文系宇宙工学研究所へようこそ!



    宇宙ニュースが中心のブログです。同人サークル「液酸/液水」の告知ページでもあります。

    告知板  ※IE・Sleipnir・Firefox推奨。
      ようこそ文系宇宙工学研究所へ。
      管理人・金木犀の同人サークル「液酸/液水」の告知ページも兼ねています。

      ロケット打ち上げ見学の案内がメインのはず。種子島、内之浦のロケット&観光情報、最新の宇宙ニュースなどを紹介。
      打上げ見学記「ロケット紀行」シリーズ、打上げ見学と宇宙関係施設観光のためのガイドブック「宇宙へ!」などの同人誌を販売中。


     オススメ・お役立ち  
      ・種子島ロケット見学マップ(PDF版:2010年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)
      ・ロケット見学案内記第6版(PDF版:2011年現在)はこちら(リンク先画面のダウンロードをクリック)

    イベント参加予定:東京とびもの学会2017 3月12日(日)於ハイライフプラザいたばし
             おもしろ同人誌バザール3 4月2日(日) 於JR大崎駅南改札前 大崎夢さん橋
             COMITIA120 5月6日(土) 於東京ビッグサイト

      自家通販            委託中(『ロケット紀行』他)通販あり
                 

    「星ナビ」誌に紹介されました。
     近日発売の「月刊星ナビ」(アストロアーツ発行)のリレーコラム、「ネットよ今夜もありがとう」にて本ブログを取り上げて頂きました。紹介文は自分で書いたのですが、いざ活字になってみると、「これ、本当に私が書いたんだろうか?」なんて思ってしまいます。
     帰宅したら届いていて、思わぬ嬉しさです。本ブログの2009年を、良い形で終えることができます。
     リレーを下さったのはこちら。
    スペースサイト!(みずもとさん)
     本当にありがとうございました。

     早速「ロケット紀行vol.9」を自家通販ページに掲載しました。とはいえすぐに帰省しますので、発送は1月10日以降です。委託先のCOMIC ZINさんには会場から直送したので、取り扱い開始はそちらの方が早いかも知れません・・・。

    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    C77出展終了
     訪れて下さった皆様、ありがとうございました。かつてないほど順調で、びっくりでした。
     こえをもちまして、液酸/液水は、無事に2009年の活動を終えることができました。来年もこつこつ頑張って行きたいと思いますので、よろしくお願いします。
    C77

     金木犀的2009年10大宇宙ニュース(日本)
    1.H-IIB TF1/HTV 打ち上げ成功
    2.日本人初のISS長期滞在
    3.HTVミッション成功
    4.「かぐや」月に帰る
    5.H-IIA F15/きずな 打ち上げ成功
    6.「はやぶさ」の復活劇
    7.OICETS「きらり」停波・運用終了
    8.「あけぼの」20歳に
    9.「きぼう」完成
    10.GX廃止
    別窓 | 同人 | コメント:1 | トラックバック:0 |
    開戦
    2009年有明冬の陣、開戦。在庫豊富。
    別窓 | 同人 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    冬コミ頒布物のお知らせ
     気がつけば、コミケまで残すところわずかとなりました。
     頒布物が確定しましたので、お知らせします。新刊1種、既刊1種です。

    サークル名:液酸/液水
    配置日:2日目(12月30日(水))
    配置:西1ホール れ-05a

     なお、今回もイベント後にCOMIC ZINさんで委託します。私の都合により販売開始は年明けになるのではないかと思います。通販もあるので、「行けないよ!」という方はご利用下さい。ただし、vol.9とvol.8しかお願いしていないので、それ以外の本をお求めの場合は、自家通販をご利用下さい。

    新刊
    ロケット紀行vol.9 H-IIB TF1/HTV打上見学記
    vol9表紙
    \500/B5/本文32p
    見本はこちらから

    既刊
    ロケット紀行vol.8
    vol8表紙
    見本はここから(PDF:約1.4MB)
    ¥500/B5/本文32P/表紙フルカラー

     「金星ミク」記事について、多数のご意見ありがとうございます。いろいろな立場の方からコメントを頂くことができ、参考になります。願わくは、ミクもあかつきも、いい方向に向かいますように。
    「あかつき」メッセージキャンペーン(JAXA)
    金星探査機「あかつき」(JAXA)
    金星探査機「あかつき」プロジェクトページ(JAXA)

