは、はやぶさ帰還日の、2010年6月13日の内容がそのまま残っていました。このまま保管されるだろうとのこと。

    IMG_1442_20120123214933.jpg
     なかなか見られない、二階からの「はやぶさ」。

     夢心地のまま記者会見室に戻り、ツアー終了。
    IMG_1451_20120123214933.jpg
     帰り際に見た玄関には、「はやぶさ」映画ポスターがそろい踏みしていました。


    IMG_1454_20120123214932.jpg
     その足で、新宿ロフトプラスワンで行われる川口淳一先生のトークライブへ。こちらも濃い「はやぶさ」話でした。そして、同好の士と朝まで飲み明かして、「はやぶさ」漬けの一日は終わったのでした。

     最後に、このツアーを企画して下さった東映様に、深い感謝を捧げます。

    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    「はやぶさ」漬けの一日(2)
    前記事:「はやぶさ」漬けの一日(1)
    後記事:「はやぶさ」漬けの一日(3:止)
     今回のツアーは、東映「はやぶさ 遥かなる帰還」とJAXAのタイアップによるものです。


     さて、いよいよ普段は入れないエリアに突入です。
     まずは、特殊実験棟。
    IMG_1379.jpg

     この扉の向こうに、テスト中のイオンエンジンがあります。撮影許可が出たので、ここぞとばかりに撮ります。
    IMG_1240.jpg

     実験用チャンバの銘板。
    IMG_1247.jpg

     そしてこれが、「はやぶさ2」用に開発されている(勘違いでした!)将来計画のために開発中の新型イオンエンジン「μ-20」(ミュー20)です!
    IMG_1249.jpg IMG_1251.jpg
    「はやぶさ」の「μ-10」とはずいぶん見た目が違います。開発を担当している西山さんにお話を伺ってみました。

    ・グリッドはμ-10のものと同じで、エンジン直径が増えた分だけ面積が増えている
    ・エンジンの仕組みもμ-10と変わらないが、プラズマの出方や磁石の配置などは改良している
    ・◎型の配置の、外側と内側の間の隙間は永久磁石(ネオジム磁石)のある場所
    ・中央の黒く見える場所は、効率を考えてあえてプラズマを発生させていない
    ・エンジンは1万時間の試験を終えており、問題ないと思っている
    ・今はエンジン本体よりも、はやぶさ初号機でトラブルを起こした中和器の試験・開発に注力していくことにしている

     μ-20の入っている金属製大型チャンバの傍らには、中和器試験に使う、両腕で抱えられるサイズのガラス製真空チャンバが未開封で置かれていました。 

     最後に、あんまり写真がない、チャンバの裏側など。
    IMG_1257.jpg

     次に、飛翔体環境試験棟へ。ここでは開発中の衛星を見ることができましたが、撮影NGとのことだったので、外観写真でゴメンナサイ。
    IMG_1268.jpg IMG_1270.jpg

     ちなみに、中に入るときにはこんなスリッパを履きます。
    IMG_1273.jpg

     何があったかだけ書いていきます。

    ・水星探査機「ベピ・コロンボ」(MMO)
    ・小型科学衛星「SPRINT-A」バス部分
    ・月探査衛星「LUNAR-A」
    ・X線天文衛星「ASTRO-H」

     いずれも興味深いものでした。MMOは試験中らしいが、阪本先生いわく「午前中にはもっとちゃんとしてたんだけど、どんどんバラされちゃってますね」とのこと。
     SPRINT-Aのバスは、NECの小型衛星用標準バスを使っているのだけれど、ちゃんと見るのは初めて。とはいっても金色の冷蔵庫サイズの四角い箱にしか見えないんですが。
    参考リンク:標準衛星バスシステム NEXTAR
     LUNAR-Aはずいぶん前に解体予算が付いていたのでとっくになくなってしまったものだと思っていたら、部品取りが行われた跡も生々しく(ソーラーセイル実験機「IKAROS」に一部部品が転用されているのです)、ぽつんと置かれていました。以前、特別公開の時にコンテナに入っている状態で対面したのを思い出しました。ううん、こんな風に再会したくはなかったのだけれど。
     ASTRO-Hの望遠鏡は、色々と面白い仕掛けになっているようです。