    金星探査機「あかつき」に初音ミク絵を搭載する署名プロジェクト(有志)
    匿名100名募集! ミク絵を金星探査機に貼りませんか? (有志)

    君も太陽系をヨットに乗って旅しよう!(JAXA):ソーラーセイル実験機に名前とメッセージを搭載
    別窓 | 同人 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    「金星ミク」について、個人的なまとめ
    「あかつき」メッセージキャンペーン(JAXA)
    金星探査機「あかつき」(JAXA)
    金星探査機「あかつき」プロジェクトページ(JAXA)

    金星探査機「あかつき」に初音ミク絵を搭載する署名プロジェクト(有志)
    匿名100名募集! ミク絵を金星探査機に貼りませんか? (有志)

     はじめに、「金星ミク」キャンペーン、10000署名達成おめでとうございます。

     この件に関して記事を書き連ねてきましたが、いろいろな意見をもらって、ようやくもやもやが晴れました。
     本題に入る前に、私の立場を書いておきます。
     私は、「金星ミク」キャンペーンに署名しています。その上で、少しだけ違和感を抱いたのです。

     前回の記事に対してのコメントやメッセージを見るに、完全な反対意見というのは少なく、「ミクを金星に!」という部分が一人歩きして、「あかつき」の存在が薄れがちなことを指摘するものでした。私もそう考えていて、今も変わりません。
     反対意見については、twitterなどで意見交換をして気づいたのですが、「初音ミク」というツールやそのコミュニティは、まだまだ一般には浸透していないことが大きいのではないかと。「あかつき」もいい勝負ですが。
     オタク的な例えになってしまいますが、お盆や年末のビッグサイトならともかく、その辺の電車の中でコスプレパーティを開いていたら、異様ですよね?

     10000人達成後、「金星ミク」責任者の超電磁P氏が、匿名100名募集! ミク絵を金星探査機に貼りませんか? サイトで以下のような声明を出しました。

    本企画ではくだくだしい説明を意図的に省略し,「ミク絵を宇宙に」というキャッチフレーズのみを発信して進めてきました.本件の意義や成果は,これに参加した皆様も参加されなかった皆様も,それぞれがご自由に考えていただければよいと思います.

     主催がこういう意図で動いていた以上、「あかつき」側から入った私とは方向が違ったということでしょう。また、同声明にある「行動を起こし,空想を現実に変える」という点には賛成です。
     「あかつき」のJAXA公式サイトやミッション紹介に関しては、ネットのあるこの世の中、気になったら調べることができます。そもそも「金星ミク」がネット上のキャンペーンだったので、そこにアクセスできる人は、興味があれば公式サイトにも行き着けます。補完できるわけです。
     「金星ミク」で注目しているのは、このスピードで10000人以上の署名を集めたパワー。これは私の知るかぎり初めてです。その点、すごいと思っています。私の行動力のなさを悔やみ、恥じています。

     いま私にできるのは、「あかつき」の打ち上げを種子島で見届けて同人誌にまとめ、その後をこのブログで発信し続けること。これが精一杯の応援です。もちろん、本家にもミクにもメッセージは託しました。

     最後に、「金星ミク」に応募したファンの皆様へ。
     キャンペーンは一段落ですが、「あかつき」の旅はまだ始まっていません。任務開始はおよそ1年後、金星に着いてからです。この探査機を飛ばすために、たくさんの人々が関わり、多くの年月と約150億円の予算(ロケット込みだと更に増加)が費やされています。JAXAはこの探査機に、一般人がメッセージを託す機会をくれました。そういったこと、忘れないで欲しいです。
     そして、できたら、「あかつき」だけでなく、このチャンスをくれたJAXAや、他の宇宙探査計画も応援してあげて下さい。限られた予算と人員の中で頑張っています。
     一個人が言うのはおこがましいのですが、探査機側から入った一人の宇宙ファンとしての切なる思いです。

     がんばれ、金星探査機「あかつき」。まずは打ち上げの成功を祈ります。
     願わくはミクも「あかつき」も、いい方向に向かいますように。

     別のキャンペーンの紹介です。こちらはソーラーセイル実験機「イカロス」および「ライトセイル1号」に名前とメッセージを載せます。応募期限は2010年3月14日、先着20万名は、帆の先端のアルミプレート(おもり。帆の展開を左右する重要な部品です)に名前が刻印されるそうです。
    君も太陽系をヨットに乗って旅しよう!(JAXA)

    別窓 | 宇宙開発 | コメント:12 | トラックバック:0 |
    「金星ミク」違和感の正体(少しつかめてきた)
    「あかつき」メッセージキャンペーン(JAXA)
    金星探査機「あかつき」に初音ミク絵を搭載する署名プロジェクト(有志)
    匿名100名募集! ミク絵を金星探査機に貼りませんか? (有志)

     「初音ミクを金星に!」というキャンペーンが進んでいることは既に書きましたが、私はここに違和感を感じています。その正体が、何となく分かりかけてきたので、つらつらと書いていきます。
     この記事は、次エントリ「金星ミク」について、個人的なまとめに続いています。

     少し、長くなりそうです。

     一番の違和感は、「ミク、それほど認知されてないじゃん」ということ。現状の「金星ミク」は、マニアの内輪の盛り上がりに見えます。「ミクで宇宙開発の認知度を上げて、盛り上げよう」といきまいている人たちがいるようですが、そのためには宇宙開発よりも知名度が低いと思われる、ミクの告知の方が先じゃないのかなあ。ミクにも宇宙開発にもコアなファンはいますが、裾野の広がりは宇宙の方が明らかに大きいでしょう。
    (追記:「あかつき」の知名度はそれほどでもないというご指摘がありました。同感です。ここでは宇宙趣味一般を想定して書いたのですが、少し言葉足らずだったので補足しました。決して「あかつき」をもって宇宙探査計画の代表だ、と言うつもりはありません)
     
     私の基本スタンスは「宇宙開発に興味を持つ人が、もっと増えたらいいな。そのためにはどうすればいいか考えて、やってみよう」です。今回は「「あかつき」メッセージキャンペーン始まったけど、ミクを乗せる奴がいるんだって? うわ、やっちまったか。でも面白そうだから署名してこようかな」といってメッセージを託しました。つまり、「あかつき」からミク、という流れです。
     数百名を境にして、この流れが、「ミク絵が惑星探査機に乗るんだって?」と、逆になったように思うのです。

     つまり、金星ミクキャンペーンは、現状、ミクありきということ。

     更に言うなら、乗るのは「あかつき」じゃなくてもいいし、載せるのはミクじゃなくてもいいのでは? と思ってしまうのです。ニコ動やボーカロイド好きの間ではミクよりも「あかつき」の知名度の方が低いので、しかるべくしてそうなったとも思えるのですが、いずれ、入り口としては相当ニッチなところでしょう。(余談。SOMESATプロジェクトの一端は武蔵野ロケットクラブで目にする機会があり、その技術は素晴らしいものだと思いました。私にはあそこまでのものは、まだ作れません)

     何より、署名ページの「あかつき」キャンペーン本体や「あかつき」公式ページそのものへのリンクの小ささが「金星ミク」の立ち位置を物語っている気がして、少し寂しいです。私がミクファンではなく(ツールとしては好きですが)宇宙ファンの視点から見ているせいでしょうが、もう少し「あかつき」本体も告知してくれよ~、と思うのです。これをきっかけに宇宙ファンを増やそうというなら、それをしなければダメでしょう? 次の探査機にはリン・レンなどを乗せるというならまた別の話になってきますが、それじゃああんまりだ。
     
     裾野にいる宇宙好き・宇宙開発をやっているのを知っている人たちに、いかに継続的な応援者なってもらうか。それを考えているのです。

     この記事は、次エントリ「金星ミク」について、個人的なまとめに続いています。

    別窓 | 宇宙開発 | コメント:26 | トラックバック:2 |
    金星探査機「あかつき」キャンペーン
    「あかつき」メッセージキャンペーン(JAXA)
     「のぞみ」以来、深宇宙探査機打ち上げ時の恒例ですね。応募しました。
     〆切は2010年1月10日です。(当初は2009/12/25頃でしたが、延びました)
     年末年始、時間もあることですから、親兄弟にご親戚一同、皆様揃って応募されてはいかがでしょうか。
     応募メッセージを書き初めにする、と言うのもなかなかオツかも知れません。