     お次は最奥部の建物、構造機能試験棟へ。特別公開日には片付けられていたり前に物が置かれて隠れてしまっているものが見られるので、大喜びで撮影。一緒に行った友人いわく「素晴らしい笑顔だったよ」とのこと。写真でお楽しみ下さい。
     M-V関連。
    IMG_1278.jpg IMG_1281.jpg IMG_1291.jpg
    左:フェアリング 中:1段目の上半分と3段目モータケース 右:3段目ケースのアップ

    IMG_1331.jpg IMG_1362.jpg IMG_1324.jpg
    左:フェアリング分離機構 中:同機構部、普通は蓋がされています 右:一番外側にコルクが貼られているのがよく分かります。

    IMG_1350.jpg IMG_1353.jpg 
    左:燃焼試験に使った1段目ノズルの断面 右:みんな大好き伸展ノズル

     大型アンテナ展開試験用の治具。
    IMG_1301.jpg
    IMG_1300.jpg IMG_1302.jpg

     そのほか、色々。
    IMG_1282.jpg IMG_1284.jpg
    IMG_1297.jpg IMG_1298.jpg
    IMG_1311.jpg
    IMG_1314.jpg IMG_1369.jpg IMG_1320.jpg
     最後、一番右下は恐らく「きょっこう」の熱試験か構造試験モデル。なんでこんなとこに転がってるんでしょうか。

     次回は総合研究棟(キュレーション棟)からラストまでです。
    「はやぶさ」漬けの一日(3:止)

    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    「はやぶさ」漬けの一日(1)
    後記事:
    「はやぶさ」漬けの一日(2)
    「はやぶさ」漬けの一日(3:止)

     今回のツアーは、東映「はやぶさ 遥かなる帰還」とJAXAのタイアップによるものです。


     午後一番で、JAXA相模原キャンパス(宇宙科学研究所、略称ISAS)へ。「相模原」を冠しているものの、最寄り駅は淵野辺駅。駅からはてくてく歩く。およそ15分で正門に着きました。駅からバスを使う場合は青葉循環系統に乗って「博物館前」が近いです。「宇宙科学研究本部」バス停からはそこそこ歩くことになります。

    <宇宙研への行き方(徒歩)>
     駅の改札を出たら南口(左)の階段を降ります。降りたところ、バス停の向こう側にロータリーがあり、その向こうに一般道が走っています。まずはそれを左に曲がります。
     5分ほどあるくと、「共和三丁目」のT字路に突き当たりますが、右へ。
    IMG_1117.jpg IMG_1120.jpg

     3分ほど歩くと、「共和四丁目」の交差点があり、国道16号と交差します。直進。歩道橋が便利です。
    IMG_1121_20120118232436.jpg IMG_1123.jpg

     並木道が見えれば正解。直進します。
    IMG_1126.jpg

     3分ほど歩くと、右手に小学校(共和小学校)が見えます。宇宙研特別公開の日は、ペットボトルロケット打ち上げ会場になっています。「共和小前」という小さな交差点を越え、直進。もうすぐです。
    IMG_1130.jpg IMG_1132.jpg

     「共和小前」を越えると、左手に黒いフェンスが続きますが、その向こうはもう宇宙研です。すぐに正門に着きます。
    IMG_1133.jpg IMG_1134.jpg

     お疲れ様でした。駅からは15分かからない道のりです。途中にコンビニ・ドラッグストアもあります。
    IMG_1135.jpg IMG_1137.jpg

     守衛所で受付を済ませると、関係者用の赤い丸バッジが渡されました。今日は、東映の映画「はやぶさ 遙かなる帰還」とタイアップした、ブロガー向けキャンパスツアーなのです。
     集合時刻になると、記者会見室に案内されました。ここで、今日のガイドを務めるISASの阪本教授と細田さん、および主催の東映の方が自己紹介。プレスキットを貰って、トレーラーフィルムを見ます。
    IMG_1234.jpg IMG_1445.jpg
    IMG_1142.jpg IMG_1143_20120118234523.jpg IMG_0055.jpg

     「はやぶさ」の映画は、昨秋から今春にかけてFOX(公開済)・東映(2/11公開)・松竹(3月公開)の3社が上映します。その中で、東映は物語に重点を置いた作りをしているように感じました。トラブルが起こると、衛星運用に使っているパソコンの画面に大きくアラートが現れたりするなど、見ている人に解りやすい演出も施されています。CGで描かれた「はやぶさ」も迫力があります。これは劇場で見たいと思います。エキストラもさせてもらいましたし!

     ここで、この日のツアーコースを紹介します。
    記者会見室(ガイド紹介、トレーラー視聴)→1F展示室(ISASの歴史と「はやぶさ」機体の解説)→屋外ロケット展示(M-Vロケットの説明)→特殊実験棟(イオンエンジンμ-20見学)→飛翔体環境試験棟(衛星実機の見学)→構造機能試験棟(色々見学)→.総合研究棟(キュレーション棟)→研究・管理棟(旧川口部屋、管制室、運用室)→終了

     まずは展示室。1955年のペンシルロケットから始まる宇宙開発の歴史をざっとおさらい。ここに展示してあるペンシル実機(26号機)は宇宙研の所有ではなく、個人の方の寄託品とのこと。それでも、よくぞ残っていてくれたものだと感心してしまいます。実機はものすごい存在感がありました。
    IMG_1148.jpg IMG_1151.jpg 
    IMG_1153.jpg

    <参考 市川の現代産業科学館で展示されていたペンシル実機(当時のデッドストック品)>IMG_0030.jpg

     大気球などの紹介の後「はやぶさ」試験モデルの解説を受けます。この機体は、熱・構造試験という、宇宙環境を模擬した試験に使われた機体だということ。なるほど、表面のあちこちに温度計らしいコードが貼り付けられていたりするわけです。先日、千葉の現代産業科学館で見た、武豊町の実物大模型と比べるとずいぶん違う箇所があります。下面(ターゲットマーカがある面)の、ロケットのアダプタとの接合部などは、武豊モデルの方が再現度が高いです。イオンエンジンの中央部は赤く光りますが、実際はもっと紫がかった色とのこと。運転中の導波管の色が見えているので、赤っぽくなるのだそうです。
    IMG_1201.jpg IMG_1182.jpg
    IMG_1180.jpg IMG_1213.jpg
    IMG_1198.jpg IMG_1173.jpg
    IMG_1192.jpg IMG_1194.jpg
    IMG_1209.jpg IMG_1210.jpg 
    IMG_1207.jpg IMG_1202.jpg

    <比較用 武豊町「はやぶさ」実物大模型>
    IMG_0008.jpg IMG_0009.jpg
    IMG_0011.jpg IMG_0015.jpg
    IMG_0017.jpg IMG_0018.jpg
    IMG_0029.jpg IMG_0019_20120119003221.jpg
    IMG_0023.jpg IMG_0026.jpg
    IMG_0022.jpg

     続いて、屋外に展示してあるM-Vロケットの見学。ここに展示されている2段目の燃焼試験を能代で見ているので、感慨深い機体です。機体にはM-V-2と書かれていますが、これは計画中止になってしまった「LUNAR-A」用の機体で、結局打ち上げられなかった号機番号なのです。
    IMG_1228.jpg

     M-V-2の1段目・3段目は6号機に転用され、2段目は仕様変更のせいで打ち上げられず、2008年3月20日の地上燃焼試験で燃やされました。たまたま見に行っていたので、参考写真を以下に。
     現在展示されているのは、9号機の1段目と2号機の2段目を組み合わせたものだったはず。ちなみに1段目ノズルだけは実機ではなく、鉄板巻いて作った実物大模型です。
    <参考 能代での2段目地上燃焼試験の様子(2008年3月20日)>
    OR0803290010_20120119011457.jpg OR0803290036.jpg

     さて、ここから普段入れないエリアになりますが、それは次回に。
    「はやぶさ」漬けの一日(2)


    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    謹賀新年2012
     本日より始動です。
     昨年は色々あり過ぎた年でした。今年は良い年でありますように。

     では、本年も本ブログとサークル「液酸/液水」をよろしくお願い致します。

    別窓 | 雑文 | コメント:1 | トラックバック:0 |
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析