     このキャンペーンに賛同する形で、「初音ミク」というキャラクターを金星に送るキャンペーンも行われています。
    初音ミク(公式:クリプトン・フューチャー・メディア社)
    Wikipedia記事/初音ミク
     こちら、賛成しますがキャンペーンサイト等の紹介は保留。理由は下に書きます。
     
     こういったキャンペーンは、何もしなければ一過性のお祭りで終わってしまいます。
     今回の件で興味を持った人が、持続的な応援者となるにはどうしたらいいのか。宇宙開発の発展を望むなら、それを考えなければいけないように思うのです。その点、ミクキャンペーンは「あかつき」そのものより、「ミクが宇宙へ! 金星へ!」と、キャラクター性を前面に押し出したお祭りキャンペーンになっている気がしてならないのです。センセーショナルです。非常に分かりやすいので話題性抜群です。その点、いい広告塔かもしれません。
     ですが、私としては、では次回の惑星探査機が打ち上がります、となったときに、ミクキャンペーンに応募した方々の内、何割が情報をキャッチしてくれるのかというのが気になってしまうのです。(署名した皆様を悪く言っているわけではありません、念のため)
     これには、ミクキャンペーンが元々ニコニコ動画(技術部)の出身だということも多分にあるのでしょう。ニコ動はいわば、ネット上の大きなお祭り空間です。

     私もお祭り騒ぎは好きですから、署名しました。応援します。にもかかわらず紹介を保留したのは、以上のようなスタンスのズレを感じたからです。このブログと「液酸/液水」の活動方針にも深く関わるので、この辺の考えは、もう少し私の中で煮詰めたい部分です。(難しく考えるな、と言われそうですが)

    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    GXロケット、計画中止
     本日付の宇宙開発戦略本部事務局リリースにて、計画中止が妥当との判断。
    http://ow.ly/MzC2
     やっと中止です。いいことです。いや~、長かった! 個人的には、以下に引用する一文が痛快です。

    国内には十分な需要があるとは言い難く、加えて、米国企業などが主張する商業的な需要や米国政府需要の確保についても、価格面も含めた競争力に鑑みれば、十分な確実性を持って、受注できる見通しがあると判断することは困難である。

     要は国際競争できないし、受注も見込めないでしょ、ということ。他の箇所では、ロシアなどでは、より実績があり低価格のロケットがあり、米国ではより低価格のベンチャーが計画されているので、国際市場で充分な優位性を確保するのは難しい、と言っています。本質を突く話です。
     しかも、LNG推進系は

    LNG推進系に係る技術を完成させることは、これまでと異なる系統の推進系に係る技術を有することとなる。将来的には、これらの推進系に係る技術を用いることにより、バックアップ機能を含め、ロケットの選択の幅を広げていくことに役立つものである。

    ということで予算が付きそうです。完全に国産の技術を持っていると強いですから、これはぜひ完成させて欲しいです。

     あとは、次期固体ロケットの開発が正式に始まれば、ロケットファンとしては一安心です。

    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    いろいろオワタ\(^o^)/ので
     今年やらなければならないことの山を超えたので、自分へのねぎらい。見たかったアニメのまとめ見です。
     まずは、今更ですが京アニ版のKanon。
     あれ、こんなに面白かったっけ? ついつい次が見たくなって、気がつけば第4話まで一気見してました。

     ちなみに私は栞派。

    別窓 | 宇宙開発 | コメント:2 | トラックバック:0 |
    宙博(ソラハク)に行ってきました
     久々に当日書き。
     12/6まで東京国際フォーラムで行われていた、「宙博(ソラハク)」に行ってきました。
    IMG_4147.jpg

    IMG_41592.jpg
     人が一杯。11時半頃行ったのですが、入場までに30分ほどかかりました。中の混雑も凄かったので、写真は少なめです。

    IMG_4158.jpg
     今回一番衝撃を受けたフレーズ。

    IMG_4152.jpg
     唯一まともに撮れた展示。ルナローバ試作機の実演展示です。

     印象的だったのは、子供の多さ。理科離れが声高に叫ばれて久しいですが、まだまだ棄てたものではないでしょう。
    出展各機関とも、そこそこ力を入れていたように思います。解説や展示内容は、分かりやすく初心者向けの印象。家族連れを強く意識していたように感じます。
     時間の都合で講演はロボット探査関係のものしか聴けなかったのが残念です。にしても、最後に出た質問が、「先生、探査機の通信はなぜ切れやすいの?」だとは。小学校高学年ぐらいの子供からの質問でしたが、お主なかなかやるな。答えの方は、「ハイゲインモードだと方向がシビアだが、それをカバーするために複数の通信手段を搭載し、なるべく切れないようにしている。通信は生命線だ」とのことでした。

    IMG_4146.jpg
     行きに乗った電車。最近こんなのを多く見かけるようになりました。

    別窓 | 宇宙開発 | コメント:0 | トラックバック:0 |
    「ロケット紀行vol.9」入稿しました
     昨日、冬コミ新刊『ロケット紀行vol.9 H-IIB TF1/HTV打上見学記』を入稿完了しました。
    vol9表紙
    ロケット紀行vol.9 H-IIB TF1/HTV打上見学記
    \500/B5/本文32p
    見本はこちらから

    サークル名:液酸/液水
    配置日:2日目(12月30日(水))
    配置:西1ホール れ-05a

     「はやぶさ」お迎えツアーの自粛について、「はやぶさまとめ」さんがニュース内にて取り上げて下さっています。ありがとうございます。

     H-IIA F16打ち上げ成功おめでとうございます。今回は中継で見守りました。202型はシンプルで良いですね。

    別窓 | 同人 | コメント:2 | トラックバック:0 |
    臼田詣でに行ってきた
     週末を利用して、臼田宇宙空間観測所の見学、通称「臼田詣で」をしてきました。本当は「はやぶさ」がトラブルを起こした後すぐに行こうとしていたのですが、延びてしまいました。おかげで臼田の64mアンテナは改修工事に入ってしまい、運用している姿は見られなかったのでした。
     土曜昼、東京を出発。レール&レンタカー切符を利用し、長野新幹線の佐久平駅から臼田宇宙空間観測所をめざします。今回は後輩と二人連れ。カーナビをセットして出発したのはいいのですが、指示通りに進むとどんどん道が荒れていきます。しまいには「この先崩落のため通行止め」とな。ぎゃー!
     とりあえず戻って、別ルートを取ります。今度はなんとかたどり着けたのですが、残念ながら16時を回ってしまっていて、施設内には入れず。
     翌日、朝一番でリベンジ。


     こんな看板に従って林道を走ることおよそ20分、とある曲がり角を曲がった瞬間「奴」が現れます。
    IMG_1881.jpg  IMG_1895.jpg
     こういうものだと分かっていましたが、出現した瞬間吹き出してしまいました。ちなみに、見えてから辿り着くまで約5分。大きすぎてスケール感が狂います。
     改修のためか、今日は横を向いています。
    IMG_4082.jpg  IMG_4019.jpg
    IMG_4039.jpg  IMG_4042.jpg  IMG_4055.jpg

     アンテナを一回りしたら、展示室へ。
    IMG_4057.jpg  IMG_4059.jpg  IMG_4061.jpg

     外気温は5℃あるかないか。池には氷が張っていました。
    IMG_4044.jpg  IMG_4050.jpg
     噂通り改修期間中なので、今は「はやぶさ」との通信は行っていません。最後にアンテナの脇から空を見上げ、「はやぶさ」の無事を祈って観測所を後にしました。

     観測所から道を下ってくると、近くの山にロケット型をした怪しげな建物が見えました。調べてみると、臼田駅近くにある稲荷山公園の展望台らしいです。早速行ってみます。
    IMG_4085.jpg  IMG_4092.jpg

     更に、野辺山の国立天文台まで足を伸ばすことにしました。途中、冷たい霧雨が降り出しました。
     まずは、野辺山駅で写真を一枚。駅にはなにやら萌えっとしたポスターが。小海線を運行しているハイブリッドカーのイメージキャラクターらしいです。
    IMG_4096.jpg  IMG_4100.jpg

     寒さに震えながら、国立天文台野辺山の45mパラボラとご対面。これも相当な大きさのはずなんですが、臼田の64メートルを見てきた後だと小さく感じます。
    IMG_4101.jpg

    IMG_4139.jpg
     最後に、ここに寄ってから帰りました。新幹線の中で食べた駅弁はおいしかったです。

    別窓 | 宇宙開発 | コメント:4 | トラックバック:0 |
    | 文系宇宙工学研究所 |
    1. 無料アクセス解析